329件中 61 - 70件表示
  • 熊本県道17号坂本人吉線

    熊本県道17号坂本人吉線から見た球磨郡球磨郡

    熊本県道17号坂本人吉線(くまもとけんどう17ごう さかもとひとよしせん)は、熊本県八代市坂本町荒瀬から、人吉市に至る主要地方道である。ほぼ全線で九州自動車道と併走するが、このうち八代市から球磨郡山江村の区間にまたがる、肥後峠の区間が不通区間となっているため、この道路を経由して八代市から人吉市へ向かうことはできない。現在は行き止まり手前も既に手入れがされていないため、倒木や落石が道路に散見する。熊本県道17号坂本人吉線 フレッシュアイペディアより)

  • 芋川

    芋川から見た球磨郡球磨郡

    芋川 (熊本県) - 熊本県球磨郡球磨村を流れる球磨川水系の一級河川。芋川 フレッシュアイペディアより)

  • 原田永之助

    原田永之助から見た球磨郡球磨郡

    1892年2月25日、熊本県天草郡(現・天草市御領)に生まれた。父親は裁判所書記であった。その後球磨郡多良木で、さらにその後天草市本渡で育つ。学校教育は熊本(県立中学濟々黌、第五高等学校)を経て1913年東京帝国大学医学部に入学。学生時に陸軍省依託学生となる。1917年卒業。最初は陸軍軍医その後内科を選び駒込病院などに勤務。結婚相手の父親が長崎の眼科開業医原満里であったので、東京大学眼科に転向した(1922年1月)。恩師は石原忍と河本重次郎である。その年の12月には上記疾患を東京の学会で発表している。原田永之助 フレッシュアイペディアより)

  • 四浦

    四浦から見た球磨郡球磨郡

    四浦村 (熊本県) - 熊本県球磨郡にあった村。現・相良村四浦。四浦 フレッシュアイペディアより)

  • 相良治頼

    相良治頼から見た球磨郡球磨郡

    治頼は成長すると16代当主相良義滋(長唯)に仕えた。治頼は天性器量に優れ、武技に通じ、天道兵法に詳しく芸能の嗜みも深かった。八代岡(八代市岡町)の地頭として功があり、民心も得ていた。それで球磨郡の重臣の中にもその人となりに心服し、謀反(下克上)を唆す者があった。治頼もついにその気になって決意するが、その企みは内通者によってすぐに露見した。義滋が治頼に切腹を命じるつもりであるという話が伝わると、治頼は観念して自害しようとしたが、犬童頼安(軍七)と宮原玄蕃がこれを止めて、人吉に逃れて同志を集めて一戦交えようと説得したので、これに従って球磨郡に向かった。相良治頼 フレッシュアイペディアより)

  • 鍋城

    鍋城から見た球磨郡球磨郡

    熊本県球磨郡多良木町黒肥地字鍋城の丘陵南端の標高222mに位置する。東西にそれぞれ小椎川と栖山川が流れ、南麓で合流している。南西側の登城口に大手下の字名が残る。丘上にはかつて長さ43m、底幅5.5mの堀切があり、南側が本丸と二の丸の2区画に分かれていた。鍋城 フレッシュアイペディアより)

  • 名和顕忠

    名和顕忠から見た球磨郡球磨郡

    顕忠が誕生した頃の名和氏は家中内紛の時期だった。18代義興が長禄3年(1459年)12月13日に弑逆されると、未だ幸松丸を名乗っていた顕忠は肥後国八代郡から退散し、球磨郡の相良氏の許へ、家老の内河式部少輔と共に一旦身を寄せる。この時相良氏は11代相良長続の時代だったが、この長続の援助によってようやく古麓城へ帰還し、寛正6年(1465年)に家督を継ぐ。この時顕忠は、その見返りとして同郡高田郷を相良氏へ割譲し、また相良為続の息女を室に迎えている。名和顕忠 フレッシュアイペディアより)

  • 人吉市立人吉西小学校

    人吉市立人吉西小学校から見た球磨郡球磨郡

    4月13日 - 球磨郡大村舟場に尋常舟場小学校として開校人吉市立人吉西小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 人吉市立人吉東小学校

    人吉市立人吉東小学校から見た球磨郡球磨郡

    1875年(明治8年) - 球磨郡大村舟場に舟場小学校として開校人吉市立人吉東小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 川村 (熊本県)

    川村 (熊本県)から見た球磨郡球磨郡

    川村(かわむら)は、熊本県球磨郡にあった村。川村 (熊本県) フレッシュアイペディアより)

329件中 61 - 70件表示

「球磨のできごと」のニューストピックワード