1062件中 11 - 20件表示
  • 先天性

    先天性から見た環境環境

    動物の雌雄も遺伝子によって決定されるものが多い。魚類などには栄養状態や雌雄の性比などの環境条件で、雄と雌が自然的に性転換するものがいるが、哺乳類・鳥類などの雌雄は遺伝子で決定されている。また血液型とか色神なども遺伝子で決まっており、男女の内性器、外性器の発達なども遺伝子決定的であるが、性成熟の時期は環境(主に栄養状態)の影響を受ける。身長や体格なども遺伝の影響を強く受けることが分かっているが、環境の影響も同様に大きい。ミツバチの幼虫が働きバチになるか女王蜂になるかはエサによって決まる。つまり後天的に決定される。しかし「エサによってどのように育つかが決まる」という性質は先天的に決定されている。先天性 フレッシュアイペディアより)

  • コンサルティング

    コンサルティングから見た環境環境

    ところが、20世紀後半から経済が成熟して顧客のニーズの多様化が顕著になったことを背景に、IT化・従業員重視経営・株主重視経営・環境重視経営など新たな課題が生じた。このように企業経営に対する価値観の変化が激しくなると、業務の分化とともに組織も複雑化した。その結果、既存の専門家や企業内の人員だけでは対処しきれなくなり、コンサルティングに対するニーズがさらに高まった。コンサルティング フレッシュアイペディアより)

  • 国家安全保障

    国家安全保障から見た環境環境

    安全保障とは、ある集団・主体にとっての生存や独立、財産などかけがえのない何らかの価値を、脅威に晒されない様にから何らかの手段によって守ることを主に指すが、その概念は非常に多様である。歴史的・伝統的には軍事的な脅威に対するものが主であったが、冷戦後は大量破壊兵器拡散、国連平和維持活動、また発展的には経済、エネルギー資源なども含めるものへと研究領域が拡大し、一部で環境問題や人権を包括する主張もある。現代における国家間の主要な安全保障は軍事力の要素に基づきながらも、外交や経済、環境などを広範なものを含めるものである。国家安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • 葉理

    葉理から見た環境環境

    肉眼で識別することが可能な最小の層構造を示し、一般には波状や筋状などの縞模様、微地形が観察され、堆積した環境を推定することができる。類似した葉理が重なり単層(bed)を形成し、単層が何枚か重なり地層が形成される。一般的には堆積物の供給が休止したり、環境の変化があると単層となり、その単層の面(層理面)が地質境界となる。葉理 フレッシュアイペディアより)

  • 筆跡

    筆跡から見た環境環境

    筆跡鑑定では、別の二つ以上の文書に対して、文字の形態(縦長や横長、角型や丸型など)、書かれ方(はね・止めの仕方、くずし方、筆圧など)、筆癖(癖字や筆順の違い、点画の位置など)による個人差を比較するなどして、ある文章が本人によって書かれたものか、否かを照合する目的で使われる。人は文字を執筆する際に必ず社会環境の中で文字を執筆するため、執筆するときの環境や背景にも注意する事が求められる。筆跡 フレッシュアイペディアより)

  • 環境カウンセラー

    環境カウンセラーから見た環境環境

    公害防止や環境管理に関する部門に所属した経歴や、事業者に対する環境保全のための具体的な取組、計画づくり等の相談に対する助言を行った実績を10年以上有する(または有する見込みである)こと環境カウンセラー フレッシュアイペディアより)

  • 堀越哲美

    堀越哲美から見た環境環境

    専門は、建築環境、都市環境、デザイン。堀越哲美 フレッシュアイペディアより)

  • 生活史 (生物)

    生活史 (生物)から見た環境環境

    生活史(せいかつし)は、生物の一生における生活の有り様を見渡す時に、それを環境とのかかわりの元でまとめて呼ぶ呼び方である。元来は博物学的記載を中心とするものであったが、現在では生活史戦略などの考えのもとで、研究が進められている。生活史 (生物) フレッシュアイペディアより)

  • 環境工学

    環境工学から見た環境環境

    環境工学(かんきょうこうがく、英語:environmental engineering)は、さまざまな環境問題を技術的に解決したり、環境を向上させたりする方法を探ろうとする工学の一分野。また、広義には、地球環境問題に限らず、生活環境や地域環境も対象に含む。実際に行われている研究は、「環境工学」というくくりよりは、より細分化された専門分野を活用して環境問題の技術的解決を研究している場合が多い。環境工学 フレッシュアイペディアより)

  • 稲田紀男

    稲田紀男から見た環境環境

    専門分野は、出版文化、映像文化、文化経済学、若者文化、新左翼運動、出版編集(人権・環境・アートなど)、タウン誌出版、広報出版(IR、環境報告書、CSRレポート)マルチメディア、文化の仕掛け、起業準備、企業コミュニケーション、都市計画、ラディカル左翼研究、社会運動研究。稲田紀男 フレッシュアイペディアより)

1062件中 11 - 20件表示

「環境」のニューストピックワード