197件中 71 - 80件表示
  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た河川法

    琵琶湖(びわこ)は、滋賀県にある湖。日本で最大の面積と貯水量を持つ。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。ラムサール条約登録湿地。河川法上は一級水系「淀川水系」に属する一級河川であり、同法上の名称は「一級河川琵琶湖」で、滋賀県が管理している。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た蜃気楼

    条件が合致すれば初夏には上位蜃気楼が、秋冬には下位蜃気楼が観測できることがある。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た弥生時代

    縄文時代や弥生時代から交通路としても利用され、丸木舟なども出土している。古代には、都から近い淡水の海として近淡海(ちかつあふみ、単に淡海とも。万葉集では「淡海乃海」(あふみのうみ)と記載)と呼ばれた。近淡海に対し、都から遠い淡水の海として浜名湖が遠淡海(とほつあふみ)と呼ばれ、それぞれが「近江国(おうみのくに、現在の滋賀県)」と遠江国(とおとうみのくに、現在の静岡県西部)の語源になった。別名の鳰海(におのうみ)は、近江国の歌枕である。この鳰は、カイツブリのことを表す。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た滋賀県庁

    滋賀県庁は琵琶湖を別称としてMother Lakeと呼んでおり、「Mother Lake 母なる湖、琵琶湖。預かっているのは滋賀県です。」のキャッチコピーを封筒などに記載している。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たびわこ競艇場

    びわこ銀行、びわこ競艇場、大津びわこ競輪場、MIOびわこ滋賀、びわこ成蹊スポーツ大学、東びわこ農業協同組合、びわこ学院大学など琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た近江大橋

    1974年(昭和49年)9月26日 - 近江大橋が開通。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たカイツブリ

    縄文時代や弥生時代から交通路としても利用され、丸木舟なども出土している。古代には、都から近い淡水の海として近淡海(ちかつあふみ、単に淡海とも。万葉集では「淡海乃海」(あふみのうみ)と記載)と呼ばれた。近淡海に対し、都から遠い淡水の海として浜名湖が遠淡海(とほつあふみ)と呼ばれ、それぞれが「近江国(おうみのくに、現在の滋賀県)」と遠江国(とおとうみのくに、現在の静岡県西部)の語源になった。別名の鳰海(におのうみ)は、近江国の歌枕である。この鳰は、カイツブリのことを表す。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た偉大なる、しゅららぼん

    偉大なる、しゅららぼん(万城目学の小説及び2014年春公開の映画。琵琶湖の神から力を授けられた湖の民の話)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たタンガニーカ湖

    琵琶湖が形成された時期は、約400万年?600万年前で、現在の三重県伊賀市平田に地殻変動によってできた構造湖であった(大山田湖)。湖は次第に北へ移動し、現在から約100?40万年前、比良山系によって止められる形で現在の琵琶湖の位置に至ったという。大山田湖以前、現在の琵琶湖の位置には山(古琵琶湖山脈)があり、鈴鹿山脈は未だ隆起せず、今日の琵琶湖東南部の河川は伊勢湾へ流れていた。それを裏付けるように、鈴鹿山脈の主要な地質は礫岩である。また、琵琶湖に流入する最大の川で、東南に位置する野洲川は、当時西方ではなく、東方へ流れていたという。なお、琵琶湖は世界の湖の中でも、バイカル湖やタンガニーカ湖に次いで成立が古い古代湖であると考えられている。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た矢橋

    「急がば回れ」ということわざの語源である。湖を渡るには現在の草津と大津の間を結ぶ「矢橋の渡し」という渡し舟があったものの運休が多かったらしい。「もののふの矢橋の船は速かれど急がば廻れ瀬田の長橋(急ぎなら瀬田の唐橋まで遠回りするほうが確実)」という、室町時代後期の連歌師、柴屋軒宗長の歌が出典。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

197件中 71 - 80件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード