930件中 61 - 70件表示
  • 微生物生態学

    微生物生態学から見た環境環境

    微生物生態学(びせいぶつせいたいがく、英:Microbial Ecology)とは微生物間ならびに微生物とその環境の間の相互作用を扱う学問分野である。微生物生態学 フレッシュアイペディアより)

  • トポフィリア

    トポフィリアから見た環境環境

    本章では、「文化」と「環境」という概念は重なり合っていることから、外的要因によって生じる個人差について言及し、そこから環境に対する価値づけ、世界観・知覚の仕方の違いを制約している文化の役割について概観している。トポフィリア フレッシュアイペディアより)

  • Idsite

    Idsiteから見た環境環境

    また、idsiteではサイトの仕組みを利用して、オープンスタイルのデザインコンペ「id デザインアワード2009」を開催する。これは、従来のようなメーカー1社主催のコンペと異なり、応募デザイナーと複数のメーカーが出会うことが出来るもの。第一回は「環境」をテーマとするテーマ部門と、自由なアイデアを発信するフリーテーマ部門で作品を募集した。Idsite フレッシュアイペディアより)

  • 公共性の構造転換

    公共性の構造転換から見た環境環境

    政治は常に公共性において営まれ、あるいは論じられる。政治とは公共性であり、公共事業や公務員はすべて公益を実現するものであり、政治は安全保障からインフラの整備、環境政策などの公共政策を決定するもの考えられる。そこにはそもそも公共性とは何かという問題が認められる。ハーバーマスは本書でこの問題を取り扱っており、序言の言葉を借りればこれは「市民的公共性」という類型に関する研究となっている。本書で採用されている方法は社会学と歴史学の方法を総合したものとなっている。つまり、市民的な公共性の構造がどのように成立し、どのように変容しているかを明らかにしようと試みている。本書は内容は第1章序論、第2章公共性の社会的構造、第3章公共性の政治的機能、第4章市民的公共性、第5章公共性の社会的構造変化、第6章公共性の政治的機能変化、第7章公論の概念のために、以上から成り立っている。公共性の構造転換 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎町 おとなの時間

    山崎町 おとなの時間から見た環境環境

    RKKラジオのパーソナリティとしてお馴染みの小松士郎が熊本の水環境について紹介するコーナー。山崎町 おとなの時間 フレッシュアイペディアより)

  • 外山義

    外山義から見た環境環境

    外山 義(とやま ただし、1950年4月22日 - 2002年11月9日)は、日本の建築家、建築学者。専門は建築計画学、環境心理学、高齢者住環境。岡山県生まれ。外山義 フレッシュアイペディアより)

  • 分野別図書目録

    分野別図書目録から見た環境環境

    環境・化学工学書目録』(毎年1月発行) ISBN 978-4-8749-4406-6分野別図書目録 フレッシュアイペディアより)

  • SWMM

    SWMMから見た環境環境

    例えば、SWMM5での大きな進歩は、都市・郊外における表面と地下における水域を、排水ネットワークの水文学的コンピューティングを使って行うことであろう。水文学と水力学の2つのコンピューティングを分ける著しい改善を見る進歩であり、実際の環境で物理的に発生する相互の作用をモデル化することがコンセプトとして可能になった。SWMM5の数値エンジンは、表面流出や地下の水域を計算し、乾湿の水域的時間進行を気候データから課すことができる。水域のリンク、結節点、コントロールルールおよびネットワークの境界条件を導出する水文学的計算法では、補間法ルーチンを用いた水域の時間ステップを固定速度/可変速度で計算し、水域の始値・終値をシミュレートすることで得られる。SWMM フレッシュアイペディアより)

  • 大橋慶士

    大橋慶士から見た環境環境

    大橋 慶士(おおはし けいじ、1946年7月19日 - )は日本の会計学者(会計監査論・環境マネジメント論)。学位は商学修士(中央大学・1971年)。静岡大学人文学部教授・大学院人文社会科学研究科教授。大橋慶士 フレッシュアイペディアより)

  • OECD多国籍企業行動指針

    OECD多国籍企業行動指針から見た環境環境

    グローバル化の進行に伴い、NGO、OECD非加盟国とも協議を実施した2000年の改訂は大幅に行われた。持続可能な開発を目指した経済面、社会面、環境面の国際的に認められている基準すべてが包括され、国際的な企業の社会的責任が求められることになる。改訂では、汚職行為の防止及びステークホルダーに関する章が新たに設けられた。これには、OECDコーポレート・ガバナンスが反映されており、企業の社会面及び環境面での説明責任として情報公開による透明性が求められる。また、OECD多国籍企業行動指針を採択した各国には、相談窓口となるナショナル・コンタクト・ポイント(NCP:National Contact Points)が設けられており、主に政府機関で構成される国が多いため法的責任の整合性も図られる仕組みになる。このNCPについても役割を遂行するため強化された。OECD多国籍企業行動指針 フレッシュアイペディアより)

930件中 61 - 70件表示

「環境」のニューストピックワード