173件中 91 - 100件表示
  • 王子製紙

    王子製紙から見た鉄道駅

    モータリゼーションが発達する以前の大規模工場には、製品や原料などを輸送するために、周囲の鉄道駅から鉄道路線(専用線あるいは専用鉄道)を引き込むことが多かった。トラック輸送への転換などによる輸送方式の変更に伴い、1970年代後半から1990年代前半にかけて多くが廃止・撤去されたが、現在でも3工場で、コンテナによる製品発送などで使用されている。以下は現存する工場の一覧で、括弧内は路線が接続する路線名および駅名である。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た清算

    春日井工場建設中の1952年6月、「財閥商号使用禁止等の政令」の廃止を受けて苫小牧製紙から王子製紙工業株式会社に社名を変更した。「工業」を付したのは旧王子製紙が清算会社として存続していたためだが、1960年11月に清算事務を終結させたため同年12月、工業を外して王子製紙株式会社(2代目)に社名を変更した。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見たダム

    特に1918年に完成した千歳第三発電所の取水口である千歳第三ダムは、北海道で初めて建設されたコンクリートダムであり、日本のダムの歴史に特筆されるものであった。また、千歳第一堰堤は日本では唯一となる重力式バットレスダムという型式である。現在では上流の千歳第一・第二堰堤、下流の千歳第四ダムと共に、土木学会による土木学会選奨土木遺産に発電所と一緒に指定される貴重な土木文化財でもある。千歳第一から第五までの発電所群を総称して、一般的には「千歳発電所」と呼ぶ。この後、羊蹄山を水源とする尻別川にも「尻別第一・第二発電所」が建設された。さらに1928年には千歳川の支流である漁川に恵庭発電所(出力2,150キロワット)が完成し、王子製紙の主力工場である苫小牧工場の操業を支えた。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た千歳川

    王子製紙は、初代王子製紙時代の1910年に完成した苫小牧工場に電力を供給するため、石狩川水系と尻別川水系に多数の水力発電所を建設、工場操業の原動力とした。特に開発が進められたのが、支笏湖を水源とする千歳川であった。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見たコンテナ

    モータリゼーションが発達する以前の大規模工場には、製品や原料などを輸送するために、周囲の鉄道駅から鉄道路線(専用線あるいは専用鉄道)を引き込むことが多かった。トラック輸送への転換などによる輸送方式の変更に伴い、1970年代後半から1990年代前半にかけて多くが廃止・撤去されたが、現在でも3工場で、コンテナによる製品発送などで使用されている。以下は現存する工場の一覧で、括弧内は路線が接続する路線名および駅名である。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見たベトナム

    神崎製紙との合併により、同社が1986年アメリカ合衆国に設立したカンザキ・スペシャルティ・ペーパーズ (Kanzaki Specialty Papers) と、1990年ドイツに設立したカンザン・スペシャル・パピエール (Kanzan Spezialpapiere) の感熱紙メーカーが海外事業に加わった。情報用紙部門ではこれらの他、ノーカーボン紙生産で1996年タイに、感熱紙生産で2001年中国にそれぞれ進出した。タイの感熱紙事業はアジア進出第1号であったが、次いで段ボールの生産で1997年中国に、1999年ベトナムに進出した。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た王子製紙硬式野球部

    苫小牧工場にアジアリーグアイスホッケー所属の王子イーグルスがあり、春日井工場には社会人野球の「王子製紙硬式野球部」がある。2004年に硬式野球部は「都市対抗野球」で初優勝した。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た感熱紙

    神崎製紙との合併により、同社が1986年アメリカ合衆国に設立したカンザキ・スペシャルティ・ペーパーズ (Kanzaki Specialty Papers) と、1990年ドイツに設立したカンザン・スペシャル・パピエール (Kanzan Spezialpapiere) の感熱紙メーカーが海外事業に加わった。情報用紙部門ではこれらの他、ノーカーボン紙生産で1996年タイに、感熱紙生産で2001年中国にそれぞれ進出した。タイの感熱紙事業はアジア進出第1号であったが、次いで段ボールの生産で1997年中国に、1999年ベトナムに進出した。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た上質紙

    この1社1工場・(実質的に)単一品種生産という体制は経営の面から問題視され、会社設立当初から本州に第2の拠点建設が計画された。工場用地として選ばれたのは愛知県春日井市の陸軍造兵廠鳥居松製造所跡地で、1952年に春日井工場として操業を開始した。新工場では始め包装用紙、次いで上質紙などの印刷用紙の生産を開始する。1962年には塗工紙部門に参入した。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た土木学会

    特に1918年に完成した千歳第三発電所の取水口である千歳第三ダムは、北海道で初めて建設されたコンクリートダムであり、日本のダムの歴史に特筆されるものであった。また、千歳第一堰堤は日本では唯一となる重力式バットレスダムという型式である。現在では上流の千歳第一・第二堰堤、下流の千歳第四ダムと共に、土木学会による土木学会選奨土木遺産に発電所と一緒に指定される貴重な土木文化財でもある。千歳第一から第五までの発電所群を総称して、一般的には「千歳発電所」と呼ぶ。この後、羊蹄山を水源とする尻別川にも「尻別第一・第二発電所」が建設された。さらに1928年には千歳川の支流である漁川に恵庭発電所(出力2,150キロワット)が完成し、王子製紙の主力工場である苫小牧工場の操業を支えた。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

173件中 91 - 100件表示

「王子ホールディングス」のニューストピックワード