前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1250件中 1 - 10件表示
  • プレック研究所

    プレック研究所から見た環境省環境省

    藤前干潟環境学習拠点施設(環境省プレック研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 推進事業

    推進事業から見た環境省環境省

    下水道関連では推進工事のほかは、環境省の浄化槽市町村整備推進事業がある。推進事業 フレッシュアイペディアより)

  • クール・ビズ

    クール・ビズから見た環境省環境省

    クール・ビズ(COOL BIZ)とは、日本で夏期に環境省が中心となって行われる環境対策などを目的とした衣服の軽装化キャンペーン、ないしはその方向にそった軽装のことを示す造語である。ビジネス・カジュアルとも関連が深い。クール・ビズ フレッシュアイペディアより)

  • トキ

    トキから見た環境省環境省

    こうした飼育センターで繁殖されたトキのヒナの名前は当初、日本全国の小学生から募集した案の中から環境庁(現環境省)が命名していた。2001年7月に、環境省は個体名称による管理を廃止することを決めたが、2001年生まれの個体にも名前を付けたいと新穂村から要望があった。環境省の許可のもと、新穂村が新穂小学校・行谷小学校の児童が出した案をもとに以下のように決定した。トキ フレッシュアイペディアより)

  • 小田代ヶ原

    小田代ヶ原から見た環境省環境省

    小田代ヶ原(おだしろがはら)は、栃木県日光市の日光国立公園内にある湿地である。標高は、盆地状の地形の底部が約1,405から1,410m程度、周縁部は少し高く最高でも1,430m程度である。日光国立公園の特別保護地域および特別地域であるほか、環境省の日本の重要湿地500、国際条約のラムサール条約湿地に登録され保護されている。小田代ヶ原 フレッシュアイペディアより)

  • 安原正

    安原正から見た環境省環境省

    安原 正(やすはら ただし、1934年(昭和9年)4月3日 - )は、日本の官僚。元環境事務次官。安原正 フレッシュアイペディアより)

  • ニッパヤシ

    ニッパヤシから見た環境省環境省

    1983年、ニッパヤシ群落が環境省の特定植物群落に指定ニッパヤシ フレッシュアイペディアより)

  • 自然環境研究センター

    自然環境研究センターから見た環境省環境省

    西表島移入種対策事業(オオヒキガエル)(環境省自然環境研究センター フレッシュアイペディアより)

  • 小林光

    小林光から見た環境省環境省

    小林 光(こばやし ひかる、1949年 - )は元環境省事務次官。現在は母校慶應義塾大学大学院政策メディア・研究科教授。専門は環境政策論。小林光 フレッシュアイペディアより)

  • 戦場ヶ原

    戦場ヶ原から見た環境省環境省

    2001年(平成13年)、環境省日本の重要湿地500に第1基準および第2基準適合の高層湿原および湖沼として湯ノ湖および小田代ヶ原とともに指定を受け、その4年後の2005年11月には、戦場ヶ原のうち174.68ヘクタールの地域が湯ノ湖、湯川、および小田代ヶ原と共に、奥日光の湿原としてラムサール条約登録湿地となった。戦場ヶ原 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1250件中 1 - 10件表示

「環境省」のニューストピックワード