1007件中 41 - 50件表示
  • 綿向山

    綿向山から見た琵琶湖琵琶湖

    鈴鹿山脈の南西に位置する。山頂には「青年の塔」が建てられている。登山ルートは表参道・北参道・水無山北尾根・竜王山経由の4ルートがある。水無山北尾根の8合目には金明水と呼ばれる水場がある。表参道の5合目には、避難小屋がある。頂上には天穂日命社が祀られた大嵩神社があり、毎年4月20日に嶽祭りが執り行われる。綿向神社の奥宮がある。頂上からの眺めは、東に雨乞岳を中心に鎌ヶ岳につづく鈴鹿山脈・伊勢湾をはじめ、秋冬の澄んだ日には遠く北アルプス穂高岳・木曽御嶽山・恵那山・南アルプスの塩見岳なども望見でき、設置されている展望図盤によってそれらを確認することができる。西には近江盆地が眼下にひらけ、琵琶湖の向こうに比叡山から比良山地が連なっている。綿向山 フレッシュアイペディアより)

  • 天野川 (滋賀県)

    天野川 (滋賀県)から見た琵琶湖琵琶湖

    天野川(あまのがわ)は、滋賀県の琵琶湖に注ぐ一級河川の一つ。天野川 (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

  • 宮ヶ浜水泳場

    宮ヶ浜水泳場から見た琵琶湖琵琶湖

    宮ヶ浜水泳場(みやがはま すいえいじょう)は、日本の滋賀県近江八幡市沖島町宮ヶ浜に所在する、琵琶湖に面した水泳場(湖水浴場)。宮ヶ浜を利用した水泳場であり、休暇村近江八幡(近江八幡の国民休暇村)の一施設である。宮ヶ浜水泳場 フレッシュアイペディアより)

  • 新海浜水泳場

    新海浜水泳場から見た琵琶湖琵琶湖

    新海浜水泳場(しんがいはますいえいじょう)は、日本の滋賀県彦根市新海町地先に所在する、琵琶湖に面した水泳場(湖水浴場)。新海浜を利用した水泳場である。彦根市営。新海浜水泳場 フレッシュアイペディアより)

  • 京都水族館

    京都水族館から見た琵琶湖琵琶湖

    京都周辺の淡水域の展示ゾーンということで、由良川水系と琵琶湖淀川水系の生物、具体的には、深泥池や昔あった巨椋池に棲んでいた生物、琵琶湖とつながりのある生物、そして、オヤニラミ、アユカケ、アジメドジョウ、ミナミイシガメといった京都特有の生物などが展示されている。絶滅を危惧される希少種(絶滅危惧種、ほか)が数多く集められている。京都水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 日本横断運河

    日本横断運河から見た琵琶湖琵琶湖

    揖斐川と琵琶湖を利用して伊勢湾と敦賀湾とを運河で結び、1万トン級以上の大きさの船舶を通そうという計画であった。中京地域を中心に議論が進められ、中部運河の仮称で呼ばれていた。1990年代には変更案として淀川と琵琶湖を利用して大阪湾と敦賀湾とを運河で結ぶ案が検討された。現在は翻案となる本州横断運河が構想されている。日本横断運河 フレッシュアイペディアより)

  • 銀の海 金の大地

    銀の海 金の大地から見た琵琶湖琵琶湖

    淡海の国(おうみのくに)を拠点に勢力を持った豪族。領地内に大和一といわれる広大ながあり、大小100以上の川が流れ込んでいる。息長の族人(うからびと)は水に親しんで育ち、泳ぎや操船術に長けている者が多い。水の中で、驚くほど息が長く続くため「息長」の名がついたとされている。強大な水軍を擁し、漁業や稲作、交易によって繁栄している。また、和邇一族(わにいちぞく)とは古くからの友族(ともがら)で、現在の首長(おびと)・真若王(まわかおう)は和邇の首長・日子坐(ひこいます)の息子である。銀の海 金の大地 フレッシュアイペディアより)

  • 丹生ダム

    丹生ダムから見た琵琶湖琵琶湖

    独立行政法人水資源機構が事業を手掛けるダムで、姉川及び琵琶湖、さらに淀川の治水と京阪神地域への上水道供給を目的とした多目的ダムとして計画された。堤高145.0m、総貯水容量1億5000万トンと完成すれば日本屈指の規模を誇るロックフィルダムとなる。1980年(昭和55年)より事業が着手されたが、後述する諸事情によって、ついにダム本体の工事に着手されなかった。そのため日本の長期化ダム事業の一つであった。丹生ダム フレッシュアイペディアより)

  • 横山岳

    横山岳から見た琵琶湖琵琶湖

    地元の杉野山の会により登山道が整備されていて、毎年5月第3日曜日の山開きや登山大会が開催されている。登山道の急坂などにはロープが設置されている。山頂部からは周辺の山並みや余呉湖、琵琶湖に浮かぶ竹生島などを望むことができる。「横山岳から望む琵琶湖と余呉湖」が長浜市の大切にしたい長浜の景観「ながはま百景」の一つに選定されている。登山適期は4月中旬-11月中旬。春先の残雪期に雪山登山されることもある。以下の登山コースなどが利用されている。横山岳 フレッシュアイペディアより)

  • 金糞岳

    金糞岳から見た琵琶湖琵琶湖

    春先には登山道周辺では、イワカガミ、カタクリ、コブシ、ショウジョウバカマなどの花が咲く。低潅木に覆われた平らな山頂は、無雪期にはあまり展望が優れない。樹間からは、白山、伊吹山などの周辺の山や琵琶湖が望めることがある。登山口となる場所には、一般のキャンプ場である「高山キャンプ場」がある。登山道周辺には、山小屋やキャンプ指定地はなく、日帰りの登山が一般的である。6月中旬頃まで残雪があり、夏から秋にかけて登山者が訪れる。6月初旬に長浜観光協会が高山キャンプ場で「金糞岳夏山登山者安全祈願祭」を開催している。金糞岳 フレッシュアイペディアより)

1007件中 41 - 50件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード