1250件中 71 - 80件表示
  • 日清ラ王

    日清ラ王から見た環境省環境省

    2010年9月9日から放送予定だったテレビCMの撮影の際に登山客らに迷惑をかけたことが問題となり報道された。日清は8月3日槍ヶ岳山頂でヘリコプターを使いラ王のCMの撮影を行った。その際に山頂手前の険しい山道で登山客を足止めした。撮影に際して環境省の松本自然環境事務所から登山者に迷惑をかけないことと、周辺環境に配慮してヘリコプターを飛ばさないことを事前に求められていた。日清食品は当該CMの放送自粛と新たな内容への変更を決定した。また、中信森林管理署と環境省が、日清食品、CMを請け負った電通と制作会社の葵プロモーションを文書指導している。日清ラ王 フレッシュアイペディアより)

  • 猫砂

    猫砂から見た環境省環境省

    猫という生物は自身の排泄物を砂に埋めて隠す習性がある事が知られている。これは、単に自身の居住環境を衛生的に保つ目的だけではなく自身の縄張りの中で排泄物の臭いが他の生物(特に猫が狩猟するネズミやウサギなどの小動物)に悟られてしまう為であり、小動物の中でも捕食者となる猫が自身の排泄物を砂で隠す習性の根底にはこのような事情があるからであるというのが定説となっている。愛玩動物として世界中で親しまれてきた猫であるが、かつて日本では愛玩動物の放し飼いが多く、特に猫に関しての放し飼いは小型で人を襲う事例が極めて少なかった事もあり危険性が低いと見做されていた点も相まって、猫の排泄行為、及びその処理は自然の摂理に任されていた。これは昭和48年に制定された「動物の愛護及び管理に関する法律」(現:動物愛護管理法)の中に猫の放し飼いに関する記述が盛り込まれていなかった事も挙げられる。しかし、環境省の調査から他の動物と同様に猫の排泄物からも寄生虫などの媒介となっている事例が多く発表され、2002年2月2日より動物愛護管理法の基準改訂により東京都が先立って猫を室内で飼うことを要請。その後、各自治体で猫の室内飼育を基本であるとする条例が広まった事が背景となり、又、それに伴ってペット飼育可とする物件が増えた事も相まって猫の室内飼いが一般的となって飼い主は排泄用に猫トイレの必要性が高まった。猫砂 フレッシュアイペディアより)

  • クニマス

    クニマスから見た環境省環境省

    かつて秋田県の田沢湖にのみ生息した固有種だったが、田沢湖の個体群は1940年頃に絶滅し、液浸標本17体(アメリカ合衆国に3体、日本に14体)のみが知られていた。このため環境省のレッドリストでは1991年、1999年、2007年の各版で「絶滅」と評価されていたが、2010年に京都大学研究チームの調査により、山梨県の西湖で現存個体群の生息が確認され、野生絶滅に指定変更された。クニマス フレッシュアイペディアより)

  • ゼニガタアザラシ

    ゼニガタアザラシから見た環境省環境省

    日本の環境省・水産庁により絶滅危惧種(絶滅危惧?類)に指定されている。2008年に発表された国際自然保護連合のレッドリストでは、軽度懸念(Least Concern)と評価されている。ゼニガタアザラシ フレッシュアイペディアより)

  • 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律

    特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律から見た環境省環境省

    日本においては、OECD勧告を受け、環境庁(現:環境省)及び通商産業省(現:経済産業省)が共同して法制化し、1999年(平成11年)に「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」(化管法)を成立させた。特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・FCHV

    トヨタ・FCHVから見た環境省環境省

    2002年12月より日本とアメリカで限定リース開始、12月2日に中央官庁(内閣府 国土交通省 経済産業省 環境省)へ貸し出された。ベース車はクルーガー(SUVの一種)。値段はリースのみで日本では月額120万円、アメリカでは1万ドル。トヨタ・FCHV フレッシュアイペディアより)

  • 炭素税

    炭素税から見た環境省環境省

    日本では、環境省が中心となり環境税が2004年、2005年と検討されたが導入までには至らなかった。なお、提案された案は、優遇措置や免税措置などにより、純粋に炭素量に応じた課税案とはなっていない。炭素税 フレッシュアイペディアより)

  • 省令

    省令から見た環境省環境省

    省令は、制定した各省大臣が「主任の大臣」として分担管理する省の名を冠して総称し、各省が所管する。すなわち、省令を制定・所管する各省大臣・省は、総務省令は総務大臣・総務省、法務省令は法務大臣・法務省、外務省令は外務大臣・外務省、財務省令は財務大臣・財務省、文部科学省令は文部科学大臣・文部科学省、厚生労働省令は厚生労働大臣・厚生労働省、農林水産省令は農林水産大臣・農林水産省、経済産業省令は経済産業大臣・経済産業省、国土交通省令は国土交通大臣・国土交通省、環境省令は環境大臣・環境省、防衛省令は防衛大臣・防衛省である。省令 フレッシュアイペディアより)

  • 平田健正

    平田健正から見た環境省環境省

    中央環境審議会 土壌農薬部会 土壌汚染技術基準等専門委員会(環境省平田健正 フレッシュアイペディアより)

  • 建制順

    建制順から見た環境省環境省

    建制順は組織の上下関係を示すものではないとされてはいるが、建制順が上であるほど格上であるとされることが多い。概ね総務部門的な部局、管理部門的な部局が筆頭にくることが多く、また一般的には古くから存在する組織ほど上位を占めており、「組織の年功序列」等と説明されることもあるが、必ずしもそうなっていない場合もある。また、ほとんどの場合、所属する人員の多さや所管の組織・機関の多さ、予算規模、許認可権限の広さや強さには関係の無いことが多く(ただし地方支分部局を並べるときは人員の多い、または予算規模の多いところから並べることもある)、経済官庁は比較的下位に位置することが多い。中央省庁再編時に創設された総務省のように合併したうえで内閣補佐の権限を持たせるなど、意図的に筆頭官庁となるように新設されたような場合や、1952年に省より格上の府(法務府)から省に格下げとなった法務省のような場合を除いて、1960年に自治庁から昇格した自治省、中央省庁再編時に環境庁から昇格した環境省、2007年に防衛庁から昇格した防衛省など、新規の組織が加わるときは最も後ろの位置に置かれることが多く、複数の組織が統合された場合には、元の組織の中で最も上位であった組織の序列を引き継ぐことが多い。建制順 フレッシュアイペディアより)

1250件中 71 - 80件表示

「環境省」のニューストピックワード