1007件中 111 - 120件表示
  • 近江名所図会

    近江名所図会から見た琵琶湖琵琶湖

    1815年(文化12年)の刊行。秦石田と秋里籬島が編集、蔀関月と西村中和が画を担当したとされているが、実際は、『木曽路名所図会』『伊勢参宮名所図会』『二十四輩順拝図会』から近江関係の記事を抜粋してまとめたもの。全4巻。別名として「琵琶湖勝概全覧図会」とある。近江名所図会 フレッシュアイペディアより)

  • びわ湖

    びわ湖から見た琵琶湖琵琶湖

    びわ湖 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田一美

    豊田一美から見た琵琶湖琵琶湖

    2007年12月1日、e-radio開局10周年の特別番組(7:30?20:00)の際に同時進行で自転車で琵琶湖1周に挑戦し、約12時間ほどで特別番組放送内に完走を果たした。翌年2007年11月30日にも開局特別番組放送内にて自転車で琵琶湖一周に挑戦し、完走を果たしその日をもって一身上の理由によりe-radioを退職した。豊田一美 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道の歴史 (日本)

    鉄道の歴史 (日本)から見た琵琶湖琵琶湖

    また当初これらの都市間を結ぶ鉄道は、東海道経由では海運と競合して採算が悪くなることが予想されたために、中山道のルートで建設を行うことになっていた。しかし途中にある名古屋を通せとする強い要望や、山岳区間を通るために技術・資本的な問題があったこと、さらには沿線人口が中山道経由は少ないことなどから、東京 - 名古屋間が東海道経由に変更されたものである。なお、岐阜 - 草津間は琵琶湖水運や一部区間の鉄道が既にあったことから、中山道経由で建設された。鉄道の歴史 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 電車でD

    電車でDから見た琵琶湖琵琶湖

    拓海とのバトルでは「併用軌道デスマッチ」で勝負を仕掛けた。併用軌道には様々なトラップ(ゴミ捨て場、地雷原、女子更衣室、コミケ徹夜組)があり、メチャクチャなコースを走らされた拓海は激怒。車両をぶつけながらも激走する。追い詰められた慎吾は浜大津駅手前の急カーブで脱線させようとするが、かわされてしまい自分が脱線。琵琶湖にそのままダイブした。電車でD フレッシュアイペディアより)

  • 相模川 (滋賀県)

    相模川 (滋賀県)から見た琵琶湖琵琶湖

    相模川(さがみがわ)は、滋賀県大津市を流れ琵琶湖に注ぐ淀川水系の一級河川。相模川 (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

  • 渇水

    渇水から見た琵琶湖琵琶湖

    また淀川の河川管理者は琵琶湖における「渇水」と「異常渇水」の定義について聞かれ、前者の定義を難しいとしながら管理者が対策を行うような状況を「渇水」、水位が-1.5mを下回った状況を「異常渇水」としている。渇水 フレッシュアイペディアより)

  • 余呉川

    余呉川から見た琵琶湖琵琶湖

    福井県境に近い椿坂峠(標高497m)に発し南流。長浜市の旧・余呉町南部で余呉川導水路を余呉湖へ分ける。旧・木之本町に入ると琵琶湖まで西へ2kmと迫るが、賤ヶ岳をはじめとする山地に遮られ、そのまま南へ流れる。旧・高月町で西野放水路(西野水道)を琵琶湖へ分け、旧・湖北町で西へ転じて琵琶湖に注ぐ。余呉川 フレッシュアイペディアより)

  • カワムラナベブタムシ

    カワムラナベブタムシから見た琵琶湖琵琶湖

    日本固有種。滋賀県の琵琶湖南部とそこから流れ出る河川の限られた場所にのみ分布する。カワムラナベブタムシ フレッシュアイペディアより)

  • 蓬莱山 (滋賀県)

    蓬莱山 (滋賀県)から見た琵琶湖琵琶湖

    琵琶湖東岸からは比叡山から比良山地まで続く山並みが望まれ、中でも蓬莱山は雄大な山容を呈している。比良山地は古生層へ貫入した花崗岩からなり、東側は断崖となっているため屏風のような山が聳えている。蓬莱山 (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

1007件中 111 - 120件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード