1062件中 21 - 30件表示
  • 今井紘一

    今井紘一から見た環境環境

    今井 浩一 (いまい ひろかず)は、日本の建築家。CASBEE戸建評価委員を勤め、東北地方を拠点に活動設計チーム木協同組合副理事長と今井ヒロカズ設計事務所代表をしている。主に秋田杉を使った木造を多く手がけ、自然環境に共生する空間を提供している。今井紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 大隅萬里子

    大隅萬里子から見た環境環境

    東京都出身の分子生物学者、および、細胞生物学者である。西東京科学大学や帝京科学大学において教鞭を執った。酵母の環境応答についての研究や、酵母に対する抗生物質の影響についての研究が知られている。また、夫である大隅良典や水島昇らと共同で酵母の自食作用について研究し、オートファジーのメカニズムを明らかにした。この研究業績は、良典のノーベル生理学・医学賞の受賞に寄与したことでも知られている。大隅萬里子 フレッシュアイペディアより)

  • 環境基本法

    環境基本法から見た環境環境

    環境基本法(かんきょうきほんほう、Basic Environment Law:平成5年(1993年)11月19日法律第91号)は、日本の環境政策の根幹を定める基本法である。環境基本法 フレッシュアイペディアより)

  • 社会技術

    社会技術から見た環境環境

    社会技術(しゃかいぎじゅつ)は、多様で幅広い関係者の対話や協働を通して社会と技術の関係を俯瞰し、社会問題の解決に資する技術のことである。ここでの技術は通常の意味での技術と異なり、より幅広い概念を表すことが多い。通俗的に言えば、《社会による》(対話・協働)、《社会の中の》(俯瞰)、《社会のための》(問題解決志向)技術が社会技術であり、周囲の環境や自らの立場、将来の予見に従って不断に構築されるものである。社会技術 フレッシュアイペディアより)

  • アメニティ

    アメニティから見た環境環境

    アメニティ / アメニティー(英語:amenity)とは、第一義的には、快適性、快適な環境、魅力ある環境などを意味する語、つまりは、「住み心地のよさ」「居住性(のよさ)」を表す概念である。アメニティ フレッシュアイペディアより)

  • 山本良一

    山本良一から見た環境環境

    山本 良一(やまもと りょういち、1946年8月30日 - )は、日本の工学者(環境材料科学・環境経営学)。学位は工学博士。文部科学省科学官、東京大学生産技術研究所名誉教授、東京都市大学教授。山本良一 フレッシュアイペディアより)

  • 建築物環境衛生管理技術者

    建築物環境衛生管理技術者から見た環境環境

    建築物環境衛生管理技術者(けんちくぶつかんきょうえいせいかんりぎじゅつしゃ)とは、建築物の環境衛生の維持管理に関する監督等を行う国家資格である。通称ビル管理技術者と呼ばれる。建築物環境衛生管理技術者 フレッシュアイペディアより)

  • DeSeCo

    DeSeCoから見た環境環境

    ※道具とは、言語・情報・知識等のツールのこと。相互作用的とは、人が周囲の環境と積極的に対話をすること。DeSeCo フレッシュアイペディアより)

  • 下位香代子

    下位香代子から見た環境環境

    下位 香代子(しもい かよこ)は、日本の化学者・環境学者(生化学・生体機能学・環境トキシコロジー)。学位は学術博士(奈良女子大学・1990年)。静岡県立大学食品栄養科学部教授・大学院食品栄養環境科学研究院教授。下位香代子 フレッシュアイペディアより)

  • 多系進化

    多系進化から見た環境環境

    1940年代までにとジュリアン・スチュワードのような文化人類学者がいっそう科学的な基礎の上に進化のモデルを復活させようと努めて、そしてネオ進化論として知られている研究を確立させることに成功した。ホワイトは「原始社会」と「近代社会」の敵対を拒否した。しかし社会が、利用できるエネルギーの量に基づいて区別して議論することができるとし、そしてエネルギーの増加がより大きい社会の分化を可能にしたと論じた。スチュワードは一方で、19世紀の概念の発展を拒絶した。そしてダーウィン説信奉者には「適応」の注意を引こうとする代わりに、すべての社会がいずれかの方法でそれらの環境に順応する議論をした。多系進化 フレッシュアイペディアより)

1062件中 21 - 30件表示

「環境」のニューストピックワード