930件中 81 - 90件表示
  • マーティン・J・ウィットマン・スクール・オブ・マネージメント

    マーティン・J・ウィットマン・スクール・オブ・マネージメントから見た環境環境

    Africa Business Environment(アフリカのビジネス環境マーティン・J・ウィットマン・スクール・オブ・マネージメント フレッシュアイペディアより)

  • 都市問題

    都市問題から見た環境環境

    都市問題は通常、都市へ集中した人口や経済活動をめぐって起こる困難・混乱の現象として扱われ、具体的には住宅や交通、医療や福祉、教育、環境の問題が挙げられるほか、都会特有の犯罪(都市型犯罪)や麻薬・アルコール中毒、精神疾患なども含まれる。都市問題 フレッシュアイペディアより)

  • U字溝

    U字溝から見た環境環境

    小動物が落ちた場合には脱出が不可能になるなど、行動範囲を制約したり、水質の悪化を招くなど、地域の環境・生態系に悪影響を与える。特に、繁殖に際して陸と水域を長距離移動するカエル、サンショウウオなどの両生類、オサムシなどの飛翔能力を欠く大型地表性昆虫にあっては、地域個体群のかなりの部分が捕殺され、無視できない影響を与えていると考えられている。U字溝 フレッシュアイペディアより)

  • 細菌叢調査

    細菌叢調査から見た環境環境

    細菌叢調査(さいきんそうちょうさ)(Environmental Sampling)とは、ある環境中に存在するであろう細菌、ウイルス、原虫などを調査するものである。「細菌叢」と呼ばれるが、単に細菌ではなく、広く「微生物」を対象としている。それ故、単に細菌調査、環境(微生物)調査や(環境)サーベイランスと呼ばれることもある。細菌叢調査 フレッシュアイペディアより)

  • 印旛沼憲章

    印旛沼憲章から見た環境環境

    今、印旛沼を取り巻く環境は、人口の急増や生活様式の変化に伴って自然のバランスを崩しつつある。一度破壊された自然を回復することはむずかしい。さらに、私たちは、生活に、工業に、農漁業に、計り知れないほど沼の恩恵を受けながら、ややもすれば印旛沼の存在さえ忘れがちである。印旛沼憲章 フレッシュアイペディアより)

  • 適応

    適応から見た環境環境

    生物学の分野では、適応という概念の発見はある意味で進化論の発見であるといえる。生物が個々の環境に巧く対応できる事と、それらの基本構成が実は共通である事を結びつけたところから進化論は始まる。具体的には、たとえば哺乳類の前足は、外見は異なっても、骨格を見れば基本的に共通の構成を持ち、指先での変化がある場合があるにせよ、基本構成の共通性は確認できる。現在ではこのことを説明する方法として、もとは同じで、使い方によって次第に変わっていったとする説と、神がごく少数の基本構成を巧く利用して様々な形を作ったと考えるキリスト教に沿った説(デザイン論)がある。適応 フレッシュアイペディアより)

  • 環境情報学部

    環境情報学部から見た環境環境

    環境情報学部(かんきょうじょうほうがくぶ)とは、環境と情報の学問の研究・教授を目的とする大学の学部である。環境情報学部 フレッシュアイペディアより)

  • 環境ビジネス

    環境ビジネスから見た環境環境

    環境ビジネス(かんきょうビジネス)とは「環境に良い事」を付加価値とした事業全般を指す。本来は主に脱石油に関わる事業であるが、定義が曖昧なため少しでも環境に良い部分が存在すれば該当し、環境負荷が少ない事業に限定されない。環境ビジネス フレッシュアイペディアより)

  • 富永秀一

    富永秀一から見た環境環境

    富永 秀一(とみなが しゅういち、1967年8月27日 - )は、愛知県在住の環境ジャーナリスト。広島県福山市出身。血液型O型。広島大学附属中学校・高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。富永秀一 フレッシュアイペディアより)

  • イエズス会社会司牧センター

    イエズス会社会司牧センターから見た環境環境

    教会と協同して人権や環境、不公正な開発、格差の問題などについてのセミナーを開催している。イエズス会社会司牧センター フレッシュアイペディアより)

930件中 81 - 90件表示

「環境」のニューストピックワード