1685件中 61 - 70件表示
  • 建制順

    建制順から見た環境庁環境省

    建制順は組織の上下関係を示すものではないとされてはいるが、建制順が上であるほど格上であるとされることが多い。概ね総務部門的な部局、管理部門的な部局が筆頭にくることが多く、また一般的には古くから存在する組織ほど上位を占めており、「組織の年功序列」等と説明されることもあるが、必ずしもそうなっていない場合もある。また、ほとんどの場合、所属する人員の多さや所管の組織・機関の多さ、予算規模、許認可権限の広さや強さには関係の無いことが多く(ただし地方支分部局を並べるときは人員の多い、または予算規模の多いところから並べることもある)、経済官庁は比較的下位に位置することが多い。中央省庁再編時に創設された総務省のように、合併したうえで内閣補佐の権限を持たせるなど、意図的に筆頭官庁となるように新設されたような場合や、省から格下の宮内府、さらに宮内庁へと格下げされた場合、逆に司法省から法務庁を経て、省より格下の府(法務府)となり、後に省に格上げとなった法務省のような場合を除いて、1960年に自治庁から昇格した自治省、中央省庁再編時に環境庁から昇格した環境省、2007年に防衛庁から昇格した防衛省など、新規の組織が加わるときは最も後ろの位置に置かれることが多く、複数の組織が統合された場合には、元の組織の中で最も上位であった組織の序列を引き継ぐことが多い。建制順 フレッシュアイペディアより)

  • 建制順

    建制順から見た環境省環境省

    建制順は組織の上下関係を示すものではないとされてはいるが、建制順が上であるほど格上であるとされることが多い。概ね総務部門的な部局、管理部門的な部局が筆頭にくることが多く、また一般的には古くから存在する組織ほど上位を占めており、「組織の年功序列」等と説明されることもあるが、必ずしもそうなっていない場合もある。また、ほとんどの場合、所属する人員の多さや所管の組織・機関の多さ、予算規模、許認可権限の広さや強さには関係の無いことが多く(ただし地方支分部局を並べるときは人員の多い、または予算規模の多いところから並べることもある)、経済官庁は比較的下位に位置することが多い。中央省庁再編時に創設された総務省のように、合併したうえで内閣補佐の権限を持たせるなど、意図的に筆頭官庁となるように新設されたような場合や、省から格下の宮内府、さらに宮内庁へと格下げされた場合、逆に司法省から法務庁を経て、省より格下の府(法務府)となり、後に省に格上げとなった法務省のような場合を除いて、1960年に自治庁から昇格した自治省、中央省庁再編時に環境庁から昇格した環境省、2007年に防衛庁から昇格した防衛省など、新規の組織が加わるときは最も後ろの位置に置かれることが多く、複数の組織が統合された場合には、元の組織の中で最も上位であった組織の序列を引き継ぐことが多い。建制順 フレッシュアイペディアより)

  • モズ

    モズから見た環境省環境省

    環境省のレッドリストの絶滅危惧の指定を受け、日本の多数の都道府県でレッドリストの指定を受けている。モズ フレッシュアイペディアより)

  • 荒尾干潟

    荒尾干潟から見た環境省環境省

    環境省に国指定鳥獣保護区特別保護地区に指定され、2012年7月、絶滅危惧種クロツラヘラサギの個体数の0.1%以上を支える湿地、ズグロカモメの個体数の1%以上を定期的に支える湿地などが登録条件を満たしたとして、ラムサール条約に登録された。荒尾干潟 フレッシュアイペディアより)

  • 一龍齋貞鳳

    一龍齋貞鳳から見た環境省環境省

    参議院議員(1期)、環境政務次官(三木改造内閣・福田赳夫内閣)などを歴任した。一龍齋貞鳳 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素税

    炭素税から見た環境省環境省

    日本では、環境省が中心となり環境税が2004年、2005年と検討されたが導入までには至らなかった。なお、提案された案は、優遇措置や免税措置などにより、純粋に炭素量に応じた課税案とはなっていない。炭素税 フレッシュアイペディアより)

  • 市川眞一

    市川眞一から見た環境省環境省

    2010年 6月 行政刷新会議行政事業レビュー、文部科学省、環境省、外務省評価者市川眞一 フレッシュアイペディアより)

  • レッドデータブック (環境省)

    レッドデータブック (環境省)から見た環境省環境省

    レッドデータブック(Red Data Book、略記:RDB)は、絶滅のおそれのある野生生物に関する保全状況や分布、生態、影響を与えている要因等の情報を記載した図書である。1966年にIUCN(国際自然保護連合)が中心となって作成されたものに始まり、現在は各国や団体等によってもこれに準じるものが多数作成されている。日本で単に「レッドデータブック」と言うときは、環境省によるもの、あるいはIUCNによるものを指すことが多い。本項では環境省作成のものについて記す。レッドデータブック (環境省) フレッシュアイペディアより)

  • 大阪エコリフォーム普及促進地域協議会

    大阪エコリフォーム普及促進地域協議会から見た環境省環境省

    大阪における既存住宅・マンションの省エネルギー・CO2排出削減化の普及を目指としており、環境省の地球温暖化対策地域協議会に指定される。その後も、賛同するマスコミ関連企業や建築関連企業、NPO団体、ファイナンシャルプランナーが参加し、一般消費者や建築施工業者に対してエコリフォームの普及活動の基盤を作る。その後、全国地球温暖化防止活動推進センターが組織するエコリフォームコンソーシアムの大阪における指定地域協議会として任命され、一般消費者や建築施工業者向けの普及啓発のためのセミナー活動や広報活動をおこなっている。大阪エコリフォーム普及促進地域協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 十王村の水

    十王村の水から見た環境省環境省

    1985年(昭和60年)1月4日に「環境庁(現・環境省)」の名水百選の第1弾31か所の一つに選ばれ、同年3月に指定された。十王村の水 フレッシュアイペディアより)

1685件中 61 - 70件表示

「環境省」のニューストピックワード