119件中 51 - 60件表示
  • 荒川 良々

    荒川良々から見た瑛太瑛太

    大塚製薬 カロリーメイト 『そこは持っとかないと。「会議中」篇』イエローマンとして瑛太や森山未來と共演荒川良々 フレッシュアイペディアより)

  • 5LDK

    5LDKから見た瑛太瑛太

    第26回 2009年5月7日 榮倉奈々、瑛太5LDK フレッシュアイペディアより)

  • 嫌われ松子の一生 (映画)

    嫌われ松子の一生 (映画)から見た瑛太瑛太

    川尻笙:瑛太 - 松子の甥(紀夫・悦子夫婦の息子)。ミュージシャンになるために上京したが、挫折し、恋人にも振られてしまう。それまでは荒んだ人生を歩んでいたが、松子の人生に触れることで、彼女の人間性を知っていく。嫌われ松子の一生 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • モンスターズクラブ

    モンスターズクラブから見た瑛太瑛太

    18年間に渡りアメリカの主要企業に爆発物を送り続けた爆弾魔「ユナボマー」ことセオドア・カジンスキーに着想を得て、現代日本の雪山にこもって企業を標的に孤独に爆弾を送り続ける若者を描いた作品。主演の瑛太は自ら出演を熱望し、豊田利晃監督作品としては俳優デビュー作『青い春』、『ナイン・ソウルズ』、『空中庭園』に続き4作目の出演となる。ロックバンド・RIZEのベーシストであるKenKenは映画初出演となる。モンスターズクラブ フレッシュアイペディアより)

  • KING

    KINGから見た瑛太瑛太

    ただし、かつての看板雑誌の名を冠する雑誌の創刊ということで、講談社は力を入れて、創刊時には20万部を発行。総ページ数の352ページはかつての『キング』の創刊号のページ数と合わせたものだった。120本の広告を入れて、広告収入は億単位となった。創刊時の価格は600円。CMには、俳優の瑛太を使用し、かつてのホームランキングであるプロ野球の王貞治が表紙を飾った。しかし、売り上げは思ったほどではなく、創刊時の勢いを維持できずに、4号目からは約200ページにページ数が減って、広告の数も30本から40本になり、目標部数を10万部としていた。が、その後も部数の歯止めはかからず、内容のテコ入れやリニューアルを繰り返した末に丸2年で休刊となった。KING フレッシュアイペディアより)

  • F-06B

    F-06Bから見た瑛太瑛太

    瑛太 - イメージキャラクターF-06B フレッシュアイペディアより)

  • アヒルと鴨のコインロッカー

    アヒルと鴨のコインロッカーから見た瑛太瑛太

    河崎:瑛太 主演アヒルと鴨のコインロッカー フレッシュアイペディアより)

  • 奥田恵梨華

    奥田恵梨華から見た瑛太瑛太

    日本コカ・コーラ (曲は桑田佳祐の「波乗りジョニー」。無名時代の瑛太とキスしている)奥田恵梨華 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の映画

    1982年の映画から見た瑛太瑛太

    12月13日 - 瑛太、日本の俳優1982年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤夏希

    佐藤夏希から見た瑛太瑛太

    好きなお笑い芸人は、サンドウィッチマン。好きな俳優は、北川景子、桐谷美玲、瑛太佐藤夏希 フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「瑛太」のニューストピックワード