前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
771件中 1 - 10件表示
  • 彦根市

    彦根市から見た琵琶湖琵琶湖

    現在の市街地の近郊に佐和山城を築城した豊臣秀吉の重臣石田三成が関ヶ原の戦いで敗れたのち、江戸時代には、徳川家譜代の大名である井伊家の知行するところとなり、琵琶湖に面した山に築城された彦根城を中核として佐和山藩改め彦根藩が置かれた。この彦根藩および彦根城は、西日本の外様大名に睨みを利かせる幕藩体制上きわめて重要な役割を、さらなる前線に位置する播磨国の姫路藩および姫路城と共に担ったが、両藩と2つの城は想定し得る外様大名による謀反が起こらなかった(あるいは、抑え込まれた)ために攻められること無く、太平の世に存在し続けた。そのような彦根藩のお膝元にあって、大藩がひしめく京都周辺でも有数の城下町として彦根は発達を見せた。彦根市 フレッシュアイペディアより)

  • 淀川

    淀川から見た琵琶湖琵琶湖

    淀川(よどがわ)は、琵琶湖から流れ出る唯一の河川。瀬田川、宇治川、淀川と名前を変えて大阪湾に流れ込む。滋賀県、京都府及び大阪府を流れる淀川水系の本流で一級河川。流路延長75.1km、流域面積8,240km²。淀川 フレッシュアイペディアより)

  • 雨乞岳 (滋賀県)

    雨乞岳 (滋賀県)から見た琵琶湖琵琶湖

    1968年(昭和43年)7月22日に、山域は鈴鹿国定公園指定された。愛知川(神崎川)源流の山である。別称が「白倉岳」、「藤切岳」。鈴鹿山脈の第2の高峰で、東側に東雨乞岳がある。竜ヶ岳と同様に山頂付近はクマザサに覆われたなだらかな山容の山である。山頂にはクマザサに囲まれた小さな池(大峠ノ沢)があり、古くから雨乞信仰の対象とされ、下流域の農民がこの池に登拝していたことが山名の由来となっている。この池には、モリアオガエルが生息している。山腹は天然林と針葉樹の植林地が折り混じりアセビ、クリ、ホンシャクナゲ、ミズナラなどが分布し、ニホンカモシカ、ニホンジカ、マムシ、ヤマビルなどが生息している。山頂付近からは、西方に琵琶湖、東方に鈴鹿山脈を望むことができる。雨乞岳 (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

  • 大津市

    大津市から見た琵琶湖琵琶湖

    市域は、琵琶湖の主要な港湾である大津港を擁し東海道の宿場でもあった大津を中心に、膳所藩の城下町だった膳所、比叡山の門前町や港湾として栄えた坂本、湖上交通の拠点だった堅田などからなる。大津市 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県

    滋賀県から見た琵琶湖琵琶湖

    滋賀県(しがけん)は、琵琶湖を擁する、日本国・近畿地方北東部の内陸県である。県庁所在地は大津市。滋賀県 フレッシュアイペディアより)

  • ゼゼラ

    ゼゼラから見た琵琶湖琵琶湖

    琵琶湖の膳所付近で発見されたことからゼゼラの名がついた。種小名の zezera もこれにちなんでいる。ゼゼラ フレッシュアイペディアより)

  • カワニナ

    カワニナから見た琵琶湖琵琶湖

    なお「カワニナ」という語はカワニナ科 Pleuroceridae に分類される貝類全体や、さらにはオニノツノガイ上科に分類される貝類のうち淡水?汽水に生息する複数の科、すなわちカワニナ科、トゲカワニナ科 Thiaridae、Pachychilidae、Paludomidae などの貝類の総称としても用いられることがあるが、その場合は「カワニナ類」の意である。これらカワニナ類のうち日本には2科が分布し、琵琶湖水系からは独特な種分化を遂げた十数種ものカワニナ科の固有種が知られ(後述)、南日本の汽水域にはタケノコカワニナなどトゲカワニナ科(トウガタカワニナ科)の複数種が分布するが、外見が似ていて同定が難しいものも多い。カワニナ フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県水産試験場

    滋賀県水産試験場から見た琵琶湖琵琶湖

    滋賀県水産試験場(しがけんすいさんしけんじょう、Shiga Prefectural Fisheries Experiment Station)は、琵琶湖における水産業の研究・指導を目的として設置された滋賀県立の研究所。本場は滋賀県彦根市にあり、米原市の醒井養鱒場は(内水面)分場になる。(琵琶湖漁業は漁業法で「海の漁業に当たる」)滋賀県水産試験場 フレッシュアイペディアより)

  • 松原水泳場

    松原水泳場から見た琵琶湖琵琶湖

    松原水泳場(まつばらすいえいじょう)は、日本の滋賀県彦根市松原町地先に所在する、琵琶湖に面した水泳場(湖水浴場)である。彦根市営。松原水泳場 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーギル

    ブルーギルから見た琵琶湖琵琶湖

    日本では本種はオオクチバスと並んで外来生物法により特定外来生物に指定されており、各地で導入の阻止や駆除が進められている。防除を行っている代表的な水域として、霞ヶ浦、琵琶湖、深泥池、五稜郭、皇居外苑濠などがある。ブルーギル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
771件中 1 - 10件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード