前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • 森下正明

    森下正明から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    教育者としても大きな足跡を残しており、教諭を務めた京都府立鴨沂高等学校で生物研究会の顧問として指導にあたった。そのクラブ員には、日下部有信(大谷大学名誉教授)、辻英夫(京都大学名誉教授)、川那部浩哉(京都大学名誉教授、滋賀県立琵琶湖博物館名誉学芸員、前館長)などがいた。また九州大学と京都大学で育てた弟子の多くが、昭和末期から平成にかけて日本の動物生態学の指導的な地位につくことになる。森下正明 フレッシュアイペディアより)

  • 学校博物館

    学校博物館から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    また、滋賀県立琵琶湖博物館の収蔵品を学校の空き教室で活用したサテライト博物館が2007年(平成19年)10月22日、滋賀県湖北町(現・長浜市)の朝日小学校に開館した。(京都新聞10月22日Web配信より)学校博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖博物館

    琵琶湖博物館から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    琵琶湖博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 烏丸半島

    烏丸半島から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    UNEP国際環境技術センター、滋賀県立琵琶湖博物館、草津市立水生植物公園みずの森、風力発電機くさつ夢風車(くさつゆめふうしゃ)がある。湖岸はブラックバスやブルーギルの外来魚が多数生息しており、釣り場として多くの釣り人が来る。烏丸半島 フレッシュアイペディアより)

  • 東寺文書

    東寺文書から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    近世に東寺から流出し、滋賀県の御上神社社家であった大谷家に伝えられていた文書群107点(現在は滋賀県立琵琶湖博物館所蔵)も「東寺文書」と称され、平成21年(2009年)に重要文化財に指定されている。東寺文書 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪湖博物館

    諏訪湖博物館から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    滋賀県立琵琶湖博物館(当館と同じく湖をテーマとする博物館)諏訪湖博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 川那部浩哉

    川那部浩哉から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    川那部 浩哉(かわなべ ひろや、1932年5月10日 - )は、日本の生物学者。滋賀県立琵琶湖博物館前館長(名誉学芸員)、京都大学名誉教授。専門は群集生態学、動物社会学。理学博士(京都大学)(1960年)。京都市出身。川那部浩哉 フレッシュアイペディアより)

  • びわこぐま

    びわこぐまから見た琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    琵琶湖博物館内にあるおみやげショップ、おいでやの一角にびわこぐまコーナーが設置されておりTシャツやてぬぐいなどを販売している。びわこぐま フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県立中央博物館

    千葉県立中央博物館から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    こうした、初動体制から実績ある学界の主導的立場にある学者を権限ある館長職に迎えて統率をとらせ、先端部分で注目されている若手研究者を大量採用して実働部隊とする手法は、豊富な研究成果と活発な社会教育活動につながり、先進事例として1980年代末から1990年代前半にかけて日本の各県で建設された多くの大型県立博物館に踏襲された。こうした例は、兵庫県立人と自然の博物館と霊長類学の河合雅雄館長、滋賀県立琵琶湖博物館と動物生態学の川那部浩哉館長の組み合わせに、その典型例を見ることができる。千葉県立中央博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 古代湖

    古代湖から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    特集[Ancient Lakes]古代湖・生物・人(滋賀県立琵琶湖博物館古代湖 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示

「琵琶湖博物館」のニューストピックワード

  • A MAN of ULTRA(ア・マン・オブ・ウルトラ)

  • 劇場版 ウルトラマンオーブ

  • 劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!