70件中 21 - 30件表示
  • 環境省

    環境省から見た日本環境安全事業

    環境省が主管する独立行政法人は2012年9月19日現在、国立環境研究所、環境再生保全機構ならびに原子力安全基盤機構の3法人である。環境再生保全機構は公害健康被害補償予防協会の後身。主管する特殊法人は2012年7月1日現在、日本環境安全事業株式会社(旧環境事業団)のみである。環境省 フレッシュアイペディアより)

  • 環境省

    環境省から見た文化工房

    ウェブサイトのURLのドメイン名は「www.env.go.jp」。定期刊行の広報誌としては、隔月刊の「エコジン」がある。現在は環境省が発行し、株式会社文化工房が編集を行っている。2007年6月以前はぎょうせい発行の『かんきょう』が刊行されていたが、2007年7月から社団法人時事画報社(2009年に事業停止)発行で、隔月刊の「エコジン」に更新された。環境省 フレッシュアイペディアより)

  • 環境省

    環境省から見た水・大気環境局

    2005年(平成17年)10月1日 : 内部部局として「水・大気環境局」(環境管理局を改組)を、地方支分部局として「地方環境事務所」(自然保護事務所と地方環境対策調査官事務所を統合)を設置。環境省 フレッシュアイペディアより)

  • 環境省

    環境省から見た地方環境事務所

    2005年(平成17年)10月1日 : 内部部局として「水・大気環境局」(環境管理局を改組)を、地方支分部局として「地方環境事務所」(自然保護事務所と地方環境対策調査官事務所を統合)を設置。環境省 フレッシュアイペディアより)

  • 環境省

    環境省から見た総合環境政策局

    総合環境政策局 - 総務課(政令第19条第1項)、環境計画課、環境経済課、環境影響評価課、環境保健部(政令第2条第2項)環境省 フレッシュアイペディアより)

  • 環境省

    環境省から見た社団法人

    環境省所管の旧財団法人(特例財団法人)に関しては:Category:財団法人_(環境省所管)」を、旧社団法人(特例社団法人)に関しては「:Category:社団法人_(環境省所管)」をそれぞれ参照。環境省 フレッシュアイペディアより)

  • 環境省

    環境省から見た公害健康被害補償予防協会

    環境省が主管する独立行政法人は2012年9月19日現在、国立環境研究所、環境再生保全機構ならびに原子力安全基盤機構の3法人である。環境再生保全機構は公害健康被害補償予防協会の後身。主管する特殊法人は2012年7月1日現在、日本環境安全事業株式会社(旧環境事業団)のみである。環境省 フレッシュアイペディアより)

  • 環境省

    環境省から見た国民休養地

    環境省設置法に定められた上記の任務を達成するため、同法第4条は環境省がつかさどる事務を計25号にわたって規定している。主なものに、環境保全政策(第1号)、地球環境保全に関する行政機関の経費および試験研究委託費の配分計画(第3号)、国土利用計画の環境保全分野(第5号)、特定有害廃棄物等の輸出入・運搬及び処分の規制(第6号)、南極地域の環境保護(第7号)、環境基準の設定(第8号)、公害防止のための規制(第9号)、公害に係る健康被害の補償及び予防(第10号)、自然環境が優れた状態を維持している地域における当該自然環境の保全(第12号)、自然公園及び温泉の保護・整備(第13号)、景勝地及び休養地並びに公園の整備(第14号)、皇居外苑、京都御苑及び新宿御苑並びに千鳥ケ淵戦没者墓苑の維持及び管理(第15号)、野生動植物・鳥獣の保護及び狩猟の適正化その他生物多様性の確保(第16号)、廃棄物の排出の抑制及び適正な処理(第18号)、原子炉事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処(第19号の2)、石綿による健康被害の救済(第20号)、工場立地・化学物質・農薬の規制(第22号ホヌヲ)、放射性物質の監視及び測定(第22号チ)、温室効果ガス排出の抑制(第22号イ)、原子力利用の安全確保に関することなどがある。環境省 フレッシュアイペディアより)

  • 環境省

    環境省から見た一般会計

    2012年度(平成24年度)一般会計当初予算における環境省所管予算は2347億1600万円である。組織別の内訳は環境本省が1兆1000億500万円と全体比で約78%を占め、以下、北方対策本部が18億2900万円、国際平和協力本部が6億5100万円、日本学術会議が9億8700万円、官民人材交流センターが2億1500万円、沖縄総合事務局が107億4400万円、宮内庁が105億4300万円、公正取引委員会が87億4200万、警察庁が2399億5900万円、金融庁が230億9800万円、消費者庁が88億6800万円と続く。歳入予算は34億3000万円で、全額が雑収入である。環境省 フレッシュアイペディアより)

  • 環境省

    環境省から見た自然公園

    環境省設置法に定められた上記の任務を達成するため、同法第4条は環境省がつかさどる事務を計25号にわたって規定している。主なものに、環境保全政策(第1号)、地球環境保全に関する行政機関の経費および試験研究委託費の配分計画(第3号)、国土利用計画の環境保全分野(第5号)、特定有害廃棄物等の輸出入・運搬及び処分の規制(第6号)、南極地域の環境保護(第7号)、環境基準の設定(第8号)、公害防止のための規制(第9号)、公害に係る健康被害の補償及び予防(第10号)、自然環境が優れた状態を維持している地域における当該自然環境の保全(第12号)、自然公園及び温泉の保護・整備(第13号)、景勝地及び休養地並びに公園の整備(第14号)、皇居外苑、京都御苑及び新宿御苑並びに千鳥ケ淵戦没者墓苑の維持及び管理(第15号)、野生動植物・鳥獣の保護及び狩猟の適正化その他生物多様性の確保(第16号)、廃棄物の排出の抑制及び適正な処理(第18号)、原子炉事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処(第19号の2)、石綿による健康被害の救済(第20号)、工場立地・化学物質・農薬の規制(第22号ホヌヲ)、放射性物質の監視及び測定(第22号チ)、温室効果ガス排出の抑制(第22号イ)、原子力利用の安全確保に関することなどがある。環境省 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「環境省」のニューストピックワード