1007件中 91 - 100件表示
  • びわこ競艇場

    びわこ競艇場から見た琵琶湖琵琶湖

    正式な名称は琵琶湖モーターボート競走場である。施行者は滋賀県庁(滋賀県総務部事業課)。現在、全24場の中で唯一、施行者が都道府県である。競走水面が琵琶湖にあり、スタンドからは近江富士(向正面)や琵琶湖大橋・比良山系(2マーク)、近江大橋・浜大津(1マーク)等と琵琶湖のほとんどを眺める事が出来る。モーターは現在番号制となっているが、以前は各モーターに滋賀県および京都市近郊の地名が付けられていた。マスコットキャラクターは、ビワコオオナマズの「ビナちゃん」で、2013年12月4日にデザインがリニューアルされた。びわこ競艇場 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本城

    坂本城から見た琵琶湖琵琶湖

    坂本城(さかもとじょう)は近江国滋賀郡坂本(滋賀県大津市下阪本3丁目の坂本城址公園内)にあった日本の城。明智光秀によって築かれた、琵琶湖に面する平城。坂本城 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た琵琶湖琵琶湖

    第一に計画されたのは五十里ダムである。利根川の大支流・鬼怒川に合流する男鹿川に計画された五十里ダムは鬼怒川改修計画の一環として治水を主目的に1926年より計画されたが、河水統制事業としてその後水力発電目的が加わり1940年(昭和15年)より着工された。完成例としては愛知県が庄内川水系山口川に1933年完成させた山口ダムが日本初であり、治水・灌漑・上水道供給が目的の河水統制事業であった(後に廃止)。翌1934年(昭和9年)には青森県が沖浦ダム(浅瀬石川)、1935年には香川県が長柄ダム(綾川)の建設にそれぞれ着手するなど当初は地方自治体が先駆けて河水統制事業を手掛けた。1937年(昭和12年)になると念願であった河水統制事業調査費が予算として認められ、内閣に河水調査協議会が設置されて本格的な調査が64河川で開始、1940年には調査費の国庫補助も開始された。こうした動きにより右表にある通り多くの河川で多目的ダムなどの河水統制事業が着手され、1940年には現存する日本初の多目的ダムとして山口県が向道ダム(錦川)を完成させた。地方自治体にやや遅れて内務省も直轄ダム事業による多目的ダム建設を計画、琵琶湖河水統制事業や北上川五大ダムの第一弾である田瀬ダム(猿ヶ石川)、釜房ダム(碁石川)、大野ダム(由良川)、猪名川ダム(猪名川)などが計画・施工された。しかし河水統制事業は程なく軍部に翻弄されてゆく。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 東ケト会

    東ケト会から見た琵琶湖琵琶湖

    日本の離島やキャンプ地にテントで宿泊し焚き火宴会を行うことを主たる活動とする、椎名誠を中心とした私的なサークルの名称である。発足は1963〜1965年頃で、1968年に、第一回遠征・琵琶湖合宿を行った。月刊「おれの足」を中央理論誌としている。東ケト会 フレッシュアイペディアより)

  • サツキマス

    サツキマスから見た琵琶湖琵琶湖

    本来、日本海側や琵琶湖には生息していないが、無秩序な放流により福井県や富山県の日本海側の河川にも生息する。ヤマメ域にアマゴ、アマゴ域にヤマメにが放流され、両者は容易に交配してしまいヤマメとアマゴの中間的な魚も発見されており、分布域は曖昧になりつつある。近年、富山県の神通川ではサツキマス(アマゴ)との混血によるサクラマスの魚体の小型化が報告されている。なお、琵琶湖に生息する個体は、1970年以降に琵琶湖に流入する河川に人為放流されたサツキマスの子孫と考えられ、固有種のビワマスと誤認されている場合もある。また、琵琶湖ではビワマスとサツキマスの交雑個体が確認されている。サツキマス フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖周航の歌

    琵琶湖周航の歌から見た琵琶湖琵琶湖

    琵琶湖周航の歌(びわこしゅうこうのうた)は、日本の学生歌の一つで、琵琶湖および周辺地域を題材とした、滋賀県のご当地ソング (cf.) の一つ。1917年(大正6年)6月28日成立(作詞:小口太郎、作曲:吉田千秋)。琵琶湖周航の歌 フレッシュアイペディアより)

  • びわ湖大津プリンスホテル

    びわ湖大津プリンスホテルから見た琵琶湖琵琶湖

    びわ湖大津プリンスホテル(びわこおおつプリンスホテル)は、滋賀県大津市の琵琶湖畔に建つシティホテル。世界的な建築家の丹下健三が設計を手掛けた。びわ湖大津プリンスホテル フレッシュアイペディアより)

  • 大津駅

    大津駅から見た琵琶湖琵琶湖

    新政府の財政難により、東京と京都・大阪を鉄道で結ぶ鉄道建設の中で、当面は滋賀県に線路を敷設せず琵琶湖の水上輸送を鉄道輸送の代行手段にしたことにより、乗客は大津駅 - 長浜駅を鉄道連絡船の太湖汽船で移動した(当時の長浜駅舎が現在の駅舎と直角に位置しているのは港を向いているからである)。日本初の鉄道連絡船である大津駅 - 長浜駅間航路は、日に3便、所要時間はおよそ3時間であったが、強風等で運休となることも度々あるなど、必ずしも安定した輸送手段ではなかった。大津駅 フレッシュアイペディアより)

  • 安土城

    安土城から見た琵琶湖琵琶湖

    安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の安土山(現在の滋賀県近江八幡市安土町下豊浦)にあった日本の城(山城)。城址は国の特別史跡で、琵琶湖国定公園第1種特別地域になっている。安土城 フレッシュアイペディアより)

  • 三つ目がとおる

    三つ目がとおるから見た琵琶湖琵琶湖

    ある日突然、犬持邸に謎の黒い球が送りつけられる。それは写楽の叔父で、同じく三つ目族の末裔であるゴブリン伯爵から甥の写楽に贈られたもので、表面に琵琶湖の湖底に眠る三つ目族の遺産の隠し場所が示され、鉄球の中にはその案内役となる天人鳥が収められていた。写楽と和登さんは飛石連休を利用して琵琶湖へ調査に出かける。三つ目がとおる フレッシュアイペディアより)

1007件中 91 - 100件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード