1007件中 11 - 20件表示
  • 松原水泳場

    松原水泳場から見た琵琶湖琵琶湖

    松原水泳場(まつばらすいえいじょう)は、日本の滋賀県彦根市松原町地先に所在する、琵琶湖に面した水泳場(湖水浴場)である。彦根市営。松原水泳場 フレッシュアイペディアより)

  • ゼゼラ

    ゼゼラから見た琵琶湖琵琶湖

    琵琶湖の膳所付近で発見されたことからゼゼラの名がついた。種小名の zezera もこれにちなんでいる。ゼゼラ フレッシュアイペディアより)

  • 湖沼

    湖沼から見た琵琶湖琵琶湖

    地殻の一部が分断されて上下にずれると高低差が生じて窪地が形成される。単一の断層によって形成される場合(例:アルバート湖)と、多数の断層によって形成される場合(例:バイカル湖、タンガニーカ湖、死海、琵琶湖)とがある。地殻が左右にずれる断層においても断層線が曲線状になっている場合には食い違いによって窪地が形成されることがある(例:ネス湖、諏訪湖)。断層湖(だんそうこ)と呼ばれる。湖沼 フレッシュアイペディアより)

  • カワニナ

    カワニナから見た琵琶湖琵琶湖

    なお「カワニナ」という語はカワニナ科 Pleuroceridae に分類される貝類全体や、さらにはオニノツノガイ上科に分類される貝類のうち淡水?汽水に生息する複数の科、すなわちカワニナ科、トゲカワニナ科 Thiaridae、Pachychilidae、Paludomidae などの貝類の総称としても用いられることがあるが、その場合は「カワニナ類」の意である。これらカワニナ類のうち日本には2科が分布し、琵琶湖水系からは独特な種分化を遂げた十数種ものカワニナ科の固有種が知られ(後述)、南日本の汽水域にはタケノコカワニナなどトゲカワニナ科(トウガタカワニナ科)の複数種が分布するが、外見が似ていて同定が難しいものも多い。カワニナ フレッシュアイペディアより)

  • 雄琴温泉

    雄琴温泉から見た琵琶湖琵琶湖

    雄琴温泉(おごとおんせん)は、滋賀県大津市(旧国近江国)の琵琶湖西岸にある温泉。最澄によって開かれたと伝えられる約1200年の歴史を持つ由緒ある温泉。滋賀県下最大の温泉地であり、2000年以降、地元観光協会などでは、平仮名表記の「おごと温泉」を標榜している(後述)。雄琴温泉 フレッシュアイペディアより)

  • タニシ

    タニシから見た琵琶湖琵琶湖

    アジアには特に種類が多く、タニシと人とを近づける稲作文化と相俟って、食用を主とした人との関わりが生まれた。日本でも「ツブ」や「田つぶ」、あるいは「田んぼのサザエ」という呼び方で食用にされる。ただし他の淡水動物同様、寄生虫の宿主ともなるので食用には十分に熱することが肝要である。日本にはマルタニシ、オオタニシ、ナガタニシ、ヒメタニシの4種がおり、日本全国の水田、用水路、池などに分布するが、分布域は種類によって多少異なり、ナガタニシは琵琶湖だけに棲息する固有種である。またオオタニシとマルタニシは北米に人為的に移入され、各地で繁殖し問題となっている。これらは19世紀末に日本人労働者らが食用として持ち込んだものが拡がったと言われる。タニシ フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖西縦貫道路

    琵琶湖西縦貫道路から見た琵琶湖琵琶湖

    琵琶湖西縦貫道路(びわこにしじゅうかんどうろ)は、北陸自動車道木之本インターチェンジ (IC) から琵琶湖西岸を通り、名神高速道路京都東ICに至る地域高規格道路。国道161号のバイパス道路である。琵琶湖西縦貫道路 フレッシュアイペディアより)

  • 石川千代松

    石川千代松から見た琵琶湖琵琶湖

    1909年には、琵琶湖岸の滋賀県水産試験場の池でコアユの飼育に成功し1、全国の河川に放流する道を開いた。石川千代松 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀県立琵琶湖博物館

    滋賀県立琵琶湖博物館から見た琵琶湖琵琶湖

    滋賀県立琵琶湖博物館(しがけんりつびわこはくぶつかん)は、滋賀県草津市の琵琶湖湖岸烏丸半島にある県立の博物館。湖をテーマにした博物館としては日本で最大規模であり、淡水専門の水族館を含め多彩な展示がある。滋賀県立琵琶湖博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 方角地名

    方角地名から見た琵琶湖琵琶湖

    滋賀県湖南市(琵琶湖の南 ただし琵琶湖とは隣接していない)方角地名 フレッシュアイペディアより)

1007件中 11 - 20件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード