329件中 11 - 20件表示
  • 永野椎菜

    永野椎菜から見た球磨郡球磨郡

    熊本県球磨郡出身。ES CONNEXION及びTWO-MIXのメンバー。ShiinaTactix-music所属。永野椎菜 フレッシュアイペディアより)

  • ルネサス セミコンダクタ パッケージ&テスト ソリューションズ

    ルネサス セミコンダクタ パッケージ&テスト ソリューションズから見た球磨郡球磨郡

    1981年4月 - 熊本県球磨郡錦町に熊本日本電気株式会社(NEC熊本)設立、熊本錦工場の操業を開始。ルネサス セミコンダクタ パッケージ&テスト ソリューションズ フレッシュアイペディアより)

  • 人吉インターチェンジ

    人吉インターチェンジから見た球磨郡球磨郡

    人吉インターチェンジ(ひとよしインターチェンジ)は、熊本県球磨郡山江村と人吉市にまたがる九州自動車道のインターチェンジである。人吉インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 川辺川ダム

    川辺川ダムから見た球磨郡球磨郡

    川辺川ダム(かわべがわダム)は熊本県球磨郡相良村、一級河川・球磨川水系川辺川に計画されているダムである。川辺川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 八代城

    八代城から見た球磨郡球磨郡

    古麓城(ふるふもとじょう)は、八代市古麓町の東側の山岳にあった南北朝時代から戦国時代にかけて築かれた城塞群で、南朝方の重要拠点であった。八代には一時、征西府、高田御所(こうだごしょ)が置かれ、その名残りとして懐良親御陵がある。中世で八代城といえばこの古麓城をさした。城塞は7つの山城であり、名和氏が築いた五城と、相良氏が築いた二城に分かれる。戦国大名相良義滋の居城であった鷹峯城も後者の一つ。貿易港徳淵津 (徳渕津)の発展もこの頃のことである。相良氏はその後島津氏に屈し、さらに島津氏は豊臣秀吉の九州征伐を受けた。その後に肥後国を領した佐々成政は、肥後国人一揆を引き起こした責により翌年改易・賜死となるが、球磨郡を除く肥後国は加藤清正と小西行長が半国ずつを領することになり、この時に古麓城は廃城となった。八代城 フレッシュアイペディアより)

  • 古麓城

    古麓城から見た球磨郡球磨郡

    戦国時代の初期、相良氏は球磨川の南の葦北方面に進出することはあっても八代を手に入れることはできず、庶流の上相良氏との内紛があって15世紀の前半にはやや退潮した。しかし同世紀の後半には、相良長続が多良木氏を滅ぼして球磨郡を初めて統一し、長禄3年(1460年)12月には今度は名和氏が内紛を起こし、家臣に殺害された義興の弟幸松丸(後の名和顕忠)は、家臣内河喜定に連れられて球磨郡の長続のもとに逃げ延び、その後援で古麓城に返り咲くということがあった。しかし顕忠は恩義に背いたことから、八代進出を目指す相良氏と名和氏との抗争が再燃する。古麓城 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本電気

    熊本電気から見た球磨郡球磨郡

    供給の拡大はその後も続き、1920年(大正9年)になると供給区域は球磨郡全域と天草郡の大部分を除いた、熊本県下の大部分、203市町村となった。供給区域の拡大に加えて電灯料金の大幅値下げ(10燭灯月額45銭、16燭灯月額55銭へ)もあって電灯数は増加を続け、1917年(大正6年)上期に10万灯、1920年上期に20万灯、1922年(大正11年)に30万灯というペースで伸びていった。電力供給も大戦景気を背景に好調で、新規の大口供給が相次いだ。1920年代に入ると戦後恐慌の影響で需要増加のペースは鈍るものの、東邦電力・球磨川電気・鯛生金山などの大口需要が出現している。1925年(大正14年)、天草郡のうち天草上島12村への供給を開始した。熊本電気 フレッシュアイペディアより)

  • 日向国

    日向国から見た球磨郡球磨郡

    明治5年(1872年) - 肥後国球磨郡小川村・越野尾村・銀鏡村・上揚村・八重村・中尾村・村所村・板谷村・竹原村・横野村・上米良村・寒川村・中之又村・尾八重村の所属郡が児湯郡に変更。日向国 フレッシュアイペディアより)

  • くま川鉄道湯前線

    くま川鉄道湯前線から見た球磨郡球磨郡

    湯前線(ゆのまえせん)は、熊本県人吉市の人吉温泉駅から熊本県球磨郡湯前町の湯前駅に至るくま川鉄道の鉄道路線である。くま川鉄道湯前線 フレッシュアイペディアより)

  • 山童

    山童から見た球磨郡球磨郡

    山童(やまわろ、やまわらわ)は、九州をはじめとする西日本に伝わる山に出る妖怪。河童(かっぱ)が山の中に入った存在であるとも言い伝えられている。熊本県芦北郡では、やまわろのほかにやまんもん、やまんと、やまんわっかし(山の若い衆)、やまんおじやん(山の伯父やん)など、また同県球磨郡では山ん太郎、やまんぼ(山ん坊)とも呼ばれる。山童 フレッシュアイペディアより)

329件中 11 - 20件表示

「球磨のできごと」のニューストピックワード