222件中 81 - 90件表示
  • 米良氏

    米良氏から見た球磨郡球磨郡

    肥後国球磨郡米良山(明治以後宮崎県に属する)の豪族。後に菊池氏末裔を名乗る。また一族の中には、日向国の須木や椎葉などに移り住み伊東氏に臣従していた庶家もある。江戸幕府より無高の交代寄合に任じられ4年に1度の参勤交代の義務を課された。明治維新の際に17代当主則忠が薩摩藩に呼応して討幕に参加したことが評価されて菊池への改姓が許されて後に18代当主武臣が男爵に叙せられた。米良氏 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊熊本地方協力本部

    自衛隊熊本地方協力本部から見た球磨郡球磨郡

    人吉地域事務所 担当地区:人吉市、球磨郡あさぎり町、球磨村、水上村、多良木町、相良村、錦町、湯前町、五木村、山江村自衛隊熊本地方協力本部 フレッシュアイペディアより)

  • 狗奴国

    狗奴国から見た球磨郡球磨郡

    邪馬台国の比定地について学界の主流は畿内説と北九州説に二分されているが、邪馬台国畿内説に立つ論者は狗奴国の位置を、愛知県一宮市の萩原遺跡群をはじめとして伊勢湾岸一帯からS字甕が大量に発掘されていることから、濃尾平野一帯に広がっていた邪馬台国に匹敵する大勢力国であったという説が有力視されている。他にも毛野国、出雲地方説等もある。北九州説に立つ論者は肥後国菊池郡、同国球磨郡等に比定している。内藤湖南のように畿内説でも熊襲に比定する論者もいる。狗奴国 フレッシュアイペディアより)

  • 須恵村

    須恵村から見た球磨郡球磨郡

    須恵村(すえむら)は、かつて熊本県球磨郡にあった村。須恵村 フレッシュアイペディアより)

  • 湯前町

    湯前町から見た球磨郡球磨郡

    湯前町(ゆのまえまち)は熊本県南部に位置する町で、球磨郡に属している。湯前町 フレッシュアイペディアより)

  • 山江村

    山江村から見た球磨郡球磨郡

    山江村(やまえむら)は、熊本県の南部にある村。球磨郡に属する。山江村 フレッシュアイペディアより)

  • 五木村

    五木村から見た球磨郡球磨郡

    五木村(いつきむら)は、熊本県の南部にある村で、球磨郡に属する。「五木の子守唄」の発祥の地である。五木村 フレッシュアイペディアより)

  • 本庄川

    本庄川から見た球磨郡球磨郡

    小林市と熊本県球磨郡多良木町県境の山麓の河ノ口谷上流を源にし、数々の谷川が流入し途中九瀬川が流入し氾濫原を形成した後、綾南ダムで小野湖に流入したあと多古羅川が流入しV字谷を形成し、綾町と国富町との境で綾北川と合流し複合扇状地を形成する。その後並行して互いに河岸段丘を形成する深年川と合流して大淀川に流入する大淀川最大の支川である。本庄川 フレッシュアイペディアより)

  • 綾北川

    綾北川から見た球磨郡球磨郡

    綾北川(あやきたがわ)は熊本県球磨郡多良木町、宮崎県小林市、東諸県郡綾町・国富町を流れ本庄川(綾北川)に注ぐ一級河川の第2次支流である。綾町一帯は綾南川と併せ1985年(昭和60年)綾川湧水群として名水百選のひとつに選定されている。また、上流及び綾南川合流点周辺は九州中央山地国定公園の区域にも指定されており、両河の間には水源の森百選 - 綾の照葉樹林「21世紀に残したい日本の自然百選」- 綾渓谷の照葉樹林、森林浴の森百選 - 九州中央山地国定公園綾地区にも選定されている。綾北川 フレッシュアイペディアより)

  • リュウキンカ

    リュウキンカから見た球磨郡球磨郡

    熊本県球磨郡あさぎり町では町花とされ、町の天然記念物に指定されている。日本においては本町が自生の南限と言われている。リュウキンカ フレッシュアイペディアより)

222件中 81 - 90件表示