1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示
  • 若圭翔裕樹

    若圭翔裕樹から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    2011年7月場所7日目(2011年7月16日)に、西幕下12枚目の宇映と東幕下14枚目の若龍勢(放駒部屋)が対戦した取組で、宇映が若龍勢を土俵際まで寄ったもののそこでうっちゃりを食らって後頭部から土俵に叩きつけられ、宇映は脳震盪を起こして立てなくなってしまった。審判の協議は取り直しとなったが、宇映がその後の取組を行うのは不可能と判断され、宇映の不戦敗という扱いとなった。不戦敗は2005年5月場所において十両で五城楼が琴春日と春ノ山に2日連続で不戦敗して以来の記録となった。この取組で勝負審判長を務めていた湊川親方(元小結・大徹)は「西方力士(宇映)が怪我をして取組ができないため『痛み負け』とします」と観客に対して説明した。翌日以降この7月場所は休場し、本人の休場は初土俵以来初めてのこととなった。若圭翔裕樹 フレッシュアイペディアより)

  • 物言い

    物言いから見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    2005年5月場所7日目、十両の琴春日?五城楼戦で、五城楼が同体取り直しの一番を取れず不戦敗になるハプニングが起きた。軍配は五城楼の突き落としに挙がったが物言い。琴春日の左肘と五城楼の右膝のつくのが同時で取り直しとなった。しかし五城楼は右膝を負傷し、相撲を取ることが出来ず不戦敗になった。一方の力士の負傷のために取り直しの相撲が取れずに不戦敗となったのは、1948年10月場所6日目の横綱前田山?小結力道山戦の前田山以来57年ぶりだった。全治2週間の診断が出た五城楼は、すでに8日目に組まれていた春ノ山戦も不戦敗。2日続けての不戦敗は1989年(平成元年)9月場所の前頭3枚目富士乃真、12日目小結太寿山、13日目前頭3枚目三杉里)以来の珍事となった。五城楼は9日目休場の後、10日目より再出場したが3連敗で13日目より再び休場、13日目は取組が決まるまでに休場届を提出し割返しが行われたため、1場所に3度目の不戦敗とはならなかった。物言い フレッシュアイペディアより)

  • 琴櫻傑將

    琴櫻傑將から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    朝青龍問題に心を痛めていたことにも通じるが、生前の琴櫻が「力士たるものは、本場所であれ巡業であれ花相撲であれ、土俵上の務めを最後まで全うしなければならない」という考えを持ち、日頃から弟子たちにもそのように指導していたことが影響しているものと見られている。佐渡ヶ嶽は後々のこともあったため、琴櫻の危篤の知らせを受けて巡業を途中で切り上げたものの、琴欧洲・琴光喜・琴奨菊和弘・琴春日桂吾は「(先代)師匠の教えを守るように」との指示を受けために葬儀に参列できず、巡業が終わってから遺骨が納められた骨壷の前に手を合わせることとなった。琴櫻傑將 フレッシュアイペディアより)

  • 五城楼勝洋

    五城楼勝洋から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    2005年5月場所7日目に行われた琴春日との取組で、五城楼が土俵際で突き落とされた際に右膝を痛めた。この一番に物言いが付き、協議の結果、五城楼の右膝が落ちるのと琴春日の左肘が付くのが同時とみて取り直しが宣告された。しかし五城楼は立ち上がれず、この一番で勝負審判長を務めていた押尾川親方(元大関・大麒麟)が五城楼の棄権の意思と琴春日の出場の意思を確認した上で、琴春日の不戦勝となった。膝を痛めた五城楼は、翌8日目も出場する予定として休場届をすぐに出さなかったために割が組まれたが、やはり痛みが引かず(後に靱帯断裂と判明)に出場せず、8日目における春ノ山戦も不戦敗扱いとなり、2日連続しての不戦敗となった。五城楼勝洋 フレッシュアイペディアより)

  • 琴ノ若晴將

    琴ノ若晴將から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    2010年3月場所より審判部の所属となり土俵下にその姿を見ることができたが、2010年7月場所直前に弟子の琴光喜が大相撲野球賭博問題により解雇処分となり、責任をとる形で同場所を謹慎処分となり、さらに9月場所前にこの問題の責任をとる形で委員から平年寄へと2階級降格処分となり、同時に審判部から巡業部へ異動となったため、審判委員を務めた時期は実質2場所のみである。さらに2011年4月には弟子の琴春日が大相撲八百長問題により引退勧告処分となり、責任を取る形で昇格停止3年の処分を受けた。琴ノ若晴將 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年

    1977年から見た琴春日桂吾琴春日桂吾

    8月25日 - 琴春日桂吾、大相撲力士1977年 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示

「琴春日桂吾」のニューストピックワード