183件中 81 - 90件表示
  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た賤ヶ岳

    新雪 - 賤ヶ岳の大観(長浜市)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た琵琶湖総合開発事業

    琵琶湖総合開発事業(1972年から1997年まで琵琶湖の水資源開発と治水、地域の社会基盤整備を目的として行われた開発事業)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た大阪

    湖を取り囲む山地からの流れが源流で、京阪神の水瓶という機能も担っている。また、古くから水上交通路としても利用されており、明治時代に鉄道が開通するまでは、京や大坂から東国・北陸への物資輸送に利用されていた。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た底生動物

    古代湖であり、魚類や底生動物など50種以上の固有種を含む生物相に富む。明治から昭和の初期までは、琵琶湖の周囲に大小40数個の内湖が広がり、多くの生物を育んでいた。しかし琵琶湖の洪水防御のため、1943年から始まった河水統制事業により、事業が終了する1952年までに平均水位が数十cm低下した事や、これに前後して内湖の大半が干拓されたこともあって琵琶湖の自然は大きく変化し、固有の風致や生態系が大きく損なわれた。現在、滋賀県は一部の内湖を復元することを計画しており、生態系の回復や水質浄化が各方面から期待されている。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た古代

    縄文時代や弥生時代から交通路としても利用され、丸木舟なども出土している。古代には、都から近い淡水の海として近淡海(ちかつあわうみ、単に淡海とも。古事記では「淡海の湖」(あふみのうみ)と記載)と呼ばれた。近淡海に対し、都から遠い淡水の海として浜名湖が遠淡海(とおつあわうみ)と呼ばれ、それぞれが「近江国(おうみのくに、現在の滋賀県)」と遠江国(とおとうみのくに、現在の静岡県西部)の語源になった。別名の鳰海(におのうみ)は、近江国の歌枕である。この鳰は、カイツブリの事を表す。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た愛知郡 (滋賀県)

    愛知川(えちがわ、愛知郡、東近江市)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た三角州

    画像:20080813AnegawaBiwaKo.JPG|姉川三角州琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見たアブラヒガイ

    ホンモロコ、ビワヒガイ、アブラヒガイ、ハス、ワタカ(コイ科)琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た和歌

    「急がば回れ」という諺は、現在の草津と大津の間を結んでいた「矢橋の渡し」を詠んだ和歌が語源となっている。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖

    琵琶湖から見た人工島

    竹生島(面積0.14km²)・沖島(面積1.5km²)・多景島・沖の白石・矢橋帰帆島がある。矢橋帰帆島は、下水処理場のために埋め立てて造った人工島である。琵琶湖 フレッシュアイペディアより)

183件中 81 - 90件表示

「琵琶湖」のニューストピックワード