81件中 11 - 20件表示
  • 王子製紙

    王子製紙から見た支笏湖

    王子製紙は、初代王子製紙時代の1910年(明治43年)に完成した苫小牧工場に電力を供給するため、石狩川水系と尻別川水系に多数の水力発電所を建設、工場操業の原動力とした。特に開発が進められたのが、支笏湖を水源とする千歳川であった。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た水力発電

    王子製紙は、初代王子製紙時代の1910年(明治43年)に完成した苫小牧工場に電力を供給するため、石狩川水系と尻別川水系に多数の水力発電所を建設、工場操業の原動力とした。特に開発が進められたのが、支笏湖を水源とする千歳川であった。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た太平洋戦争

    初代王子製紙により1910年(明治43年)9月に操業を開始。同社にとって北海道進出の第一号であった。太平洋戦争後の占領下における財閥解体政策によって初代王子製紙は1949年(昭和24年)8月に解体、苫小牧工場は苫小牧製紙(後の3代目王子製紙、現・王子ホールディングス)が継承した。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た都市対抗野球大会

    苫小牧工場にアジアリーグアイスホッケー所属の王子イーグルスがあり、春日井工場には社会人野球の王子製紙硬式野球部がある。2004年(平成16年)に硬式野球部は都市対抗野球で初優勝した。なお、かつては苫小牧硬式野球部と米子硬式野球部も存在したが、春日井に統合されている。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た銀座

    本社所在地は東京都中央区銀座4丁目7-5で、王子ホールディングスの本社ビルである「王子ホールディングス本館」に入居する。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た冬季オリンピック

    苫小牧工場にはかつてスピードスケート部があり、下記の17人の冬季オリンピック代表選手を輩出した。1935年(昭和10年)に創部され2002年(平成14年)4月に廃部となった。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た阿南市

    所在地は徳島県阿南市豊益町吉田1。神崎工場(兵庫県尼崎市、現・王子イメージングメディア神崎工場)に続く神崎製紙の2番目の工場として1959年(昭和34年)8月に操業を開始。1993年(平成5年)10月合併により王子製紙の工場となった。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た江蘇省

    中華人民共和国江蘇省に工場を持つ江蘇王子製紙などを傘下に置く。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た2009年

    紙業タイムス社 『紙パルプ 企業・工場データブック』2010、テックタイムス、2009年(平成21年)王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た日本発送電

    だが建設に着手したばかりの1939年(昭和14年)、戦時体制強化の一環として電力国家統制策が取られ、電力管理法が施行されたことにより雨竜電力は北海水力電気とともに半官半民のトラスト(事実上国営)である日本発送電に強制的に吸収され、解散を余儀無くされた。雨竜発電所と雨竜第一・第二ダムは1944年(昭和19年)に完成したものの、何れも日本発送電に接収されている。これにより王子製紙は雨竜川の電源開発から手を引き、終戦後も携わることは無かった(事業は1951年(昭和26年)の日本発送電分割により北海道電力が継承している)。ただし千歳川の水力発電所群に関しては王子製紙が日本発送電に対し必死の折衝を行ったことで、例外的に接収を免れている。日本発送電の強制接収を免れたのは日本軽金属の水力発電所と王子製紙の千歳発電所のみであったと『王子製紙社史』には記されている。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

81件中 11 - 20件表示

「王子ホールディングス」のニューストピックワード