197件中 91 - 100件表示
  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た京阪石山坂本線

    京阪石山坂本線(琵琶湖の西岸を通る鉄道路線)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たニゴロブナ

    固有亜種(魚):ビワマス(サケ科)、ニゴロブナ(コイ科)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た海津大崎

    ファイル:Biwako123844.jpg|海津大崎琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た上水道

    滋賀県の面積の6分の1を占め、流れ出る水は瀬田川・宇治川・淀川と名前を変えて、大阪湾(瀬戸内海)へ至る。また、湖水は淀川流域の上水道として利用され、京都市は琵琶湖疏水から取水している。陸上から見た地形により最狭部に架かる琵琶湖大橋を挟んだ北側部分を北湖(太湖)、南側部分を南湖と呼んでいる。一方、湖底地形から見ると、北湖盆 (North Basin)、中湖盆 (Central Basin)、南湖盆 (South Basin) に分けられ、北湖盆と中湖盆の境界は沖島北方付近で鞍状の湖底地形が存在している。北湖は面積623km 平均水深41m、南湖面積58km 平均水深4m。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た近江国

    縄文時代や弥生時代から交通路としても利用され、丸木舟なども出土している。古代には、都から近い淡水の海として近淡海(ちかつあふみ、単に淡海とも。万葉集では「淡海乃海」(あふみのうみ)と記載)と呼ばれた。近淡海に対し、都から遠い淡水の海として浜名湖が遠淡海(とほつあふみ)と呼ばれ、それぞれが「近江国(おうみのくに、現在の滋賀県)」と遠江国(とおとうみのくに、現在の静岡県西部)の語源になった。別名の鳰海(におのうみ)は、近江国の歌枕である。この鳰は、カイツブリのことを表す。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た沖の白石

    竹生島(面積0.14km2)・沖島(面積1.5km2)・多景島・沖の白石・矢橋帰帆島がある。矢橋帰帆島は、下水処理場のために埋め立てて造った人工島である。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た天野川 (滋賀県)

    天野川(あまのがわ、米原市)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た犬上川

    犬上川(いぬかみがわ、犬上郡、彦根市)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た堅田

    琵琶湖は、若狭湾沿岸からの年貢の輸送路としても利用されており、湖上で賊に襲撃された記録なども残されている。湖西には、大津から若狭国へ向かう西近江路や若狭街道、京都から琵琶湖などを経て今庄から北陸道につながる北国街道などの各種交通路が整備された。湖上交通による荷物の輸送も行われており、大津や堅田などは港湾都市として発達した。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たバイカル湖

    琵琶湖が形成された時期は、約400万年?600万年前で、現在の三重県伊賀市平田に地殻変動によってできた構造湖であった(大山田湖)。湖は次第に北へ移動し、現在から約100?40万年前、比良山系によって止められる形で現在の琵琶湖の位置に至ったという。大山田湖以前、現在の琵琶湖の位置には山(古琵琶湖山脈)があり、鈴鹿山脈は未だ隆起せず、今日の琵琶湖東南部の河川は伊勢湾へ流れていた。それを裏付けるように、鈴鹿山脈の主要な地質は礫岩である。また、琵琶湖に流入する最大の川で、東南に位置する野洲川は、当時西方ではなく、東方へ流れていたという。なお、琵琶湖は世界の湖の中でも、バイカル湖やタンガニーカ湖に次いで成立が古い古代湖であると考えられている。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

197件中 91 - 100件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード