183件中 11 - 20件表示
  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た大野伴睦

    琵琶湖が淀川となって大阪湾に流れる位置から、若狭湾で陸揚げされた物資が琵琶湖上の水運を介して京都や大坂に輸送された。こうした輸送は明治以降もしばらく隆盛であったが、陸上交通の発達によって次第に斜陽となった。一方、高度経済成長期には琵琶湖から運河を掘削して日本海や太平洋・瀬戸内海を結ぶ運河構想が持ち上がった。当初は、琵琶湖から日本海と瀬戸内海を結ぶ阪敦運河構想を福井県知事の北栄造が調整し始めたが、特に四日市市長の平田佐矩が熱心だったこともあり、福井県・滋賀県・岐阜県・愛知県・三重県および名古屋市・敦賀市・四日市市の間で、総工費2500億円?3500億円をかけ若狭湾?琵琶湖?伊勢湾を結ぶ中部横断運河の建設期成同盟が結成され、自民党副総裁の大野伴睦が会長に就任した。しかし、大野や平田が相次いで死去したことや、北および敦賀市長の畑守が相次いで落選するなど推進の中心人物を失い、1970年には中部圏開発整備本部が調査の打ち切りを発表した。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た豊臣秀吉

    安土桃山時代には、豊臣秀吉は大津の船持に大津百艘船を整備し、観音寺の船奉行の支配下に置かれ、特権を与えられて保護された。近世になると、大津は松原や米原など他の港と対立し、江戸時代には松原・米原・長浜が「彦根三湊」として井伊氏の保護を受けた。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た天智天皇

    天智天皇により、一時は琵琶湖西岸に大津宮が置かれた。測量技術が発達し湖の形が琵琶に似ていることが判った江戸時代中期以降、琵琶湖という名称が定着した。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た北栄造

    琵琶湖が淀川となって大阪湾に流れる位置から、若狭湾で陸揚げされた物資が琵琶湖上の水運を介して京都や大坂に輸送された。こうした輸送は明治以降もしばらく隆盛であったが、陸上交通の発達によって次第に斜陽となった。一方、高度経済成長期には琵琶湖から運河を掘削して日本海や太平洋・瀬戸内海を結ぶ運河構想が持ち上がった。当初は、琵琶湖から日本海と瀬戸内海を結ぶ阪敦運河構想を福井県知事の北栄造が調整し始めたが、特に四日市市長の平田佐矩が熱心だったこともあり、福井県・滋賀県・岐阜県・愛知県・三重県および名古屋市・敦賀市・四日市市の間で、総工費2500億円?3500億円をかけ若狭湾?琵琶湖?伊勢湾を結ぶ中部横断運河の建設期成同盟が結成され、自民党副総裁の大野伴睦が会長に就任した。しかし、大野や平田が相次いで死去したことや、北および敦賀市長の畑守が相次いで落選するなど推進の中心人物を失い、1970年には中部圏開発整備本部が調査の打ち切りを発表した。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たびわ湖大学駅伝

    びわ湖大学駅伝(西浅井町から大津・膳所城跡公園にかけて開催。全83.4キロ。関西20大学に加え西日本6大学が招待校として参加する)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たプランクトン

    固有種(プランクトン):ビワクンショウモ、ビワツボカムリ琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たコクチバス

    外来種(魚):オオクチバス、コクチバス、ブルーギル、カムルチー(ライギョ)、レンギョ琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たアユ

    その一方で、オオクチバスやブルーギルをはじめとする外来種の侵入や1992年の琵琶湖水位操作規則の改訂、内湖の消失、水田とのネットワークの分断等によって固有の生物相が大きく攪乱を受け、漁獲高が激減した種も多い。それらへの対抗策も講じられ、外来種駆除や生態系に配慮した水位操作、内湖の再生など様々な取り組みが行われているが、まだ十分な効果をあげられていない。また、琵琶湖産の稚アユは日本各地へ放流され、そのために琵琶湖固有種だけでなく稚アユと共に混獲され放流されたハスなどの種が各地で繁殖するという、移入種を生み出す元ともなっている。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た鉄道

    湖を取り囲む山地からの流れが源流で、京阪神の水瓶という機能も担っている。また、古くから水上交通路としても利用されており、明治時代に鉄道が開通するまでは、京や大坂から東国・北陸への物資輸送に利用されていた。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た地球温暖化

    琵琶湖を始めとする温帯湖沼では、冬季の湖面冷却によって湖水の鉛直混合が起こり、湖中下層へ酸素が供給される(鉛直循環)。近年の琵琶湖では、暖冬によって鉛直循環が不完全となり、酸素濃度の低下で生物が大量死滅する異常事態が発生している。地球温暖化が琵琶湖固有種の生態系に影響を及ぼす事例として、研究が進められている。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

183件中 11 - 20件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード