930件中 21 - 30件表示
  • 環境工学

    環境工学から見た環境環境

    環境工学(かんきょうこうがく、英語:environmental engineering)は、さまざまな環境問題を技術的に解決したり、環境を向上させたりする方法を探ろうとする工学の一分野。また、広義には、地球環境問題に限らず、生活環境や地域環境も対象に含む。実際に行われている研究は、「環境工学」というくくりよりは、より細分化された専門分野を活用して環境問題の技術的解決を研究している場合が多い。環境工学 フレッシュアイペディアより)

  • 松井三郎 (環境工学者)

    松井三郎 (環境工学者)から見た環境環境

    1987年(昭和62年)- 京都大学工学部附属環境微量汚染制御実験施設教授。松井三郎 (環境工学者) フレッシュアイペディアより)

  • 筆跡

    筆跡から見た環境環境

    筆跡鑑定では、別の二つ以上の文書に対して、文字の形態(縦長や横長、角型や丸型など)、書かれ方(はね・止めの仕方、くずし方、筆圧など)、筆癖(癖字や筆順の違い、点画の位置など)による個人差を比較するなどして、ある文章が本人によって書かれたものか、否かを照合する目的で使われる。人は文字を執筆する際に必ず社会環境の中で文字を執筆するため、執筆するときの環境や背景にも注意する事が求められる。筆跡 フレッシュアイペディアより)

  • DeSeCo

    DeSeCoから見た環境環境

    ※道具とは、言語・情報・知識等のツールのこと。相互作用的とは、人が周囲の環境と積極的に対話をすること。DeSeCo フレッシュアイペディアより)

  • 東京バイオテクノロジー専門学校

    東京バイオテクノロジー専門学校から見た環境環境

    東京都大田区に所在し、遺伝子(DNA)、医療開発、医薬品、醸造発酵、食品、化粧品、環境、海洋、分析を実験研究する研究者を養成する専門学校。東京バイオテクノロジー専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • ジハード

    ジハードから見た環境環境

    それにまた、ジハードは、その人の置かれた環境によっては、不正や抑圧に対する戦いという意味をもつこととなり、宣教と説得によって、また場合によっては、必要に応じては武器をとり、「聖なる戦い」を繰り広げることによって正しい社会をつくらなければならないという考えと結びつくのである。ジハード フレッシュアイペディアより)

  • リン

    リンから見た環境環境

    同じくリン酸化合物であるリン酸ナトリウム水溶液は強塩基性を示すため、単独で金属の洗浄剤として使われるほか、次亜塩素酸と混合することで強力な洗剤となるので、三リン酸ナトリウムは洗剤として広く利用されていたが、排水に高濃度のリンが含まれるために微生物の異常な繁殖の原因となり、赤潮などの公害を引き起こした。それゆえ、環境への配慮から日本国内での使用はほとんどなくなってきている。リン酸水素カルシウムは研磨剤として歯磨きなどに含まれ、フッ素を含む歯磨きには二リン酸カルシウムなど、口腔衛生にかかわる場面でもリン酸化合物が数多く配合されている。リン フレッシュアイペディアより)

  • 渡り鳥

    渡り鳥から見た環境環境

    渡り鳥(わたりどり)は食糧、環境、繁殖などの事情に応じて定期的に長い距離を移動(渡り)する鳥のこと。逆に、1年を通じて同一の地域やその周辺で繁殖も含めた生活を行う鳥を留鳥という。渡り鳥 フレッシュアイペディアより)

  • 農薬

    農薬から見た環境環境

    1962年にレイチェル・カーソンが『沈黙の春』を発表し環境運動が世界的な関心を集めてからは、農薬の過剰な使用に批判が起こるようになった。日本でも水俣病などの公害が社会問題となるなか1974年には有吉佐和子の小説『複合汚染』が発表され、農薬と化学肥料の危険性が訴えられた。消費者の自然嗜好や環境配慮や有機野菜消費の増加といったことを受けて、生産者側である農家からも費用や化学農薬の副作用や健康被害への心配から、天敵、細菌、ウイルス、線虫や糸状菌(カビの仲間)等の生物農薬の使用も進められている。農薬 フレッシュアイペディアより)

  • アメニティ

    アメニティから見た環境環境

    アメニティ / アメニティー(英語:amenity)とは、第一義的には、快適性、快適な環境、魅力ある環境などを意味する語、つまりは、「住み心地のよさ」「居住性(のよさ)」を表す概念である。アメニティ フレッシュアイペディアより)

930件中 21 - 30件表示

「環境」のニューストピックワード