1250件中 31 - 40件表示
  • 広域臨海環境整備センター法

    広域臨海環境整備センター法から見た環境省環境省

    海面埋立により臨海地域の整備をしたいが「瀬戸内海環境保全特別措置法(瀬戸内法)」等により旧環境庁(現環境省)に規制されている旧運輸省(現国土交通省)港湾局と、廃棄物埋立処分場は作りたいが用地確保のめどが立たない旧厚生省(現厚生労働省)・旧環境庁との折衝により生まれた。広域臨海環境整備センター法 フレッシュアイペディアより)

  • 自然観察の森

    自然観察の森から見た環境省環境省

    自然観察の森(しぜんかんさつのもり)は、自然の喪失が著しい大都市及びその周辺において、自然保護教育を推進して行く拠点をモデル的に整備することを目的に1984年から環境省が主体となり、各地方公共団体と整備を行った自然教育施設である。全国10か所に整備された。自然観察の森 フレッシュアイペディアより)

  • 片瀬東浜海水浴場

    片瀬東浜海水浴場から見た環境省環境省

    7月1日の海開きから8月いっぱい、25軒の「海の家」、30軒の飲食店、2軒の売店が建ち並ぶ。トイレは仮設を含め19か所に設けられている。全体のほぼ中央に入口のアーチと仮設ステージが設けられ、その左右に対称的に海の家などの仮設店舗が並び、全体に整然とした配置が見られる。安全管理は「EMERGENCY LIFESAVING CORPORATION」が主に担当する。海岸の美化に関しては、1990年代以降財団法人かながわ海岸美化財団の調整のもと、各種団体によるビーチクリーンのボランティア活動が活発化し、機械力も導入されている。一方、環境省の水浴場水質検査では「B」(可)と判定され、不適ではないものの、あまり好ましい結果ではない。禁止行為はバーベキュー・キャンプ・個人的な花火・水上オートバイ。片瀬東浜海水浴場 フレッシュアイペディアより)

  • 泡瀬干潟

    泡瀬干潟から見た環境省環境省

    泡瀬干潟は干潟や藻場の広がりが南西諸島でも最大級であり、干潟の生物、特に鳥類や、貝類、海草・藻類の貴重な生息地、生育地であることが知られている。そのため、日本の環境省によって「日本の重要湿地500」に選定されている。泡瀬干潟 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥獣保護区

    鳥獣保護区から見た環境省環境省

    希少鳥獣生息地 - 環境省レッドリストで絶滅危惧I類、絶滅危惧II類、絶滅のおそれのある地域個体群に評価された希少な鳥獣の保護を目的とする。鳥獣保護区 フレッシュアイペディアより)

  • 環境省設置法

    環境省設置法から見た環境省環境省

    環境省設置法(かんきょうしょうせっちほう、平成11年7月16日法律第101号)とは、環境省の設置並びに任務及び所掌事務を定め、所掌する行政事務を遂行するために必要な組織を定める日本の法律である。環境省設置法 フレッシュアイペディアより)

  • 自然保護官

    自然保護官から見た環境省環境省

    自然保護官(しぜんほごかん、)は環境省の地方支分部局である地方環境事務所に置かれる官職。またはその官名及びその職にある人のことをいう。身分は国家公務員。自然保護官 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律

    鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律から見た環境省環境省

    なお、本法の主務官庁は1971年(昭和46年)の環境庁(現環境省)の発足に伴い、林野庁から移管されている。鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 節電器

    節電器から見た環境省環境省

    その一方、節電器商法に使われたものと全く同じ原理の装置について、環境省地球環境局が補助する政策を打ち出している。節電器 フレッシュアイペディアより)

  • 環境超人エコガインダー

    環境超人エコガインダーから見た環境省環境省

    環境超人エコガインダー(かんきょうちょうじんエコガインダー)は、キッズステーションで放送されている特撮番組。環境省環境教育推進室協力作品。環境超人エコガインダー フレッシュアイペディアより)

1250件中 31 - 40件表示

「環境省」のニューストピックワード