771件中 31 - 40件表示
  • 宮ヶ浜水泳場

    宮ヶ浜水泳場から見た琵琶湖琵琶湖

    宮ヶ浜水泳場(みやがはま すいえいじょう)は、日本の滋賀県近江八幡市沖島町宮ヶ浜に所在する、琵琶湖に面した水泳場(湖水浴場)。宮ヶ浜を利用した水泳場であり、休暇村近江八幡(近江八幡の国民休暇村)の一施設である。宮ヶ浜水泳場 フレッシュアイペディアより)

  • 大津城

    大津城から見た琵琶湖琵琶湖

    現在の滋賀県大津市浜大津、京阪電鉄浜大津駅周辺一帯にあった水城で、本丸は、現在の琵琶湖大津港桟橋付近にあたる。関ヶ原の戦いでは上田城などと共に、数少ない激しい城の攻防戦が行われた。その騒音は連日京都にまで届き、市民の中には弁当と水筒持参で見物に行く者まで出たという。大津城 フレッシュアイペディアより)

  • びわこぐま

    びわこぐまから見た琵琶湖琵琶湖

    びわこぐまとは、滋賀県琵琶湖をモデルとしたゆるキャラである。2009年春に誕生。びわこぐま フレッシュアイペディアより)

  • 東ケト会

    東ケト会から見た琵琶湖琵琶湖

    日本の離島やキャンプ地にテントで宿泊し焚き火宴会を行うことを主たる活動とする、椎名誠を中心とした私的なサークルの名称である。発足は1963〜1965年頃で、1968年に、第一回遠征・琵琶湖合宿を行った。月刊「おれの足」を中央理論誌としている。東ケト会 フレッシュアイペディアより)

  • 西明寺 (甲良町)

    西明寺 (甲良町)から見た琵琶湖琵琶湖

    琵琶湖の東、鈴鹿山脈の西山腹に位置する。寺伝によれば承和元年(834年)、三修上人の創建という。三修上人は、修験道の霊山として知られる伊吹山(滋賀・岐阜の県境にある)の開山上人と伝えられる半ば伝説化した行者である。伝承には、承和元年のある日、琵琶湖の西岸にいた三修上人は、湖の対岸の山に紫の雲のたなびくのを見て不思議に思った。そこで神通力を用いて一気に水面を飛び越え、対岸に渡ると、今の西明寺のある山の中の池から紫の光がさしていた。三修上人がその池に祈念すると、薬師如来の像が出現し、その姿を刻んで祀ったのが寺のはじまりであるという。寺のある場所の地名を「池寺」というのは、この伝説に基づいている。承和3年(836年)には仁明天皇の勅願寺となり、寺領が寄進され、諸堂が建築されたという。「西明寺」の寺号は前述の紫の光が西の方へさしていたことによる。西明寺 (甲良町) フレッシュアイペディアより)

  • 三都

    三都から見た琵琶湖琵琶湖

    文化および工業都市・京は平安京以来の都であり、応仁の乱によって大打撃を受けたものの、依然として朝廷や仏教の有力宗派のうちのいくつかの本山などが設置され、学術・芸術・宗教の面では当時の日本を代表する都市であった。内陸部にあって陸上流通の拠点の1であるとともに、若狭湾から琵琶湖や淀川など経る内水系流通経路にあって両替商などの金融業も発達し、また、西陣織・京焼に代表される工芸品の生産地として商工業に大きな影響力を与えていた。三都 フレッシュアイペディアより)

  • 大津プリンスホテル

    大津プリンスホテルから見た琵琶湖琵琶湖

    大津プリンスホテル(おおつプリンスホテル)は、滋賀県大津市の琵琶湖畔に建つシティホテル。世界的な建築家の丹下健三が設計を手掛けた。大津プリンスホテル フレッシュアイペディアより)

  • 綿向山

    綿向山から見た琵琶湖琵琶湖

    鈴鹿山脈の南西に位置する。山頂には「青年の塔」が建てられている。登山ルートは表参道・北参道・水無山北尾根・竜王山経由の4ルートがある。水無山北尾根の8合目には金明水と呼ばれる水場がある。表参道の5合目には、避難小屋がある。頂上には天穂日命社が祀られた大嵩神社があり、毎年4月20日に嶽祭りが執り行われる。綿向神社の奥宮がある。頂上からの眺めは、東に雨乞岳を中心に鎌ヶ岳につづく鈴鹿山脈・伊勢湾をはじめ、秋冬の澄んだ日には遠く北アルプス穂高岳・木曽御嶽山・恵那山・南アルプスの塩見岳なども望見でき、設置されている展望図盤によってそれらを確認することができる。西には近江盆地が眼下にひらけ、琵琶湖の向こうに比叡山から比良山地が連なっている。綿向山 フレッシュアイペディアより)

  • 雄琴温泉

    雄琴温泉から見た琵琶湖琵琶湖

    雄琴温泉(おごとおんせん)は、滋賀県大津市(旧国近江国)の琵琶湖西岸にある温泉である。地元観光協会などでは平仮名表記の「おごと温泉」を標榜している(後述)。雄琴温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 國松善次

    國松善次から見た琵琶湖琵琶湖

    1998年より2006年まで滋賀県知事(2期)。98年の知事選では保守陣営が三分裂し、革新系候補も併せて四人が立候補する激しい選挙戦となったが、稲葉稔前知事の後継指名を受けた国松が初当選を果たした。中央官僚出身ではなく県庁職員出身の知事ということで期待されたが、結果として中央志向が強い知事であったという評価がなされている。任期中の主な功績には琵琶湖での外来魚リリース禁止の条例成立(2002年)や福祉制度の整備などがある。國松善次 フレッシュアイペディアより)

771件中 31 - 40件表示