1250件中 21 - 30件表示
  • 京都御苑

    京都御苑から見た環境省環境省

    明治天皇とともに、公家らが明治2年(1869年)東京へ移った後、公家屋敷などが広がって公家町を形成していた京都御所周辺は大量の空き家の町となり荒廃した。この状況を嘆いた天皇は、明治10年(1877年)御所の保存を命じた。これを受け、京都府が火災延焼を防ぐため御所周辺の空き家となった公家屋敷を撤去して整備したのが京都御苑の始まりである。昭和24年(1949年)には国民公園として広く開放された。現在は京都御所、仙洞御所、京都大宮御所の築地内は宮内庁が、2005年4月に開館した京都迎賓館は内閣府が、それ以外は環境省が管理している。京都御苑 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た環境省環境省

    パソコンや携帯電話は2000年代に入るとほとんどの国民に普及し、インターネットの利用が一般化した。ブログ・SNS・動画投稿サイトなど、個人が発信者となるネットサービスが新たな媒体として普及していった。いわゆる「構造改革」により福祉や公共事業の抑制、市町村合併などの緊縮的政策が実施され、大都市圏以外の地方の経済の疲弊が進んだ。行政による福祉サービスの縮小に伴い、漫画喫茶やインターネットカフェが、低所得者向けビジネスとしての機能を果たすようになった。雑誌や漫画を始めとする出版物の発行部数が減少(出版不況)したが、発行点数はむしろ増加している。iPodが爆発的な売上げを記録し、音楽のインターネット配信がそれまでのパッケージ媒体(CD)を置き換えていった。一部ではテレビ離れも囁かれ始め、メディア業界の不振が目立つようになった。映画では、テレビ局制作作品を初めとした邦画が洋画を上回る興行成績を上げるようになり、日本映画の復活が注目を集めた。1980年代生まれの青年層では、秋葉系やおたく文化の浸透が進み、メイド喫茶やフィギュアに代表される、「萌え」をめぐる社会現象が盛んに取り上げられた。戦中生まれ世代(焼け跡世代)や団塊世代などの中高年層では、1950年代-1960年代の高度経済成長時代を懐古する風潮も広がった。また、世界的な健康指向の定着により、たばこ離れやアルコール離れと言われる現象が日本でも顕著になった。ファッションでは、環境省主導で官公庁を中心にクール・ビズファッションが広まり、節電指向の広まりから民間企業でもしだいに定着した。若者のファッションは著しく多様化し、世代全体に広がるようなファッションの流行はもはや見られなくなった。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 八木橋惇夫

    八木橋惇夫から見た環境省環境省

    八木橋 惇夫(やぎはし あつお、1937年 - )は、日本の官僚。元環境事務次官。元沖縄振興開発金融公庫理事長。八木橋惇夫 フレッシュアイペディアより)

  • 細見正明

    細見正明から見た環境省環境省

    中央環境審議会 土壌農薬部会 土壌汚染技術基準等専門委員会(環境省細見正明 フレッシュアイペディアより)

  • 名蔵アンパル

    名蔵アンパルから見た環境省環境省

    八重山列島を構成する石垣島西部、名蔵湾奥の名蔵川河口周辺の砂州で囲まれた干潟およびマングローブ林、原野を中心とした地域である。このマングローブ林は環境省の特定植物群落である「名蔵川河口域のマングローブ林」に指定されている。名蔵アンパル フレッシュアイペディアより)

  • 維管束植物レッドリスト (環境省)

    維管束植物レッドリスト (環境省)から見た環境省環境省

    維管束植物レッドリスト(いかんそくしょくぶつレッドリスト)は、日本の環境省が公表した維管束植物のレッドリストであり、日本国内における維管束植物の絶滅危惧の評価である。日本国内の個体群に対しての評価であるので、世界的にみれば普通種に該当する場合がある。なお、環境省では、維管束植物を「植物I」、維管束植物以外(蘚苔類、藻類、地衣類、菌類)を「植物II」に分類して作成している。維管束植物レッドリスト (環境省) フレッシュアイペディアより)

  • 南川秀樹

    南川秀樹から見た環境省環境省

    南川 秀樹(みなみかわ ひでき)は、環境省の官僚。自然環境局長、地球環境局長、官房長、地球環境審議官を経て、2011年より環境事務次官を務める。三重県四日市市出身。南川秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 元和台海浜公園

    元和台海浜公園から見た環境省環境省

    元和台海浜公園(げんなだいかいひんこうえん)は、北海道爾志郡乙部町にある北海道屈指の海水浴場。環境省による快水浴場百選のほか、日本の水浴場55選、日本の水浴場88選に選ばれている。毎年7月中旬から8月下旬に開設される。元和台海浜公園 フレッシュアイペディアより)

  • 化学物質環境実態調査

    化学物質環境実態調査から見た環境省環境省

    化学物質環境実態調査(かがくぶっしつかんきょうじったいちょうさ)は、環境中における化学物質の存在状況を把握するために環境省が実施している調査で、昭和49 (1974) 年度(当時の調査名は「化学物質環境調査」)から実施している。平成21 (2009) 年度現在の主管部署は環境省環境保健部環境安全課であり、調査結果は年次報告書「化学物質と環境」1にまとめられている。化学物質環境実態調査 フレッシュアイペディアより)

  • モデル事業

    モデル事業から見た環境省環境省

    環境省省エネ照明デザインモデル事業モデル事業 フレッシュアイペディアより)

1250件中 21 - 30件表示

「環境省」のニューストピックワード

  • ブレーキが利かなくなり、十字路の交差点を2か所、停止できずに突っ切った。

  • JR鹿児島線宇土

  • 200メートルくらい前からブレーキがきかなかった