25件中 11 - 20件表示
  • 滋賀県立琵琶湖文化館

    滋賀県立琵琶湖文化館から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    その後、近現代の日本画・洋画のコレクションは滋賀県立近代美術館に、考古資料は滋賀県立安土城考古博物館に、淡水水族館は滋賀県立琵琶湖博物館に移され、「近江の歴史と文化」にテーマを絞って郷土の文化を紹介する施設となった。滋賀県立琵琶湖文化館 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉稔 (政治家)

    稲葉稔 (政治家)から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    知事に在任中は文化行政に力を入れ、滋賀県立大学、滋賀県立琵琶湖博物館、びわ湖ホールという文化面の3大プロジェクトを実現させ、立命館大学のびわこ・くさつキャンパスも誘致した。びわこ空港や新幹線新駅(南びわ湖駅)の誘致など交通政策も推進した。また、25年間続いた琵琶湖総合開発が在任中に終了している。稲葉稔 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 嘉田由紀子

    嘉田由紀子から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    環境社会学者、文化人類学者である。1973年京都大学農学部を卒業、1981年京都大学大学院農学研究科博士課程を修了し、京都大学より農学博士(論文名『琵琶湖の水問題をめぐる生活環境史的研究』)を授与される。元滋賀県立琵琶湖博物館研究顧問、京都精華大学人文学部教授を歴任し、2006年7月2日の滋賀県知事選に当選して全国で5人目の女性知事となる。元夫は元京都大学農学部教授の嘉田良平(農業経済学、専門は環境保全型農業)である。嘉田由紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 動物命名法国際審議会

    動物命名法国際審議会から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    マーク・J・グライガー (Mark J. Grygier)1 :滋賀県立琵琶湖博物館研究員。甲殻類(主に寄生性のもの)、吸口虫類研究者。動物命名法国際審議会 フレッシュアイペディアより)

  • 篠原徹

    篠原徹から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    篠原 徹(しのはら とおる、1945年 - )は、日本の民俗学者。国立歴史民俗博物館・総合研究大学院大学名誉教授、滋賀県立琵琶湖博物館館長、人間文化研究機構理事。 篠原徹 フレッシュアイペディアより)

  • 松井三四郎

    松井三四郎から見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    最後に丸小船を造ってから40年以上過ぎていた1995年、丸小船保存会からの依頼で、丸子船の修復を手掛けることとなった。復元は息子と3年をかけて行われた。この丸小船は現在、滋賀県立琵琶湖博物館の、「B展示室・人と琵琶湖の歴史」の中央に展示されている。松井三四郎 フレッシュアイペディアより)

  • ゼニタナゴ

    ゼニタナゴから見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    霞ヶ浦では、1990年代初頭を最後にまとまって本種を確認することができなくなった。特に2000年以降、本種の正式な確認例は流入河川を含めまったくなく、すでに野生絶滅した可能性が高いとみられる。地域個体群保存のため、2007年、琵琶湖博物館において系統保存されていた霞ヶ浦産の個体群のうち50個体が里帰りし、将来は再び自然繁殖できるよう関係機関や閉鎖ビオトープなどで繁殖が試みられている。ゼニタナゴ フレッシュアイペディアより)

  • イタセンパラ

    イタセンパラから見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    本種はタナゴ類の中でも人に慣れにくく外傷や病気にも弱いため飼育しにくいことに加え、秋産卵型であるため母貝の長期飼育が必要となる人工繁殖は困難であった。しかし現在では成功例が増加しており、大阪府水生生物センター・水道記念館・琵琶湖博物館などで淀川水系の個体群が継代飼育されるほか、氷見市では2007年から小学校児童による飼育の取り組みも行われている。また、精子を液体窒素で凍結保存する技術も開発されており、系統保存の観点では一定のめどが立っている。少数の成魚に由来するが故に起こる創始者効果、近親交配の進行による遺伝的多様性の喪失を防ぐため、氷見市では保存池内の集団に毎年野生個体を導入して管理している。2010年、氷見市の飼育繁殖集団は野生集団とほぼ同等の遺伝的多様性が確保されていることがマイクロサテライト分析により明らかになった。淀川水系の系統保存個体群を含め、野生集団の保全ならびに野生復帰に向けた再導入を適切に行うために、遺伝的多様性を維持した飼育繁殖方法を確立していくことが必要であると指摘された。イタセンパラ フレッシュアイペディアより)

  • ビワマス

    ビワマスから見た滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    ビワマス - 滋賀県立琵琶湖博物館ビワマス フレッシュアイペディアより)

  • 林裕人

    林裕人から見た琵琶湖博物館滋賀県立琵琶湖博物館

    正体はイシクラゲで、食用としては琵琶湖博物館学芸員によると、適してるとのこと、その後松村探偵と依頼者家族、琵琶湖博物館学芸員は林の元へ向かい、快く引き受けた(かどうかは定かではないが)、共に炊きあげたご飯、酢の物、かき揚げ、白身魚の味噌煮(?)、お吸い物にする絶品定食を作り上げた。林裕人 フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示

「琵琶湖博物館」のニューストピックワード