771件中 11 - 20件表示
  • 余呉湖

    余呉湖から見た琵琶湖琵琶湖

    面積1.8km²(東西0.9km、南北1.8km)。琵琶湖の北端近くに位置する。琵琶湖と同時期に出来たと言われ、古琵琶湖に包含されていたものが、約3万年前に独立したと言われる。長らく鏡湖(きょうこ)とも呼ばれていた。長らく閉鎖湖だったが、現在は長浜市余呉町北部からの余呉川からの水が1958年(昭和33年)に建設された導水路を介して流れ込み、湖からは2本の放水路で排水する。余呉湖 フレッシュアイペディアより)

  • 天正地震

    天正地震から見た琵琶湖琵琶湖

    これらの説では太平洋側と日本海側の若狭湾の両方に津波被害が及び、内陸部の被害も大きいことを説明できていない。日本海側沿岸と太平洋沿岸の両方に及ぶ大津波は他に知られていないため。フロイスによる若狭湾の津波記録は琵琶湖沿岸の地滑りによるものとの誤りだと考えられているが、若狭湾の津波については別の資料もある(後述)ため、宇佐見は若狭湾の地震としている。天正地震 フレッシュアイペディアより)

  • 方角地名

    方角地名から見た琵琶湖琵琶湖

    滋賀県湖南市(琵琶湖の南 ただし琵琶湖とは隣接していない)方角地名 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県立琵琶湖博物館

    滋賀県立琵琶湖博物館から見た琵琶湖琵琶湖

    滋賀県立琵琶湖博物館(しがけんりつびわこはくぶつかん)は、滋賀県草津市の琵琶湖湖岸烏丸半島にある県立の博物館。湖をテーマにした博物館としては日本で最大規模であり、水族館を含め多彩な展示がある。館長は篠原徹(2010年4月より)。滋賀県立琵琶湖博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 湖沼

    湖沼から見た琵琶湖琵琶湖

    地殻の一部が分断されて上下にずれると高低差が生じて窪地が形成される。単一の断層によって形成される場合(例:アルバート湖)と、多数の断層によって形成される場合(例:バイカル湖、タンガニーカ湖、死海、琵琶湖)とがある。地殻が左右にずれる断層においても断層線が曲線状になっている場合には食い違いによって窪地が形成されることがある(例:ネス湖、諏訪湖)。断層湖(だんそうこ)と呼ばれる。湖沼 フレッシュアイペディアより)

  • ビワマス

    ビワマスから見た琵琶湖琵琶湖

    ビワマス(琵琶鱒、学名:Oncorhynchus masou rhodurus、英:Biwa trout)は、サケ目サケ科に属する淡水魚。日本の琵琶湖にのみ生息する固有種である。産卵期には大雨の日に群れをなして河川を遡上することから、アメノウオ(雨の魚、鯇)ともよばれる。ビワマス フレッシュアイペディアより)

  • タニシ

    タニシから見た琵琶湖琵琶湖

    アジアには特に種類が多く、タニシと人とを近づける稲作文化と相俟って、食用を主とした人との関わりが生まれた。日本でも「ツブ」や「田つぶ」、あるいは「田んぼのサザエ」という呼び方で食用にされる。ただし他の淡水動物同様、寄生虫の宿主ともなるので食用には十分に熱することが肝要である。日本にはマルタニシ、オオタニシ、ナガタニシ、ヒメタニシの4種がおり、日本全国の水田、用水路、池などに分布するが、分布域は種類によって多少異なり、ナガタニシは琵琶湖だけに棲息する固有種である。またオオタニシとマルタニシは北米に人為的に移入され、各地で繁殖し問題となっている。これらは19世紀末に日本人労働者らが食用として持ち込んだものが拡がったと言われる。タニシ フレッシュアイペディアより)

  • 敦賀市

    敦賀市から見た琵琶湖琵琶湖

    気候は季節風の強まる冬でも、日本海沿岸地域では比較的穏やかとされている。古代より畿内と北陸道を結ぶ北陸街道が通り、また畿内や瀬戸内海に繋がる水運を利用できる琵琶湖からは愛発関を越えてすぐ北側に位置するため交通の要衝とされ、街道沿いには氣比神宮が鎮座して門前町が形成されて、敦賀港とともに発展した。敦賀市 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道本線

    東海道本線から見た琵琶湖琵琶湖

    明治時代に入ると、政府は東京と大阪を結ぶ鉄道の計画を持ち上げたが、当時は東海道経由と中山道経由の2案があり、方向性が未決定であったため、まずは流動の多い東京 - 横浜間を支線として先行開業させることとなった。まず1872年(明治5年)10月14日(旧暦9月12日)に新橋駅(のちの汐留駅) - 横浜駅(現在の桜木町駅)間が日本で最初の鉄道として開業。翌年9月15日からは貨物列車の運行も開始された。一方関西では1874年(明治7年)の大阪駅 - 神戸駅間の仮開業を経て、1877年(明治10年)2月5日に京都駅 - 神戸駅間の営業を開始。1880年(明治13年)には逢坂山経由で大津駅(現在の浜大津駅付近)まで延伸され、大津駅 - 長浜駅間には太湖汽船による琵琶湖経由の鉄道連絡船が開設された。東海道本線 フレッシュアイペディアより)

  • 天野川 (滋賀県)

    天野川 (滋賀県)から見た琵琶湖琵琶湖

    天野川(あまのがわ)は、滋賀県の琵琶湖に注ぐ一級河川の一つ。天野川 (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

771件中 11 - 20件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード