162件中 21 - 30件表示
  • アイラ・ブラウン

    アイラ・ブラウンから見た琉球ゴールデンキングス琉球ゴールデンキングス

    アイラ・ブラウン(Ira Brown、1982年8月3日 - )は男子プロバスケットボール選手である。B.LEAGUE・琉球ゴールデンキングスに所属している。アメリカ合衆国テキサス州コンロー出身。身長193cm、体重105kgで、ポジションはフォワード。日本国籍。アイラ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 佐々宜央

    佐々宜央から見た琉球ゴールデンキングス琉球ゴールデンキングス

    佐々 宜央(さっさ のりお、1984年5月13日 - )は、日本のプロバスケットボール指導者である。現在は男子B.LEAGUEに所属する琉球ゴールデンキングスのヘッドコーチ。佐々宜央 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉ブロンコス

    埼玉ブロンコスから見た琉球ゴールデンキングス琉球ゴールデンキングス

    bjリーグ開幕時の6チームで、開幕当初から在籍している選手が一人もいなくなったのは埼玉ブロンコスが初めてである(大阪エヴェッサも開幕当初から在籍している日本人選手は一人もいない)。外国人選手も再び総入替を敢行し、元NBA選手のケニー・サターフィールドやナッシュHCの子息のボビー・ナッシュらを獲得。開幕後に元高松・琉球のジョージ・リーチも補強。埼玉ブロンコス フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロバスケットボールリーグ

    日本プロバスケットボールリーグから見た琉球ゴールデンキングス琉球ゴールデンキングス

    10月5日 - 沖縄の2007-08シーズンからの新規参入を発表。日本プロバスケットボールリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 伊佐勉

    伊佐勉から見た琉球ゴールデンキングス琉球ゴールデンキングス

    2007年にbjリーグ(当時)・琉球ゴールデンキングスのアシスタントコーチに就任する。2013-14シーズン伊佐勉 フレッシュアイペディアより)

  • 狩俣昌也

    狩俣昌也から見た琉球ゴールデンキングス琉球ゴールデンキングス

    2012年、bjリーグの千葉ジェッツと選手契約を結び、プロ選手となる。2013年には琉球ゴールデンキングスに移籍し、2013-14シーズンの優勝メンバーとなった。2014年に福島ファイヤーボンズに移籍し、2014-15シーズンのMIP賞に選ばれた。狩俣昌也 フレッシュアイペディアより)

  • 富山グラウジーズ

    富山グラウジーズから見た琉球ゴールデンキングス琉球ゴールデンキングス

    アトラスの撤退により、大幅な経費削減を余儀なくされたグラウジーズは、日本人選手中心のチーム編成でシーズンに臨んだが、競り負ける試合が多く、(コミッショナーの河内敏光は「接戦になると常に負けを意識してしまうから富山グラウジーズは接戦に負ける。」とコメントしている)結果、イースタンカンファレンス首位から22ゲーム差で最下位となり、仙台89ERS、新潟アルビレックスBBの同一カンファレンス上位チームには全敗、さらにはライジング福岡、琉球ゴールデンキングスといった新規参入チームにも全敗し、bjリーグ初年度の埼玉ブロンコスの勝率までも下回る屈辱的なシーズンとなった。それでも大阪エヴェッサ、東京アパッチにアウェーで勝利し、前年2位の高松ファイブアローズからも勝利を挙げた。富山グラウジーズ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛オレンジバイキングス

    愛媛オレンジバイキングスから見た琉球ゴールデンキングス琉球ゴールデンキングス

    シーズンは新規参入の琉球ゴールデンキングス、ライジング福岡に初勝利を献上するなど、苦戦を強いられる。大阪、高松が上位争いをしている間に、福岡とのプレイオフワイルドカード争いに巻き込まれる。大分は一時は大きく突き放すが、終盤に失速。福岡が3位でプレイオフワイルドカード争いの座を得た。福岡は高松にも勝ち、ファイナル4に進出した。シーズン終了後、2007-08シーズン終了まで契約を結んでいたヘッドコーチの桶谷大が成績不振と本人の希望により、解任が決定した。愛媛オレンジバイキングス フレッシュアイペディアより)

  • 古川孝敏

    古川孝敏から見た琉球ゴールデンキングス琉球ゴールデンキングス

    古川 孝敏(ふるかわ たかとし、1987年10月20日 - )は、兵庫県出身の男子バスケットボール選手である。ポジションはシューティングガード。身長190cm、体重90kg。琉球ゴールデンキングス所属。古川孝敏 フレッシュアイペディアより)

  • 富樫勇樹

    富樫勇樹から見た琉球ゴールデンキングス琉球ゴールデンキングス

    高校卒業後約10か月間実戦から遠ざかり、状態は万全ではなかったものの、最終的にアシスト数は1試合平均6.07を記録。規定に達しなかったためランキング入りはならなかったが、このシーズンのアシスト王である仙台89ERS・志村雄彦の6.25、そして2位の琉球ゴールデンキングス・並里成が記録した6.18に次ぐ数字であった富樫勇樹 フレッシュアイペディアより)

162件中 21 - 30件表示

「琉球ゴールデンキングス」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]