琴春日桂吾 ニュース&Wiki etc.

琴春日 桂吾(ことかすが けいご、1977年8月25日 - )は福岡県春日市出身で佐渡ヶ嶽部屋に所属した大相撲力士。本名は山田桂吾(やまだ けいご)、愛称はケイゴ。身長183cm、体重147kg、血液型はB型、星座は乙女座、干支は巳年。得意手は左四つ、寄り、投げ。趣味はテレビゲーム。最高位は、東前頭7枚目(2010年11… (出典:Wikipedia)

「琴春日桂吾」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「琴春日桂吾」のつながり調べ

  • 琴櫻傑將

    琴櫻傑將から見た琴春日桂吾

    朝青龍問題に心を痛めていたことにも通じるが、生前の琴櫻が「力士たるものは、本場所であれ巡業であれ花相撲であれ、土俵上の務めを最後まで全うしなければならない」という考えを持ち、日頃から弟子たちにもそのように指導していたことが影響しているものと見られている。佐渡ヶ嶽は後々のこともあったため、琴櫻の危篤の知らせを受けて巡業を途中で切り上げたものの、琴欧洲・琴光喜・琴奨菊和弘・琴春日桂吾は「(先代)師匠の教えを守るように」との指示を受けために葬儀に参列できず、巡業が終わってから遺骨が納められた骨壷の前に手を合わせることとなった。(琴櫻傑將 フレッシュアイペディアより)

  • 若圭翔裕樹

    若圭翔裕樹から見た琴春日桂吾

    2011年7月場所7日目(2011年7月16日)に、西幕下12枚目の宇映と東幕下14枚目の若龍勢(放駒部屋)が対戦した取組で、宇映が若龍勢を土俵際まで寄ったもののそこでうっちゃりを食らって後頭部から土俵に叩きつけられ、宇映は脳震盪を起こして立てなくなってしまった。審判の協議は取り直しとなったが、宇映がその後の取組を行うのは不可能と判断され、宇映の不戦敗という扱いとなった。不戦敗は2005年5月場所において十両で五城楼が琴春日と春ノ山に2日連続で不戦敗して以来の記録となった。この取組で勝負審判長を務めていた湊川親方(元小結・大徹)は「西方力士(宇映)が怪我をして取組ができないため『痛み負け』とします」と観客に対して説明した。翌日以降この7月場所は休場し、本人の休場は初土俵以来初めてのこととなった。(若圭翔裕樹 フレッシュアイペディアより)

「琴春日桂吾」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「琴春日桂吾」のニューストピックワード