前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1007件中 1 - 10件表示
  • 彦根市

    彦根市から見た琵琶湖琵琶湖

    現在の市街地の近郊に佐和山城を築城した豊臣秀吉の重臣石田三成が関ヶ原の戦いで敗れたのち、江戸時代には、徳川家譜代の大名である井伊家の知行するところとなり、琵琶湖に面した山に築城された彦根城を中核として佐和山藩改め彦根藩が置かれた。この彦根藩および彦根城は、西日本の外様大名に睨みを利かせる幕藩体制上きわめて重要な役割を、さらなる前線に位置する播磨国の姫路藩および姫路城や備後国の備後福山藩と共に担ったが、福山城を除く2つの城は想定し得る外様大名による謀反が起こらなかった(あるいは、抑え込まれた)ために攻められること無く、太平の世に存在し続けた。そのような彦根藩のお膝元にあって、大藩がひしめく京都周辺でも有数の城下町として彦根は発達を見せた。彦根市 フレッシュアイペディアより)

  • 伊吹山

    伊吹山から見た琵琶湖琵琶湖

    両白山地(越美山地)の南端の三国岳(福井県、岐阜県、滋賀県との県境)から伸びる尾根を中心とした伊吹山地の最高峰。半独立峰で、伊吹山地の最南端に位置する。山頂からは360度にわたって遠方を見渡すことができ、琵琶湖、白山、御嶽山、濃尾平野などが展望できる。南東の濃尾平野からは伊吹山を望むことができ、多くの学校の校歌で歌われている。伊吹山 フレッシュアイペディアより)

  • 淀川

    淀川から見た琵琶湖琵琶湖

    淀川(よどがわ)は、琵琶湖から流れ出る唯一の河川。瀬田川(せたがわ)、宇治川(うじがわ)、淀川と名前を変えて大阪湾に流れ込む。滋賀県、京都府及び大阪府を流れる淀川水系の本流で一級河川。流路延長75.1km、流域面積8,240km2。なお、先述の流路延長は琵琶湖南端よりの延長であり、河口から最も遠い地点は滋賀県・福井県の分水嶺である栃ノ木峠であり、淀川の源の石碑が設置されている。この場所は琵琶湖へ流入する河川・高時川の水源地であり、そこからの河口までの直線距離は約130km、流路延長に換算すると約170kmとなる。淀川 フレッシュアイペディアより)

  • 大津市

    大津市から見た琵琶湖琵琶湖

    古くから多くの和歌や俳句に詠まれたり、近江八景に描かれるなど、風光明媚な地としても世に知られる。特に湖畔エリアは、比叡山と琵琶湖に囲まれて自然と都市が融合した景観であり、文化施設が整備された大津湖岸なぎさ公園が、都市景観100選および関西自然に親しむ風景100選に選ばれている。また、ラ・フォル・ジュルネ創始者のルネ・マルタンは、「水辺の風景としてウィーンやプラハに共通する美しさがある」と語った。大津市 フレッシュアイペディアより)

  • 雨乞岳 (滋賀県)

    雨乞岳 (滋賀県)から見た琵琶湖琵琶湖

    1968年(昭和43年)7月22日に、山域は鈴鹿国定公園指定された。愛知川(神崎川)源流の山である。別称が「白倉岳」、「藤切岳」。鈴鹿山脈の第2の高峰で、東側に東雨乞岳がある。竜ヶ岳と同様に山頂付近はクマザサに覆われたなだらかな山容の山である。山頂にはクマザサに囲まれた小さな池(大峠ノ沢)があり、古くから雨乞信仰の対象とされ、下流域の農民がこの池に登拝していたことが山名の由来となっている。この池には、モリアオガエルが生息している。山腹は天然林と針葉樹の植林地が折り混じりアセビ、クリ、ホンシャクナゲ、ミズナラなどが分布し、ニホンカモシカ、ニホンジカ、マムシ、ヤマビルなどが生息している。山頂付近からは、西方に琵琶湖、東方に鈴鹿山脈を望むことができる。雨乞岳 (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

  • ブルーギル

    ブルーギルから見た琵琶湖琵琶湖

    2014年に発表された研究では、1960年代から1970年代前半にかけての状況を、当時の内水面漁業や釣り関係の文献で詳細に調査しており、オオクチバスに付随する形ではなく、ブルーギル単独の野外放流や逸出が明らかになっている。この研究では、水産試験場の関わったケースとして、大阪府の水産試験場がため池への放流試験を行ったこと、滋賀県の水産試験場が関与する中で琵琶湖にブルーギルが生息するようになったと水産試験場職員が当時示唆していることが示されている。さらに、釣り具メーカーや当時発行されていた釣り雑誌の主幹であった釣り人と水産行政関係機関が共に関わる放流があったことも示されている。また、これらの放流や逸出は、先行研究で言及されているよりも広い範囲であるとしている。ブルーギル フレッシュアイペディアより)

  • 天正地震

    天正地震から見た琵琶湖琵琶湖

    日本海側沿岸と太平洋沿岸の両方に及ぶ大津波は他に知られていないため。フロイスによる若狭湾の津波記録は琵琶湖沿岸の地滑りによるものとの誤りだと考えられているが、若狭湾の津波については別の資料もある(後述)ため、宇佐見は若狭湾の地震としている。天正地震 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た琵琶湖琵琶湖

    滋賀県(しがけん)は、琵琶湖を擁する日本国・近畿地方北東部の内陸県である。県庁所在地は大津市。滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • ビワマス

    ビワマスから見た琵琶湖琵琶湖

    ビワマス(琵琶鱒、学名:Oncorhynchus masou rhodurus、英:Biwa trout)は、サケ目サケ科に属する淡水魚。日本の琵琶湖にのみ生息する固有種である。産卵期には大雨の日に群れをなして河川を遡上することから、アメノウオ(雨の魚、鯇、鰀)ともよばれる。ビワマス フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県水産試験場

    滋賀県水産試験場から見た琵琶湖琵琶湖

    滋賀県水産試験場(しがけんすいさんしけんじょう、Shiga Prefectural Fisheries Experiment Station)は、琵琶湖における水産業の研究・指導を目的として設置された滋賀県立の研究所。本場は滋賀県彦根市にあり、米原市の醒井養鱒場は(内水面)分場になる。(琵琶湖漁業は漁業法で「海の漁業に当たる」)滋賀県水産試験場 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1007件中 1 - 10件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード