前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • 琴春日

    琴春日から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    琴春日 フレッシュアイペディアより)

  • 琴乃峰篤実

    琴乃峰篤実から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    2003年一月場所、幕下筆頭(東)で3勝3敗として7番相撲に十両復帰を懸ける。幕下の6戦全勝が出羽乃富士と内田の同部屋(出羽海部屋)2人となった為、自身と同じく十両昇進を懸けるこの場所がデビュー場所の日大から鳴り物入りでプロ入りした内田の7番相撲の対戦相手に選ばれた。内田に相手十分の左四つの体勢から土俵際に詰め寄られるも、逆転の左下手投げで内田を赤房下に横転させ、実現すれば大相撲史上初となる内田の「初土俵から1場所で十両昇進」の快挙を阻み、プロの意地を見せ付けた格好となった。因みに、この取組は「幕下で6戦全勝同士の割が組めなくなった為に、7番相撲に十両昇進を懸ける6戦全勝の力士が同じく十両昇進を懸ける筆頭で3勝3敗の力士と対戦した」史上初のケースだった。これ以降、2004年3月に琴欧州と共に6戦全勝とした琴春日(東8枚目)が大翔大、2006年1月に幕下唯一の6戦全勝とした出羽鳳(西8枚目)が北勝岩と同様の割を組まれているが、何れも全勝側が敗れて十両昇進を逃している。琴乃峰篤実 フレッシュアイペディアより)

  • 琴別府要平

    琴別府要平から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    所属していた佐渡ヶ嶽部屋からは、先輩の琴千歳(元東前頭5枚目、北海道千歳市出身、現若者頭)、同期の琴冠佑(元東十両7枚目、北海道新冠郡新冠町出身)、後輩の琴岩国(元東十両12枚目、山口県岩国市出身)、琴春日(元東前頭7枚目、福岡県春日市出身)、琴欧州(2006年11月場所より琴欧洲と改名、ブルガリア出身、現大関)のように出身地に因んだ四股名の関取も多く輩出している。琴別府もそれに該当するが、姓名の姓に当たる上の名に、半濁音を含んだ四股名で幕内に昇進した関取は大相撲史上、琴別府ただ一人である。琴別府要平 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦勝 (相撲)

    不戦勝 (相撲)から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    2005年(平成17年)5月場所7日目、十両の琴春日?五城楼(現濱風)戦。同体で物言いがつき、いったん五城楼に軍配が挙がったものの取り直しとなった。しかし五城楼は右膝を負傷してしまい、取り直しの相撲を辞退したため琴春日の不戦勝、五城楼の不戦敗となった(かつてこのようなケースは両力士に「痛み分け」の判定だった)。すでに翌8日目の春ノ山戦が組まれていたため、この日から休場となった五城楼は2日連続の不戦敗となった。同様な前例としては、1989年9月場所の前頭3枚目富士乃真(現陣幕)以来の珍事となった。不戦勝 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲野球賭博問題

    大相撲野球賭博問題から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    十両 春日王克昌、琴春日桂吾、霧の若太郎、将司昂親、旭南海丈一郎 大相撲野球賭博問題 フレッシュアイペディアより)

  • 痛み分け

    痛み分けから見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    なお、2005年(平成17年)5月場所7日目では、十両同士の五城楼対琴春日との取組で、琴春日の土俵際の突き落としに、五城楼は右膝を痛めてしまう。この一番に物言いが付いた後、取り直しの判定となった。だが、五城楼は膝の激痛に立ち上がる事が出来ず相撲が取れない状態で、審判委員達はそれぞれ取り直しについては五城楼の棄権と、琴春日の出場を確認した。結局この取組は琴春日の不戦勝、五城楼の不戦敗となった。さらに五城楼は、翌8日目の春ノ山戦も右膝の負傷が回復しないために不戦敗、2日連続での不戦敗という珍記録となった。痛み分け フレッシュアイペディアより)

  • 取り直し

    取り直しから見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    行司が軍配を挙げた後の物言いの協議において同体とみなされた場合、行司の判定如何にかかわらず、再試合となる。同体となった取組で負傷するなどし、両方の力士が続行不可能なときは痛み分け、一方の力士が続行不可能となったときは、同様に痛み分けか、他方の力士の不戦勝となる。近年では十両の取組で、2005年5月場所7日目、琴春日?五城楼で五城楼が負傷し、取り直し後琴春日の不戦勝となった。取り直し フレッシュアイペディアより)

  • HIRO

    HIRO (お笑い芸人)から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    昔から太っており、小さい頃から好き嫌いもなく出されたものは残さずに食べたという。また、両親が共働きで、一人で食事をする事が多く、食事の適量が解からなかった事が肥満の原因とも語っている。そのため、5歳で50kg、小学1年生で早くも100kgを超えた。和歌山市立西脇中学校時代には150kgを超え、中学校卒業には190kgを超え、大相撲の世界に入り込むこととなった。中学校卒業後すぐに大相撲の中村部屋に入門し、15歳の時に本名の広瀬という四股名で1993年3月場所に初土俵を踏んだ。入門同期には、同じ中村部屋で後に関取まで昇進した須磨ノ富士、プロレスリング・エルドラド所属のプロレスラー・大鷲透がいた。翌5月場所から四股名を廣瀬富士と改め、序ノ口時代は後の幕内・琴春日を破るなど新弟子時代の成績は決して悪いものではなかった。同年7月場所には四股名を和歌桜と改めたが、厳しい稽古で体調を崩すことが多く長時間裸でいると下痢しやすい体質に悩んでいたこともあり、同年9月場所限りに約半年で相撲界から去った。HIRO (お笑い芸人) フレッシュアイペディアより)

  • 送り吊り出し

    送り吊り出しから見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    決まり手制定以降、幕内では2度記録されており、2004年9月場所11日目で琴欧州が普天王に、2005年11月場所10日目で朝青龍が安馬に、それぞれ決めている。なお、十両でも1度記録されており、2007年11月場所6日目で将司が琴春日に決めている。送り吊り出し フレッシュアイペディアより)

  • 北勝力英樹

    北勝力英樹から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    小学校低学年からソフトボールを始め、高学年は野球部に所属していた。中学では野球部に所属する傍ら、父親の勧めで中学2年から柔道もしていた。それまで相撲の経験はなかったが、銭湯で九重部屋の関係者にスカウトされたことがきっかけで入門した。1993年3月場所、初土俵。同期には皇牙、旭南海、琴春日、琉鵬、若天狼、若兎馬らがいる。北勝力英樹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示

「琴春日桂吾」のニューストピックワード