1685件中 71 - 80件表示
  • 鳥類標識調査

    鳥類標識調査から見た環境省環境省

    発見者はリングに付された連絡先に連絡を取り、固有の番号を伝え、その鳥の履歴を聞くことが出来る。ある国では鳥類標識の当局が電話、郵送、或いは公式ウェブサイトで調査報告を受け付けている。日本では財団法人山階鳥類研究所がその役目を担っており、毎年の報告書の作成やかすみ網の一括購入・貸し出し、講習会の開催、バンダーの養成といった活動も行っている。日本ではかすみ網の所持・使用は原則として法によって禁じられているが、鳥類標識調査を目的とする場合に限っては許可されている。なお、日本でバンダーにとして活動するには、充分な訓練の後、山階鳥類研究所の主催する講習会に参加し、資格の認定が必要となる。その後環境省に毎年鳥獣捕獲許可を出して、その認定証を携帯して標識調査活動を行う鳥類標識調査 フレッシュアイペディアより)

  • 北の丸公園

    北の丸公園から見た環境省環境省

    名前のとおり江戸城の北の丸であった場所で、現在は環境省の管理する国民公園の一つである。多くの文化施設を公園内に持ち、旧江戸城の遺構(田安門、清水門はいずれも重要文化財に指定)も多い。ビルが立ち並ぶ都心部にあって、緑が豊かな場所であり、皇居外苑や日比谷公園などと並んで都会のオアシス的な公園である。園内には道路があるため、自動車での乗り入れもでき、有料駐車場も備えている。散策や森林浴、ジョギングやウォーキングを楽しむ人々も多く見られる。北の丸公園 フレッシュアイペディアより)

  • オオトラツグミ

    オオトラツグミから見た環境庁環境省

    オオトラツグミの分布,生態および保護. 石田健・金井裕・金城道男・村井英紀. 平成元年度環境庁委託調査、特殊鳥類調査(報告書)、財団法人・日本野鳥の会, p41 - 63. (1990)オオトラツグミ フレッシュアイペディアより)

  • ナマズ目

    ナマズ目から見た環境省環境省

    日本産ナマズ類はいずれも水質や環境の悪化に伴い数を減らしているとみられ、ネコギギ・ギバチ・アリアケギバチ・アカザの4種は、環境省レッドリストにおいて絶滅危惧種、または準絶滅危惧種に指定されている。海産種としては、ゴンズイ科・ハマギギ科の3種(ゴンズイ、ミナミゴンズイおよびハマギギ)が、本州から沖縄にかけての沿岸域に分布している。ゴンズイはスクーバダイビングなどでも頻繁に観察される普通種であるが、ハマギギは東シナ海からインド洋が分布の中心で、日本近海ではごくまれにしか捕れない。ナマズ目 フレッシュアイペディアより)

  • 片瀬東浜海水浴場

    片瀬東浜海水浴場から見た環境省環境省

    7月1日の海開きから8月いっぱい、25軒の「海の家」、30軒の飲食店、2軒の売店が建ち並ぶ。トイレは仮設を含め19か所に設けられている。全体のほぼ中央に入口のアーチと仮設ステージが設けられ、その左右に対称的に海の家などの仮設店舗が並び、全体に整然とした配置が見られる。安全管理は「EMERGENCY LIFESAVING CORPORATION」が主に担当する。海岸の美化に関しては、1990年代以降財団法人かながわ海岸美化財団の調整のもと、各種団体によるビーチクリーンのボランティア活動が活発化し、機械力も導入されている。一方、環境省の水浴場水質検査では「B」(可)と判定され、不適ではないものの、あまり好ましい結果ではない。禁止行為はバーベキュー、キャンプ、個人的な花火、水上オートバイ。片瀬東浜海水浴場 フレッシュアイペディアより)

  • 山岳警備隊

    山岳警備隊から見た環境省環境省

    山岳警備隊は、多くの場合、各都道府県警察本部生活安全部内に置かれている。普段は、関係警察署に指定された警察署や機動隊で勤務しており、登山者の入山に際し入山届の提出を受け付けているとともに、常に救助トレーニングを行い、実際に登山道をパトロールして危険がないかをチェックし、登山情報を提供している。また、環境省や農林水産省外局の林野庁と協力して、高山植物の無断採集の取締りを行うなど、環境保全のための活動も行う。多くの登山者が入山する岐阜・長野・富山県警察では、治安維持のため山岳警備隊員が交代で、山中の山荘に作られた派出所に詰める。そして、いったん刑事事件もしくは山岳救助の要請があれば、徒歩または都道府県警察航空隊のヘリコプター(場合によっては消防防災ヘリコプターの支援)によって現場に臨場して活動に当たる。山岳警備隊員は、ヘリコプターからの降下技術も習得している。山岳警備隊 フレッシュアイペディアより)

  • 細見正明

    細見正明から見た環境省環境省

    中央環境審議会 土壌農薬部会 土壌汚染技術基準等専門委員会(環境省細見正明 フレッシュアイペディアより)

  • 阿寒摩周国立公園

    阿寒摩周国立公園から見た環境省環境省

    阿寒摩周国立公園(あかんましゅうこくりつこうえん)は、北海道にある国立公園。「阿寒国立公園」からの名称変更と、神の子池などへの区域拡大を環境省中央環境審議会が2017年6月13日に答申しており、2017年8月8日に官報告示された。阿寒摩周国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 巨樹

    巨樹から見た環境省環境省

    日本の環境省の巨樹調査での調査木は地上から約130cmの位置での幹周が300cm以上の木を対象としている。なお、計測基準は決められてはいるが、個々の木によって形は様々であり、数値だけで樹木の大きさを測るのは困難である。例えばカツラの巨樹の多くが主幹を失い、ヒコバエ(根元から出る芽)の束といった様相で、ガジュマルでは発達した気根によって幹のみを計測できない。そういった事情で、環境省の調査結果や現地の解説版、愛好家のサイトとの間で測定値が異なることが多々見受けられる。1988年度(昭和63年度)から、1992年度(平成4年度)にかけて実施された、環境庁所管の緑の国勢調査とも呼ばれる自然環境保全基礎調査の第4回において、「巨樹・巨木林調査」の項目が増え、他の調査項目と共に全国調査が行われ、初めて全国の巨樹の実態が明らかにされた。この初回の調査では約5万6000本が報告され、2000年に行われたフォローアップ調査により追加報告が寄せられ、約6万8000本へとデータ数が増加した。データベースは東京都にある奥多摩町立日原森林館のサイトにおいて一般にも公開されており、地域や樹種等を絞った検索も可能である。なお、調査漏れの巨樹も多数あると推測され、一般に対しても調査漏れの巨樹について調査協力を求めており、個人が調査票やマニュアルなどに基づいて調査結果を報告することも可能である。愛好家らによって新たな巨樹が次々と報告されている。巨樹 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の環境と環境政策

    日本の環境と環境政策から見た環境省環境省

    1971年(昭和46年)1月8日 - 環境庁の新設を閣議了解。日本の環境と環境政策 フレッシュアイペディアより)

1685件中 71 - 80件表示

「環境省」のニューストピックワード