1685件中 21 - 30件表示
  • 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律

    鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律から見た環境省環境省

    鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(ちょうじゅうのほごおよびかんりならびにしゅりょうのてきせいかにかんするほうりつ、平成14年法律第88号)は、日本国内における鳥獣の保護及び管理と狩猟の適正化を図る目的の法律である。略称は鳥獣保護法、狩猟法。主務官庁は環境省鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 環境委員会

    環境委員会から見た環境省環境省

    環境委員会は、衆議院、参議院にそれぞれ置かれる常任委員会である。環境委員会が最初に置かれたのは、参議院は2001年1月31日に召集された第151回国会、衆議院は1980年7月17日に召集された第92回国会である。衆参の環境委員会はそれぞれの議院規則により所管が定められており、環境省、公害等調整委員会所管のうち経済産業委員会の所管事項を除くものを対象とする(衆議院規則92条11号、参議院規則74条11号)。具体的には、環境保全、地球温暖化対策、公害対策等である。環境委員会 フレッシュアイペディアより)

  • レッドリスト

    レッドリストから見た環境省環境省

    また、日本では環境省が作成した「絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト」も、レッドリストと呼ばれる。レッドリスト フレッシュアイペディアより)

  • 日本の風力発電

    日本の風力発電から見た環境省環境省

    2001年6月の経済産業省の調査会による「新エネルギー部会報告書」では2010年度までの導入設備容量目標を300万kWと定め、環境省も2002年3月発表の「地球温暖化推進大綱」で2010年度までの目標を300万kWとしたが共に達成が難しく、各種規制の見直しや漁業権が設置障害にならない沖合い数十キロの水深の深い場所にも設置できる浮体式洋上風力発電の技術開発を急ぐべきとの意見も出された。また、RPS法の導入目標数値の増大も検討された。日本の風力発電 フレッシュアイペディアより)

  • ヒアリ

    ヒアリから見た環境省環境省

    ヒアリに刺されて人が死ぬのは稀であるが、ヒアリの分布が広がるほど被害が増える可能性は高い。過去には多くの死亡例が報告されている。1989年のアメリカでのアンケート調査(救急救命室の医師や家庭医などを含む29,300人に発送、8.6%の2506人が回答)で、重複分を含めた報告では80人であるが、それらを除いた場合アラバマ州で4人、フロリダ州で10人、ジョージア州とルイジアナ州で2人、テキサス州で14人で計30人のアナフィラキシーによる死亡例がある。またさらに、2006年6月サウスカロライナ州で女性が1人、2013年9月テキサス州で少年1人、2016年アラバマ州女性1人らが、ヒアリによるアナフィラキシーショックで亡くなっている。但し、日本の環境省は海外での死亡例は確認できなかったとしている。なお、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、アメリカでは毎年虫刺され(ヒアリに限らない)によるアナフィラキシーショックで、90-100人が死亡していると発表している。ヒアリ フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た環境省環境省

    パソコンや携帯電話は2000年代に入るとほとんどの国民に普及し、インターネットの利用が一般化した。ブログ・SNS・動画投稿サイトなど、個人が発信者となるネットサービスが新たな媒体として普及していった。いわゆる「構造改革」により福祉や公共事業の抑制、市町村合併などの緊縮的政策が実施され、大都市圏以外の地方の経済の疲弊が進んだ。行政による福祉サービスの縮小に伴い、漫画喫茶やインターネットカフェが、低所得者向けビジネスとしての機能を果たすようになった。雑誌や漫画を始めとする出版物の発行部数が減少(出版不況)したが、発行点数はむしろ増加している。iPodが爆発的な売上げを記録し、音楽のインターネット配信がそれまでのパッケージ媒体 (CD) を置き換えていった。一部ではテレビ離れも囁かれ始め、メディア業界の不振が目立つようになった。映画では、テレビ局制作作品を初めとした邦画が洋画を上回る興行成績を上げるようになり、日本映画の復活が注目を集めた。1980年代生まれの青年層では、秋葉系やおたく文化の浸透が進み、メイド喫茶やフィギュアに代表される、「萌え」をめぐる社会現象が盛んに取り上げられた。焼け跡世代や団塊の世代などの中高年層では、1950年代〜1960年代の高度経済成長期を懐古する風潮も広がった。ファッションでは、環境省主導で官公庁を中心にクール・ビズファッションが広まり、節電指向の広まりから民間企業でもしだいに定着した。若者のファッションは著しく多様化し、世代全体に広がるようなファッションの流行はもはや見られなくなった。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見た環境省環境省

    日本の環境省は、温泉法第18条などで、温泉の効用に当たる「適応症」と、逆に温泉に入ることで病状が悪化する可能性のある「禁忌症」を定めている。かつて妊娠中の女性が温泉に入ると、流産や早産を招くという意見があったが、科学的根拠は無く妊婦が温泉に入っても健康上の問題はないとされる。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀高原

    志賀高原から見た環境省環境省

    四十八池湿原、田ノ原湿原、高天ヶ原・一ノ瀬湿原、焼額山湿原、北ドブ湿原(カヤノ平)、一沼などが、「志賀高原周辺湿原群」として環境省から「生物多様性の観点から重要度の高い湿地(略称「重要湿地」)」に選定されている。志賀高原 フレッシュアイペディアより)

  • 戦場ヶ原

    戦場ヶ原から見た環境省環境省

    また、同年、環境省日本の重要湿地500に第1基準および第2基準適合の高層湿原および湖沼として湯ノ湖および小田代ヶ原とともに指定を受けた。戦場ヶ原 フレッシュアイペディアより)

  • 維管束植物レッドリスト (環境省)

    維管束植物レッドリスト (環境省)から見た環境省環境省

    維管束植物レッドリスト(いかんそくしょくぶつレッドリスト)は、日本の環境省が公表した維管束植物のレッドリストであり、日本国内における維管束植物の絶滅危惧の評価である。日本国内の個体群に対しての評価であるので、世界的にみれば普通種に該当する場合がある。なお、環境省では、維管束植物を「植物I」、維管束植物以外(蘚苔類、藻類、地衣類、菌類)を「植物II」に分類して作成している。維管束植物レッドリスト (環境省) フレッシュアイペディアより)

1685件中 21 - 30件表示

「環境省」のニューストピックワード