197件中 31 - 40件表示
  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た一級水系

    琵琶湖(びわこ)は、滋賀県にある湖。日本で最大の面積と貯水量を持つ。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。ラムサール条約登録湿地。河川法上は一級水系「淀川水系」に属する一級河川であり、同法上の名称は「一級河川琵琶湖」で、滋賀県が管理している。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た

    滋賀県の面積の6分の1を占め、流れ出るは瀬田川・宇治川・淀川と名前を変えて、大阪湾(瀬戸内海)へ至る。また、湖水は淀川流域の上水道として利用され、京都市は琵琶湖疏水から取水している。陸上から見た地形により最狭部に架かる琵琶湖大橋を挟んだ北側部分を北湖(太湖)、南側部分を南湖と呼んでいる。一方、湖底地形から見ると、北湖盆 (North Basin)、中湖盆 (Central Basin)、南湖盆 (South Basin) に分けられ、北湖盆と中湖盆の境界は沖島北方付近で鞍状の湖底地形が存在している。北湖は面積623km 平均水深41m、南湖面積58km 平均水深4m。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たプランクトン

    固有種(プランクトン):ビワクンショウモ、ビワツボカムリ琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た浜名湖

    縄文時代や弥生時代から交通路としても利用され、丸木舟なども出土している。古代には、都から近い淡水の海として近淡海(ちかつあふみ、単に淡海とも。万葉集では「淡海乃海」(あふみのうみ)と記載)と呼ばれた。近淡海に対し、都から遠い淡水の海として浜名湖が遠淡海(とほつあふみ)と呼ばれ、それぞれが「近江国(おうみのくに、現在の滋賀県)」と遠江国(とおとうみのくに、現在の静岡県西部)の語源になった。別名の鳰海(におのうみ)は、近江国の歌枕である。この鳰は、カイツブリのことを表す。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た大和ミュージアム

    昭和53年、湖底に沈んでいた零戦が引き上げられ京都嵐山美術館が修復、その後は和歌山県「ゼロパーク」、広島県「大和ミュージアム」と引き渡され展示された。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た漁業

    琵琶湖の生態系は多様で、1,000種類を超える動・植物が生息している。長い期間自立したためその中には琵琶湖(およびその水系)にのみ生息する固有種も数多く確認されている。その規模も大きく、独特の漁業が発達した。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た瀬田の唐橋

    「急がば回れ」ということわざの語源である。湖を渡るには現在の草津と大津の間を結ぶ「矢橋の渡し」という渡し舟があったものの運休が多かったらしい。「もののふの矢橋の船は速かれど急がば廻れ瀬田の長橋(急ぎなら瀬田の唐橋まで遠回りするほうが確実)」という、室町時代後期の連歌師、柴屋軒宗長の歌が出典。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たびわ湖毎日マラソン

    びわ湖毎日マラソン(大津市などで開催)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たアユ

    その一方で、オオクチバスやブルーギルをはじめとする外来種の侵入や1992年の琵琶湖水位操作規則の改訂、内湖の消失、水田とのネットワークの分断等によって固有の生物相が大きく攪乱を受け、漁獲高が激減した種も多い。それらへの対抗策も講じられ、外来種駆除や生態系に配慮した水位操作、内湖の再生など様々な取り組みが行われているが、まだ十分な効果をあげられていない。また、琵琶湖産の稚アユは日本各地へ放流され、そのために琵琶湖固有種だけでなく稚アユと共に混獲され放流されたハスなどの種が各地で繁殖するという、移入種を生み出す元ともなっている。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た鉄道

    湖を取り囲む山地からの流れが源流で、京阪神の水がめとしての機能も担っている。また、古くから水上交通路としても利用されており、明治時代に鉄道が開通するまでは、京や大坂から東国・北陸への物資輸送の中継地として利用されていた。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

197件中 31 - 40件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード