43件中 21 - 30件表示
  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た宮崎シャイニングサンズ

    桶谷の後任たる新ヘッドコーチに前宮崎シャイニングサンズHCの遠山向人が就任した。開幕からリーグタイ記録となる15連勝を記録するが、16連勝目を狙った福岡戦で敗れ、記録更新はならなかった。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見たレバンガ北海道

    吉田平などが退団したが、ドラフトでレラカムイ北海道の菅原洋介を指名し、ベテランの青木勇人を大分から獲得するなどの補強を行う。シーズン序盤は、前年王者の大阪からアウェイで連勝するなど開幕9連勝を記録、以後も快進撃を続け、ウエスタンカンファレンス1位でプレイオフに進出する。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た高松ファイブアローズ

    澤岻直人や友利健哉らが退団したが、大分から与那嶺翼を、高松ファイブアローズからジョージ・リーチを獲得するなどして開幕を迎えた。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見たライジング福岡

    プレイオフ・カンファレンスセミファイナルではライジング福岡を圧倒、カンファレンスファイナルでは大阪の4連覇を阻む。ファイナルは東京アパッチに89-82で勝利し、初優勝を決めた。このプレイオフでも活躍したジェフ・ニュートンはレギュラー・プレイオフ両方の最優秀選手に輝いた。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た富山グラウジーズ

    開幕カードの大分ヒートデビルズ戦の第2戦で1勝を挙げ、記念すべき初勝利を挙げる。次節の埼玉ブロンコス戦の第1戦も勝利し、早くも連勝するが、この後9連敗を喫し、1年目は10勝34敗とウエスタンカンファレンス5位(最下位)に沈んだ。それでも富山グラウジーズから全勝し、大阪エヴェッサ、新潟アルビレックスBBのホームゲームでも勝利するなど、アウェイでは5勝を挙げた。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た新潟アルビレックスBB

    開幕カードの大分ヒートデビルズ戦の第2戦で1勝を挙げ、記念すべき初勝利を挙げる。次節の埼玉ブロンコス戦の第1戦も勝利し、早くも連勝するが、この後9連敗を喫し、1年目は10勝34敗とウエスタンカンファレンス5位(最下位)に沈んだ。それでも富山グラウジーズから全勝し、大阪エヴェッサ、新潟アルビレックスBBのホームゲームでも勝利するなど、アウェイでは5勝を挙げた。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た野球

    沖縄はアメリカ文化の影響を強く受けた経緯から、バスケットボールが野球とともに盛んである。特に中学生のバスケ部入部率が高く、全国大会優勝回数も都道府県別で最も多い。また、沖縄出身の選手もトップレベルで数多く活躍している。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た埼玉ブロンコス

    開幕カードの大分ヒートデビルズ戦の第2戦で1勝を挙げ、記念すべき初勝利を挙げる。次節の埼玉ブロンコス戦の第1戦も勝利し、早くも連勝するが、この後9連敗を喫し、1年目は10勝34敗とウエスタンカンファレンス5位(最下位)に沈んだ。それでも富山グラウジーズから全勝し、大阪エヴェッサ、新潟アルビレックスBBのホームゲームでも勝利するなど、アウェイでは5勝を挙げた。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見たアーリーエントリー

    開幕戦を落としたものの、その後は9連勝を記録するなど順調に白星を重ね、序盤から中盤にかけては首位を守る。しかし、金城茂之、ジェフ・ニュートンなどが怪我で戦線離脱したため戦力が低下。これに対し、富山グラウジーズからケビン・スティンバージを、アーリーチャレンジで小淵雅を獲得して凌ごうとしたが、後半戦に猛追してきた大阪をかわす事が出来ず、ウエスタンカンファレンス2位でレギュラーシーズンを終える。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た那覇市民体育館

    メインアリーナは沖縄コンベンションセンターとしているが、2008-09シーズンでは那覇市民体育館での開催が圧倒的に多い。その他、宜野湾市立体育館、名護21世紀の森体育館などが使用される。ホームゲームのスコアボード、コートサイドのイス席は全てアメリカから輸入したものである。これはbjリーグのチームでは唯一で、日本国内でも唯一である。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「琉球ゴールデンキングス」のニューストピックワード