81件中 21 - 30件表示
  • 王子製紙

    王子製紙から見た三井合名会社

    発電所を含めた工場建設のための総工費は当時の額で約400万円という高額であり、王子製紙単独では拠出不可能であったことから、三井合名会社の資金援助を仰ぎ建設が始まった。まず1910年(明治43年)4月28日、支笏湖からの吐き口に「千歳第一堰堤(えんてい)」を設けて、そこから水路を通じて発電を行うこととした。これが「千歳第一発電所」であり、認可出力10,000キロワットは当時としては日本最大級の水力発電所であった。第一発電所はその後増設を1914年(大正3年)と1930年(昭和5年)、1969年(昭和44年)に実施し、現在では25,400キロワットを発電する。これ以降1916年(大正5年)から1941年(昭和16年)にかけて、千歳川に相次いで水力発電所が建設されるようになった。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た子会社

    王子製紙株式会社(おうじせいし、英文社名 OJI PAPER CO., LTD.)は、日本の大手製紙会社グループである王子グループに属する企業。持株会社の王子ホールディングスの傘下にある子会社の一つで、グループの新聞用紙および印刷・情報用紙部門を担当する。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た江蘇王子製紙

    中華人民共和国江蘇省に工場を持つ江蘇王子製紙などを傘下に置く。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た

    王子製紙株式会社(おうじせいし、英文社名 OJI PAPER CO., LTD.)は、日本の大手製紙会社グループである王子グループに属する企業。持株会社の王子ホールディングスの傘下にある子会社の一つで、グループの新聞用紙および印刷・情報用紙部門を担当する。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見たスピードスケート

    苫小牧工場にはかつてスピードスケート部があり、下記の17人の冬季オリンピック代表選手を輩出した。1935年(昭和10年)に創部され2002年(平成14年)4月に廃部となった。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た春日井市

    所在地は愛知県春日井市王子町1。苫小牧工場に続く王子製紙第2の拠点として1953年(昭和28年)6月に操業を開始した。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た製紙業

    王子製紙株式会社(おうじせいし、英文社名 OJI PAPER CO., LTD.)は、日本の大手製紙会社グループである王子グループに属する企業。持株会社の王子ホールディングスの傘下にある子会社の一つで、グループの新聞用紙および印刷・情報用紙部門を担当する。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た中華人民共和国

    中華人民共和国江蘇省に工場を持つ江蘇王子製紙などを傘下に置く。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た人造湖

    その後旧王子製紙は水力発電事業も手掛けることになり、1926年には送電事業で提携していた札幌水力電気株式会社を買収、同年末に「北海水力電気株式会社」を設立した。さらに1928年(昭和3年)には雨竜川の電力開発に着手したのを機に子会社として「雨竜電力株式会社」を設立。北海道帝国大学の演習林を購入して雨竜発電所の建設に着手した。現在でも人造湖の広さ日本一である朱鞠内湖を形成する「雨竜第一ダム」である。こうして王子製紙は工場操業の原動力である水力発電開発に本格的に参入し、物資輸送のための森林鉄道・軌道を各所に敷設した。かつて深川市と名寄市を結んだ深名線はその一つでもある。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た中央区 (東京都)

    本社所在地は東京都中央区銀座4丁目7-5で、王子ホールディングスの本社ビルである「王子ホールディングス本館」に入居する。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「王子ホールディングス」のニューストピックワード