1685件中 11 - 20件表示
  • 自然環境研究センター

    自然環境研究センターから見た環境省環境省

    西表島移入種対策事業(オオヒキガエル)(環境省自然環境研究センター フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た環境省環境省

    パソコンや携帯電話は2000年代に入るとほとんどの国民に普及し、インターネットの利用が一般化した。ブログ・SNS・動画投稿サイトなど、個人が発信者となるネットサービスが新たな媒体として普及していった。いわゆる「構造改革」により福祉や公共事業の抑制、市町村合併などの緊縮的政策が実施され、大都市圏以外の地方の経済の疲弊が進んだ。行政による福祉サービスの縮小に伴い、漫画喫茶やインターネットカフェが、低所得者向けビジネスとしての機能を果たすようになった。雑誌や漫画を始めとする出版物の発行部数が減少(出版不況)したが、発行点数はむしろ増加している。iPodが爆発的な売上げを記録し、音楽のインターネット配信がそれまでのパッケージ媒体 (CD) を置き換えていった。一部ではテレビ離れも囁かれ始め、メディア業界の不振が目立つようになった。映画では、テレビ局制作作品を初めとした邦画が洋画を上回る興行成績を上げるようになり、日本映画の復活が注目を集めた。1980年代生まれの青年層では、秋葉系やおたく文化の浸透が進み、メイド喫茶やフィギュアに代表される、「萌え」をめぐる社会現象が盛んに取り上げられた。戦中生まれ世代(焼け跡世代)や団塊世代などの中高年層では、1950年代-1960年代の高度経済成長時代を懐古する風潮も広がった。また、世界的な健康指向の定着により、たばこ離れやアルコール離れと言われる現象が日本でも顕著になった。ファッションでは、環境省主導で官公庁を中心にクール・ビズファッションが広まり、節電指向の広まりから民間企業でもしだいに定着した。若者のファッションは著しく多様化し、世代全体に広がるようなファッションの流行はもはや見られなくなった。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た環境省環境省

    2011年7月13日、環境省は2012年4月からメジロの飼育(愛玩飼養)を目的とした捕獲を原則許可しないことを発表した。これにより、日本において飼育(愛玩飼養)のための捕獲が許可される野鳥の種類は原則として皆無となった。(後述「鳴き合わせと密猟」の項目を参照のこと)メジロ フレッシュアイペディアより)

  • 西山英彦

    西山英彦から見た環境省環境省

    資源エネルギー庁電力・ガス事業部長、経済産業省通商政策局審議官、環境省福島除染推進チーム次長(経済産業事務官と併任)などを歴任し、退官後は矢崎総業株式会社企画室主査、同社監査部主査を経て、矢崎ブラジル有限会社副社長。西山英彦 フレッシュアイペディアより)

  • 安原正

    安原正から見た環境省環境省

    安原 正(やすはら ただし、1934年(昭和9年)4月3日 - 2015年(平成27年)10月14日)は、日本の大蔵官僚。元環境事務次官。安原正 フレッシュアイペディアより)

  • 針江区

    針江区から見た環境省環境省

    丹波高地と比良山地を水源とする安曇川水系の伏流水である当地域の湧水は、針江の生水/針江生水(はりえのしょうず)と呼ばれる。200年もの歳月を経て24m前後の地下から湧き出すものであり、1日の湧水量は約3,500トン(タンクローリー約250台分相当)。年間を通して13℃前後の水温が保たれ、夏は冷たく、冬は暖かく感じられる。ミネラルの少ない軟水で、辛口端麗の日本酒を仕込むのに向いているという。2000年以上の昔から地域に特徴的な水辺環境の下支えとなっている名水であり、2008年(平成20年)には環境省選定の「平成の名水百選」に選ばれている。針江区 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田達志

    寺田達志から見た環境省環境省

    寺田 達志(てらだ たつし、1953年 - )は、日本の官僚。環境省地球環境局長、地球環境審議官、環境省参与を経て、2013年から2016年まで駐ケニア特命全権大使。寺田達志 フレッシュアイペディアより)

  • 千鳥ケ淵戦没者墓苑

    千鳥ケ淵戦没者墓苑から見た環境省環境省

    千鳥ケ淵戦没者墓苑(ちどりがふちせんぼつしゃぼえん、)は、日本の戦没者慰霊施設。第二次世界大戦の戦没者の遺骨のうち、遺族に引き渡すことができなかった遺骨を安置している。公園としての性格を有する墓地公園とされており、環境省が所管する国民公園等のひとつである。千鳥ヶ淵戦没者墓苑、国立千鳥ケ淵戦没者墓苑(こくりつちどりがふちせんぼつしゃぼえん)、国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑とも表記される。千鳥ケ淵戦没者墓苑 フレッシュアイペディアより)

  • 小田代ヶ原

    小田代ヶ原から見た環境省環境省

    小田代ヶ原(おだしろがはら)は、栃木県日光市の日光国立公園内にある湿地である。標高は、盆地状の地形の底部が約1,405から1,410m程度、周縁部は少し高く最高でも1,430m程度である。日光国立公園の特別保護地域および特別地域であるほか、環境省の日本の重要湿地500、国際条約のラムサール条約湿地に登録され保護されている。小田代ヶ原 フレッシュアイペディアより)

  • ニッパヤシ

    ニッパヤシから見た環境省環境省

    1983年、ニッパヤシ群落が環境省の特定植物群落に指定ニッパヤシ フレッシュアイペディアより)

1685件中 11 - 20件表示

「環境省」のニューストピックワード