1007件中 21 - 30件表示
  • 敦賀市

    敦賀市から見た琵琶湖琵琶湖

    気候は季節風の強まる冬でも、日本海沿岸地域では比較的穏やかとされている。古代より畿内と北陸道を結ぶ北国街道の脇街道である西近江路(あるいは鯖街道、若狭街道、敦賀街道、七里半越とも(現国道161号、国道367号等))、深坂越、新道野越(現国道8号等)や木の芽街道(現国道476号等)、山陰道への丹後街道(現国道27号等)が通り、また畿内や瀬戸内海に繋がる水運を利用できる琵琶湖からは愛発関を越えてすぐ北側に位置するため交通の要衝とされ、街道沿いには氣比神宮が鎮座して鳥居前町が形成されて、敦賀港とともに発展した。敦賀市 フレッシュアイペディアより)

  • ナマズ

    ナマズから見た琵琶湖琵琶湖

    別名としてマナマズ、琵琶湖周辺地域での地方名としてヘコキとも呼ばれる。2005年に特定外来生物に指定されたアメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ)と区別して、ニホンナマズと呼ばれることもある。以降本種を「マナマズ」と表記する。ナマズ フレッシュアイペディアより)

  • 東海道本線

    東海道本線から見た琵琶湖琵琶湖

    明治時代に入ると、政府は東京と大阪を結ぶ鉄道の計画を持ち上げたが、当時は東海道経由と中山道経由の2案があり、方向性が未決定であったため、まずは流動の多い東京 - 横浜間を支線として先行開業させることとなった。まず1872年(明治5年)10月14日(旧暦9月12日)に新橋駅(のちの汐留駅) - 横浜駅(現在の桜木町駅)間が日本で最初の鉄道として開業。翌年9月15日からは貨物列車の運行も開始された。一方関西では1874年(明治7年)の大阪駅 - 神戸駅間の仮開業を経て、1877年(明治10年)2月5日に京都駅 - 神戸駅間の営業を開始。1880年(明治13年)には逢坂山経由で大津駅(現在の浜大津駅付近)まで延伸され、大津駅 - 長浜駅間には太湖汽船による琵琶湖経由の鉄道連絡船が開設された。東海道本線 フレッシュアイペディアより)

  • 石田川 (滋賀県)

    石田川 (滋賀県)から見た琵琶湖琵琶湖

    石田川(いしだがわ)は、滋賀県北西部を流れて琵琶湖に注ぐ川である。淀川水系の一級河川。石田川 (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

  • びわこぐま

    びわこぐまから見た琵琶湖琵琶湖

    びわこぐまとは、滋賀県琵琶湖をモデルとしたゆるキャラである。2009年春に誕生。びわこぐま フレッシュアイペディアより)

  • 淡海国造

    淡海国造から見た琵琶湖琵琶湖

    淡海国造(おうみのくにのみやつこ・おうみこくぞう)は近江国西部(琵琶湖西岸)を支配した国造。近淡海(ちかつおうみ)国造とも。淡海国造 フレッシュアイペディアより)

  • ネジレモ

    ネジレモから見た琵琶湖琵琶湖

    ネジレモ(Vallisneria asiatica var. biwaensis)は、トチカガミ科セキショウモ属に分類される沈水性の水草。セキショウモの変種で、琵琶湖水系の固有変種である。アクアリウムで用いられることもあり、その際にはスクリュー・バリスネリアと呼称されることもある。ネジレモ フレッシュアイペディアより)

  • 稲村

    稲村から見た琵琶湖琵琶湖

    稲村(いなむら)は、滋賀県愛知郡にあった村。現在の彦根市の南西部、琵琶湖沿岸にあたる。稲村 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤村 (滋賀県)

    常盤村 (滋賀県)から見た琵琶湖琵琶湖

    常盤村(ときわむら)は、滋賀県栗太郡にあった村。現在の草津市の北端、琵琶湖の沿岸にあたる。常盤村 (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

  • 磯田村

    磯田村から見た琵琶湖琵琶湖

    磯田村(いそだむら)は、滋賀県犬上郡にあった村。現在の彦根市の北部、芹川河口付近から宇曽川河口にかけての琵琶湖沿岸にあたる。磯田村 フレッシュアイペディアより)

1007件中 21 - 30件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード