1007件中 61 - 70件表示
  • びわこ学院大学

    びわこ学院大学から見た琵琶湖琵琶湖

    びわこ学院大学の学章は、滋賀県の象徴である琵琶湖を表す「青」と、スクールカラーである「紺」を用い、ダイナミックな動きを見せる波形のデザインによって。大学とそこに集う学生たちのたゆまぬ成長と躍進、発展をイメージ。また全体の形は、膨らみかけている蕾をイメージしており、青・紺のカラーは、大学と学生たちの知性を表現。学生たちの知性の蕾が、今まさにおおきく花開こうとしている姿を表現している。びわこ学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 近江舞子駅 (江若鉄道)

    近江舞子駅 (江若鉄道)から見た琵琶湖琵琶湖

    琵琶湖の代表的な水泳場である近江舞子水泳場のうち、中浜(雄松崎)の最寄り駅として多くの水泳客で賑わう駅であった。近江舞子駅 (江若鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • ハッタジュズイミミズ

    ハッタジュズイミミズから見た琵琶湖琵琶湖

    元々は金沢近郊の八田村(旧)地域にのみ多産するものとして知られていたが、後に琵琶湖周辺にも生息することが知られるようになった。その特殊な分布については様々な論議がある。ハッタジュズイミミズ フレッシュアイペディアより)

  • 大津城

    大津城から見た琵琶湖琵琶湖

    現在の滋賀県大津市浜大津、京阪電鉄浜大津駅周辺一帯にあった水城である。二の丸・三の丸は内陸側にあり、本丸は当時の琵琶湖岸に面し、共に港の機能を担っていたが、現代の大津港はその沖側を埋め立てて建設されている。関ヶ原の戦いでは激しい城の攻防戦が行われた。その騒音は連日京都にまで届き、市民の中には弁当と水筒持参で見物に行く者まで出たという。大津城 フレッシュアイペディアより)

  • 矢橋

    矢橋から見た琵琶湖琵琶湖

    矢橋(やばせ)は滋賀県草津市の集落地名。矢橋から船に乗り対岸に達すると東海道の近道になることから、古くから琵琶湖岸の港町として栄えた。近江八景の「矢橋帰帆」として有名。現在は矢橋帰帆島が建設され当時の趣はない。また矢橋帰帆島と湖岸との間の水路に赤潮・アオコが発生しやすく問題が指摘されている。矢橋 フレッシュアイペディアより)

  • 醒井養鱒場

    醒井養鱒場から見た琵琶湖琵琶湖

    醒井養鱒場(さめがいようそんじょう)は、滋賀県米原市にある、県立淡水魚養殖・研究施設。滋賀県には滋賀県水産試験場が彦根市にあるが、琵琶湖漁業が(漁業法で)海の扱いとなるため、滋賀県の内水面水産試験場と位置づけてもよい。醒井養鱒場 フレッシュアイペディアより)

  • 梶井基次郎

    梶井基次郎から見た琵琶湖琵琶湖

    1921年(大正10年)10月、賀川豊彦のキリスト教社会運動にうちこむ大宅壮一の態度に脅威を感じた基次郎は、〈天職といふものにぶつからない寂しさが堪らない〉と自身を嘆き、〈自分は大宅の様な男を見るとあせるのである〉と綴った。ある夜、中谷孝雄と津守萬夫と一緒に琵琶湖疎水にボートを浮べ、水際の路に上がって月見をしていると、ボートが下流に押し流され、基次郎は津守と一緒に水中に飛び込み食い止めた。その勢いで2人は競泳を始め、冷えた身体を街の酒場で温めた。梶井基次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 鮒寿司

    鮒寿司から見た琵琶湖琵琶湖

    鮒ずし(ふなずし)とは、日本古来の“鮓すし(なれずし)”の代表的一種。古代から琵琶湖産のニゴロブナ(煮頃鮒)などを主要食材として作られ続けている滋賀県(旧・近江国)の郷土料理である。今日では「ふなずし」「鮒鮓」「鮒鮨」「鮒寿司」「鮒寿し」などとも記し、「鮒寿司」が最も一般的となっている(後述)。鮒寿司 フレッシュアイペディアより)

  • 高島市

    高島市から見た琵琶湖琵琶湖

    高島市(たかしまし)は、滋賀県の西部、琵琶湖北西に位置する市。市の面積は長浜市に次ぐ県下第二であるが、湖を含めた場合は県下一である。百貨店「高島屋」の名称の由来となっている。高島市 フレッシュアイペディアより)

  • オイカワ

    オイカワから見た琵琶湖琵琶湖

    琵琶湖産アユやゲンゴロウブナなど有用魚種に紛れて放流されることにより東北地方など各地に広がった。また、従来生息していた河川などにも進入した結果、琵琶湖産オイカワと在来オイカワの混在が確認されている。オイカワ フレッシュアイペディアより)

1007件中 61 - 70件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード