前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
930件中 1 - 10件表示
  • 持続可能な開発のための経済人会議

    持続可能な開発のための経済人会議から見た環境環境

    UNCED以前の企業における環境に関する取組みは、生産活動に生じた公害対応など地域的な規模に留まっていた。地球的規模での関心の高まりは、1972年にローマクラブの報告書「成長の限界」による、世界人口と工業投資が幾何級数的成長を続けると地球上の天然資源は枯渇し、環境汚染は再生の許容範囲を超え、成長は限界に達することが、全地球的システムのモデルで現されたことに始まった。人類の成長には地球という器の限界があることを強く認識した元で、広範囲に渡る持続不可能性を示す根拠が掲示されたことから、持続可能な開発の概念が多くの議論で登場するようになった。持続可能な開発のための経済人会議 フレッシュアイペディアより)

  • 先天性

    先天性から見た環境環境

    動物の雌雄も遺伝子によって決定されるものが多い。魚類などには栄養状態や雌雄の性比などの環境条件で、雄と雌が自然的に性転換するものがいるが、哺乳類・鳥類などの雌雄は遺伝子で決定されている。また血液型とか色神なども遺伝子で決まっており、男女の内性器、外性器の発達なども遺伝子決定的であるが、性成熟の時期は環境(主に栄養状態)の影響を受ける。身長や体格なども遺伝の影響を強く受けることが分かっているが、環境の影響も同様に大きい。ミツバチの幼虫が働きバチになるか女王蜂になるかはエサによって決まる。つまり後天的に決定される。しかし「エサによってどのように育つかが決まる」という性質は先天的に決定されている。先天性 フレッシュアイペディアより)

  • 環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律

    環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律から見た環境環境

    環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律(かんきょうじょうほうのていきょうのそくしんとうによるとくていじぎょうしゃとうのかんきょうにはいりょしたじぎょうかつどうのそくしんにかんするほうりつ、平成16年6月2日法律第77号)は、環境を保全しつつ健全な経済の発展を図る上で事業活動に係る環境の保全に関する活動とその評価が適切に行われることが重要であることにかんがみ、事業活動に係る環境配慮等の状況に関する情報の提供及び利用等に関し、国等の責務を明らかにするとともに、特定事業者による環境報告書の作成及び公表に関する措置等を講ずることにより、事業活動に係る環境の保全についての配慮が適切になされることを確保し、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与することを目的として制定された法律である。環境情報の提供の促進等による特定事業者等の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 環境会計

    環境会計から見た環境環境

    経済産業省は、これらの成果を取り入れた研究を行い、環境管理会計を中心に取りまとめた「環境管理会計手法ワークブック」を発行した。企業が環境と経営を連携させる手法になり、環境配慮型設備投資意思決定手法、環境予算マトリックス、マテリアルフローコスト会計、環境配慮型業績評価システム、ライフサイクルコスティングと環境配慮型原価企画の手法が解説されている。このうちライフサイクルコスティングとマテリアルフローコスト会計は環境が基礎になる分野であり、前者はライフサイクルシンキングに基づいた思想、後者は初めから環境が組み込まれた会計になる。この2つの手法の研究は国際的に開発が進んでいる分野である。環境会計 フレッシュアイペディアより)

  • 共生マーケティング

    共生マーケティングから見た環境環境

    共生マーケティング(きょうせいマーケティング)とは企業と消費者、日本と世界、人間と自然が共に生きることを大前提とし、利益よりも信頼を優先する自由市場経済におけるマーケティングをいう。特に消費者の信頼を第一とする食品業界等では関心を持ちはじめ、導入を検討しているところも出ている。企業はかつて公害問題を解決できたのであるから、子育ても介護も、地球環境問題と同様に企業経営の中で社会的コストとして考えていくことは可能であろう。大災害に遭っても共に生きることを目的とした自由競争のマーケティング、それが「共生マーケティング(Commensal Marketing,Co-marketing,Symbiotic Marketing)」である。共生マーケティング フレッシュアイペディアより)

  • 情報

    情報から見た環境環境

    3の意味での情報は、生体の神経系のそれや、内分泌系のホルモン情報などの生体シグナルの他にも、遺伝子に保持されているそれ、あるいは生命が生きる過程で遺伝子や細胞内に新たに書き加えられたり書きかえられたりするそれである。他にも環境中の光や音、生命に影響を与えうるあらゆるものを「情報」とみなすことができる。情報 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤博敬

    内藤博敬から見た環境環境

    内藤 博敬(ないとう ひろたか、1968年3月9日 - )は、日本の生物学者(環境微生物学・細菌学・ウイルス学・プロテオミクス)。学位は博士(学術)(岡山大学・2008年)。静岡県立大学環境科学研究所 助教・大学院食品栄養環境科学研究院 助教。一般社団法人 ヘルスケアプランナー検定協会 理事。内藤博敬 フレッシュアイペディアより)

  • 安全保障

    安全保障から見た環境環境

    安全保障とは、ある集団・主体にとっての生存や独立、財産などかけがえのない何らかの価値を、脅威に晒されない様にから何らかの手段によって守ることを主に指すが、その概念は非常に多様である。歴史的・伝統的には軍事的な脅威に対するものが主であったが、冷戦後は大量破壊兵器拡散、国連平和維持活動、また発展的には経済、エネルギー資源なども含めるものへと研究領域が拡大し、一部で環境問題や人権を包括する主張もある。現代における国家間の主要な安全保障は軍事力の要素に基づきながらも、外交や経済、環境などを広範なものを含めるものである。安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • 被服

    被服から見た環境環境

    さらに人体の表面からその個人の最外層の間に存在する物体または環境、人体の近接環境などと捉えることもできる。前者の場合には、基本的に個人の自由意志により選択し改変することが可能な領域で、その領域内にはその個人のみが人間として存する。後者の場合には、生活環境を人間の近接環境である被服、近隣環境である住居(インテリア)に分割して考えている。なお、この場合においては人間の密接環境として化粧を取り上げることもできる。また、化粧に関しては、「塗る被服」と捉える事も可能である。被服 フレッシュアイペディアより)

  • 人間の性

    人間の性から見た環境環境

    性対象選択において、人間はどのようにこの選択を行うのか。「環境、性対象選択、性的指向」。人間の性 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
930件中 1 - 10件表示

「環境」のニューストピックワード