91件中 41 - 50件表示
  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た京都ハンナリーズ

    このシーズンも首位京都と1.0ゲーム差で、2シーズン連続のウエスタン2位となる。プレイオフでは、ファーストラウンドで7位の金沢、セミファイナルで6位の大阪を降し、2シーズンぶりの有明コロシアム進出が決定。カンファレンスファイナルはレギュラーシーズンでの対戦成績は1勝3敗だった京都に87-56で大勝、bjリーグラストゲームとなったファイナルでは富山に86-74で勝利し、bjリーグ全チーム最多となる4回目の優勝を達成した。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見たレバンガ北海道

    吉田平などが退団したが、ドラフトでレラカムイ北海道の菅原洋介を指名し、ベテランの青木勇人を大分から獲得するなどの補強を行う。シーズン序盤は、前年王者の大阪からアウェイで連勝するなど開幕9連勝を記録、以後も快進撃を続け、ウエスタンカンファレンス1位でプレイオフに進出する。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た琉球放送

    地元メディアによるホームゲームの放送も積極的である。2010-11シーズン途中の2011年2月12日以降、ラジオ沖縄にて「KINGS COURTSIDE LIVE(キングス・コートサイドライブ)」の番組名で、ホームゲームの生中継を開始。テレビ放送においては、沖縄テレビにて「Kings on TV」、琉球放送では「KINGS ON AIR」の番組名で、デーゲームでの生中継やハイライトを含めた録画放送を行っている。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見たラジオ沖縄

    地元メディアによるホームゲームの放送も積極的である。2010-11シーズン途中の2011年2月12日以降、ラジオ沖縄にて「KINGS COURTSIDE LIVE(キングス・コートサイドライブ)」の番組名で、ホームゲームの生中継を開始。テレビ放送においては、沖縄テレビにて「Kings on TV」、琉球放送では「KINGS ON AIR」の番組名で、デーゲームでの生中継やハイライトを含めた録画放送を行っている。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た香川ファイブアローズ

    澤岻直人や友利健哉らが退団したが、大分から与那嶺翼を、高松ファイブアローズからジョージ・リーチを獲得するなどして開幕を迎えた。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た沖縄ファミリーマート

    琉球ゴールデンキングスにおけるネームバリューを活かし、地元スポンサーとの積極的なコラボレーションも行っている。沖縄ファミリーマートとの協力のもと、様々なグッズの販売のみならず、キングスデザインの店舗も展開。那覇市おもろまち二丁目店、北谷町役場前店では、店舗の外装が選手仕様のデザインになっており、試合会場のBGMも流れている。2017年6月10日には、アメリカンビレッジにオフィシャルグッズショップ『キングスクローゼット』をオープン。ブースターも気軽にグッズを購入できる内装になっている。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た金沢武士団

    このシーズンも首位京都と1.0ゲーム差で、2シーズン連続のウエスタン2位となる。プレイオフでは、ファーストラウンドで7位の金沢、セミファイナルで6位の大阪を降し、2シーズンぶりの有明コロシアム進出が決定。カンファレンスファイナルはレギュラーシーズンでの対戦成績は1勝3敗だった京都に87-56で大勝、bjリーグラストゲームとなったファイナルでは富山に86-74で勝利し、bjリーグ全チーム最多となる4回目の優勝を達成した。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見たドーム (企業)

    2014年 - 現在:ドーム(アンダーアーマー)琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見た富山グラウジーズ

    開幕カードの大分ヒートデビルズ戦の第2戦で1勝を挙げ、記念すべき初勝利を挙げる。次節の埼玉ブロンコス戦の第1戦も勝利し、早くも連勝するが、この後9連敗を喫し、1年目は10勝34敗とウエスタンカンファレンス5位(最下位)に沈んだ。それでも富山グラウジーズから全勝し、大阪エヴェッサ、新潟アルビレックスBBのホームゲームでも勝利するなど、アウェイでは5勝を挙げた。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

  • 琉球ゴールデンキングス

    琉球ゴールデンキングスから見たアーリーエントリー

    開幕戦を落としたものの、その後は9連勝を記録するなど順調に白星を重ね、序盤から中盤にかけては首位を守る。しかし、金城茂之、ジェフ・ニュートンなどが怪我で戦線離脱したため戦力が低下。これに対し、富山グラウジーズからケビン・スティンバージを、アーリーチャレンジで小淵雅を獲得して凌ごうとしたが、後半戦に猛追してきた大阪をかわす事が出来ず、ウエスタンカンファレンス2位でレギュラーシーズンを終える。琉球ゴールデンキングス フレッシュアイペディアより)

91件中 41 - 50件表示

「琉球ゴールデンキングス」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]