183件中 61 - 70件表示
  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た歌枕

    縄文時代や弥生時代から交通路としても利用され、丸木舟なども出土している。古代には、都から近い淡水の海として近淡海(ちかつあわうみ、単に淡海とも。古事記では「淡海の湖」(あふみのうみ)と記載)と呼ばれた。近淡海に対し、都から遠い淡水の海として浜名湖が遠淡海(とおつあわうみ)と呼ばれ、それぞれが「近江国(おうみのくに、現在の滋賀県)」と遠江国(とおとうみのくに、現在の静岡県西部)の語源になった。別名の鳰海(におのうみ)は、近江国の歌枕である。この鳰は、カイツブリの事を表す。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た天野川 (滋賀県)

    天野川(あまのがわ、米原市)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た犬上川

    犬上川(いぬかみがわ、犬上郡、彦根市)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た堅田

    琵琶湖は、若狭湾沿岸からの年貢の輸送路としても利用されており、湖上で賊に襲撃された記録なども残されている。湖西には、大津から若狭国へ向かう西近江路や若狭街道、京都から琵琶湖などを経て今庄から北陸道につながる北国街道などの各種交通路が整備された。湖上交通による荷物の輸送も行われており、大津や堅田などは港湾都市として発達した。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た源流

    湖を取り囲む山地からの流れが源流で、京阪神の水瓶という機能も担っている。また、古くから水上交通路としても利用されており、明治時代に鉄道が開通するまでは、京や大坂から東国・北陸への物資輸送に利用されていた。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た蒲生郡

    日野川(ひのがわ、蒲生郡、近江八幡市)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たビワヒガイ

    ホンモロコ、ビワヒガイ、アブラヒガイ、ハス、ワタカ(コイ科)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た伊吹おろし

    伊吹おろし(若狭湾から琵琶湖を経由し濃尾平野へと吹く冬の季節風)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た鈴鹿山脈

    湖は次第に北へ移動し、現在から約100?40万年前、比良山系によって止められる形で現在の琵琶湖の位置に至ったという。大山田湖以前、現在の琵琶湖の位置には山(古琵琶湖山脈)があり、鈴鹿山脈は未だ隆起せず、今日の琵琶湖東南部の河川は伊勢湾へ流れていた。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た琵琶

    天智天皇により、一時は琵琶湖西岸に大津宮が置かれた。測量技術が発達し湖の形が琵琶に似ていることが判った江戸時代中期以降、琵琶湖という名称が定着した。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

183件中 61 - 70件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード