1685件中 81 - 90件表示
  • 藤前干潟

    藤前干潟から見た環境省環境省

    この問題は、名古屋市がこの干潟をゴミ処分場にするという計画が持ち上がったことがきっかけに発生した。名古屋市はアセスメントを行った結果、その計画が渡り鳥などの生態に影響すると知りながらも、人工干潟の造成を条件に埋め立てを実行に移そうとした。しかし、1999年に環境省(当時・環境庁)は人工干潟の造成では現環境の維持は極めて困難とする見解を出したうえ、寺田達志環境庁環境影響評価課長が検討結果を持って名古屋市役所に単身で訪れるなど異例の行動で強硬な反対姿勢を示したほか、市民運動なども活発に行われ、その結果名古屋市は埋め立てを断念。ゴミの増大に悩む名古屋市のゴミ収集制度見直しの契機となった。藤前干潟 フレッシュアイペディアより)

  • 猫砂

    猫砂から見た環境省環境省

    猫という生物は自身の排泄物を砂に埋めて隠す習性があることが知られている。これは、単に自身の居住環境を衛生的に保つ目的だけではなく、自身の縄張りの中で排泄物の臭いが他の生物(特に猫が狩猟するネズミやウサギなどの小動物)に悟られてしまうことを防ぐためでもあり、小動物の中でも捕食者となる猫が自身の排泄物を砂で隠す習性の根底にはこのような事情があるからであるというのが定説となっている。愛玩動物として世界中で親しまれてきた猫であるが、かつて日本では愛玩動物の放し飼いが多く、特に猫に関しての放し飼いは小型で人を襲う事例が極めて少なかったこともあり危険性が低いと見なされていた点も相まって、猫の排泄行為、及びその処理は自然の摂理に任されていた。これは昭和48年に制定された「動物の愛護及び管理に関する法律」(現:動物愛護管理法)の中に猫の放し飼いに関する記述が盛り込まれていなかったことも挙げられる。しかし、環境省の調査から他の動物と同様に猫の排泄物からも寄生虫などの媒介となっている事例が多く発表され、2002年2月2日より動物愛護管理法の基準改訂により東京都が先立って猫を室内で飼うことを要請。その後、各自治体で猫の室内飼育を基本であるとする条例が広まったことが背景となり、又、それに伴ってペット飼育可とする物件が増えたことも相まって猫の室内飼いが一般的となって飼い主は排泄用に猫トイレの必要性が高まった。これにより猫にとって排泄しやすく、あるいは排泄後に砂掛け動作を行うことができ、かつ猫側からも飼い主側からも室内の清潔を保ちやすい猫トイレが必要となったといえる。猫トイレには単純に砂を用いることも可能ではあるが、市販の猫砂を用いることによってより両者の要求を叶えることができる。猫砂 フレッシュアイペディアより)

  • 日清ラ王

    日清ラ王から見た環境省環境省

    2010年9月9日から放送予定だったテレビCMの撮影の際に登山客らに迷惑をかけたことが問題となり報道された。日清は8月3日槍ヶ岳山頂でヘリコプターを使いラ王のCMの撮影を行った。その際に山頂手前の険しい山道で登山客を足止めした。撮影に際して環境省の松本自然環境事務所から登山者に迷惑をかけないことと、周辺環境に配慮してヘリコプターを飛ばさないことを事前に求められていた。日清食品は当該CMの放送自粛と新たな内容への変更を決定した。また、中信森林管理署と環境省が、日清食品、CMを請け負った電通と制作会社の葵プロモーションを文書指導している。日清ラ王 フレッシュアイペディアより)

  • 上富良野町

    上富良野町から見た環境省環境省

    1897年(明治30年)の開拓以来、農業を中心に発展してきた町であり、1948年(昭和23年)に農作物としてのラベンダー栽培を始めた地であり、2001年(平成13年)には「ふらののラベンダー」として環境省から「かおり風景100選」に選定されている。上富良野町を含む1市6町村で「富良野・美瑛観光圏」を形成している。上富良野町 フレッシュアイペディアより)

  • 大船渡市

    大船渡市から見た環境省環境省

    月日不明:碁石海岸と雷岩が、環境庁(現・環境省)の「日本の音風景100選」に「海」の分類で選定される (cf.)。大船渡市 フレッシュアイペディアより)

  • 田村義雄

    田村義雄から見た環境省環境省

    田村 義雄(たむら よしお、 - )は、日本の官僚。元環境事務次官。神奈川県出身。田村義雄 フレッシュアイペディアより)

  • 盛山正仁

    盛山正仁から見た環境省環境省

    灘中学校・高等学校を経て東京大学法学部卒業。卒業後運輸省に入省。2004年7月から環境省地球環境局総務課長、2005年8月に国土交通省総合政策局情報管理部長を最後に出馬の為に辞職した。盛山正仁 フレッシュアイペディアより)

  • 自然学校

    自然学校から見た環境省環境省

    国が設置している自然学校としては「国立青少年自然の家」、「国立青少年の交流の家」(文部科学省所管の独立行政法人) 、国立公園等の自然ふれあい関連施設等(環境省および関連特殊法人)、国営公園の自然ふれあい関連施設(国土交通省および関連特殊法人)などがある。都道府県・市町村立の少年自然の家をはじめとする自然体験関連施設がある。近年の傾向として、他の公立施設等と同様、指定管理者制度により、所管の公益法人や民間企業、NPO等に運営を委託するケース も増えてきており、純粋な意味での国公立直営の自然学校は減少傾向にあるといえる。自然学校 フレッシュアイペディアより)

  • 阿寒湖

    阿寒湖から見た環境省環境省

    火山地域にあるため温泉が沸き、湖南岸には阿寒湖温泉の温泉街がある。遊覧船が出ているほか、環境省の阿寒湖畔エコミュージアムセンターや、阿寒湖周辺の自然保護に貢献した前田一歩園財団が保有する前田記念館(前田一歩園初代理事長であった前田光子の山荘)がある。阿寒湖 フレッシュアイペディアより)

  • 粒子状物質

    粒子状物質から見た環境省環境省

    浮遊粒子状物質 (SPM)。大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が10μm以下のもの。日本の環境基本法に基づく環境省告示の環境基準において「大気中に浮遊する粒子状物質であって、その粒径が10マイクロメートル以下のもの」と定義されているが、PM10とは異なる。粒子径10μmで100%の捕集効率をもつ分粒装置を透過する微粒子。PM6.5 - 7.0に相当し、PM10よりも少し小さな微粒子である。大気汚染の指標として日本だけで用いられる。1972年に初めて環境基準が設定されている。粒子状物質 フレッシュアイペディアより)

1685件中 81 - 90件表示

「環境省」のニューストピックワード