222件中 11 - 20件表示
  • 九州理化

    九州理化から見た球磨郡球磨郡

    株式会社九州理化(きゅうしゅうりか)は、熊本県球磨郡多良木町にかつて存在したアルミニウム合金ダイカスト製品製造を行う企業。株式会社東京理化工業所の子会社として、西日本地区へのダイカスト製品供給体制強化を目的に設立されたが、親会社に吸収合併され、工場は株式会社東京理化工業所熊本工場となっている。九州理化 フレッシュアイペディアより)

  • 松本車体製作所

    松本車体製作所から見た球磨郡球磨郡

    熊本県球磨郡山江村では、九州産業交通で1978年まで使用していたボンネットバスのうち1台(1964年式いすゞBXD30)を無償で譲り受けた。静態保存であったが、1992年に地域有志で動態復活へ動き出し、1993年には車検を通過、正式に登録番号を取得した。カラーリングは九州産業交通の旧塗色のまま。「マロン号」と名づけられ、九州内を中心に各地のイベントに参加している。2005年には産業考古学会推薦産業遺産に認定された。松本車体製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 深田村

    深田村から見た球磨郡球磨郡

    深田村 (熊本県) - 熊本県 球磨郡 深田村 (ふかだむら、現・あさぎり町)深田村 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の市町村合併

    2003年の市町村合併から見た球磨郡球磨郡

    熊本県球磨郡上村+免田町+岡原村+須恵村+深田村=球磨郡あさぎり町(新設)2003年の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 球磨村福祉バス

    球磨村福祉バスから見た球磨郡球磨郡

    球磨村福祉バス(くまむらふくしバス)は、熊本県球磨郡球磨村にて運行しているコミュニティバスである。球磨村福祉バス フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎県道・熊本県道142号上椎葉湯前線

    宮崎県道・熊本県道142号上椎葉湯前線から見た球磨郡球磨郡

    宮崎県道・熊本県道142号上椎葉湯前線(みやざきけんどう・くまもとけんどう142ごう かみしいばゆのまえせん)は、宮崎県東臼杵郡椎葉村上椎葉から椎葉村西部の各集落を経由して熊本県球磨郡湯前町に至る一般県道である。1959年(昭和34年)に宮崎県側が、1960年(昭和35年)4月に熊本県側が一般県道として指定された。熊本県水上村役場前から国道388号と重複する。宮崎県道・熊本県道142号上椎葉湯前線 フレッシュアイペディアより)

  • 村上啓介

    村上啓介から見た球磨郡球磨郡

    村上 啓介(むらかみ けいすけ、1955年7月3日 - )は、ロックバンドMULTI MAXのメンバー。担当はヴォーカル、コーラス、ギター。サウンドプロデューサーとして、MULTI MAXの全作品の編曲を担当。また、多くの歌手に楽曲提供をし、編曲やレコーディングにも参加。現在はライブを中心に精力的に活動している。熊本県球磨郡湯前町出身。村上啓介 フレッシュアイペディアより)

  • 相良三十三観音霊場

    相良三十三観音霊場から見た球磨郡球磨郡

    相良三十三観音霊場(さがらさんじゅうさんかんのんれいじょう)は、熊本県人吉市及び球磨郡内にある33ヶ所の観音霊場である。18世紀の終わり頃、観音菩薩の三十三の悲願にちなんで選定され、巡礼の地とされるようになった。但し、22番と24番の観音像が重複する為、正確には35ヶ所の札所が存在する。相良三十三観音霊場 フレッシュアイペディアより)

  • 相良為続

    相良為続から見た球磨郡球磨郡

    その後、菊池重朝が死去すると、その重臣・隈部朝夏が謀反に及ぶが、為続は約束に背き八代の番を尽く他へ出張させていた事から、重朝の後を継いだ能運と義絶することになってしまう。そして明応8年(1499年)に能運と戦って敗北し八代へ退くと、周辺豪族も為続から離反、肥前有馬氏らも軍船を出し八代城を攻撃してきた。為続は止む無く八代、豊福から撤兵、牛屎院も島津氏へ返還して球磨、葦北の防備に徹したが、翌年6月4日、54歳で死去した。法号は西華蓮船。墓地は球磨無量院。後を子の相良長毎が継いだ。相良為続 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県立人吉高等学校五木分校

    熊本県立人吉高等学校五木分校から見た球磨郡球磨郡

    熊本県立人吉高等学校五木分校(くまもとけんりつ ひとよしこうとうがっこう いつきぶんこう)は、熊本県球磨郡五木村にある熊本県立人吉高等学校の分校である。生徒の多数は五木村立五木中学校の出身者である。熊本県立人吉高等学校五木分校 フレッシュアイペディアより)

222件中 11 - 20件表示