69件中 21 - 30件表示
  • 行政改革

    行政改革から見た甘利明甘利明

    甘利明 2008年(平成20年)9月行政改革 フレッシュアイペディアより)

  • 田中和徳

    田中和徳から見た甘利明甘利明

    自由民主党政策グループ・さいこう日本田中和徳 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年衆議院解散

    2009年衆議院解散から見た甘利明甘利明

    9月24日の首班指名で第92代内閣総理大臣に就任した麻生は、当初、前任者の福田の意向を受けて組閣直後に衆議院を解散することを検討し、首班指名の直後に刊行された雑誌『文藝春秋』2008年11月号掲載の手記「強い日本を! 私の国家再建計画」でもその意向を公にしていた。ところが、総裁選で麻生陣営に属していた選挙対策副委員長の菅義偉や、行政改革担当大臣・甘利明らから、解散後に自民党・公明党で過半数を得ても衆議院で法案の再議決が可能な3分の2を失う可能性が極めて高いことなどを理由に解散を先送りし、景気対策で実績を挙げるべきだとの意見が相次ぎ、麻生はこうした進言を受けて解散を2009年の通常国会まで先送りすることを決断する。2009年衆議院解散 フレッシュアイペディアより)

  • 北川正恭

    北川正恭から見た甘利明甘利明

    1983年(昭和58年)の第37回衆議院議員総選挙で自由民主党から出馬し、初当選(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・額賀福志郎・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・野呂昭彦・鈴木宗男・甘利明など)。自民党時代は福田派→安倍派→三塚派に所属していたが、1994年(平成6年)の細川内閣総辞職を機に、鹿野道彦ら自民党議員5名と共に離党して、鹿野を党首とする新党みらいを結党。その後、他の政党会派と合併して、新進党に加わった。北川正恭 フレッシュアイペディアより)

  • グレーゾーン金利

    グレーゾーン金利から見た甘利明甘利明

    同年9月、金融庁がまとめた貸金業規制法改正案が明らかになったが、その内容は「貸金業制度等に関する懇談会」の答申にほど遠く、特例金利の撤廃までの猶予期間を「9年間」とし、その間は現行のグレーゾーン金利をほぼそのまま維持するという内容だった。その背景には、自民党・金融サービス制度を検討する会(甘利明代表)所属議員を中心とする族議員の圧力が存在するといわれ、同会顧問を務める保岡興治・元法務大臣は9月8日のTBS「みのもんたの朝ズバッ!」に出演して特例金利の維持を訴えた。また、同会事務局長を務める西川公也・元郵政民営化担当副大臣は民営化後の郵貯資金を貸金業界に流すべきだと主張した。こうした動きに対し、後藤田正純・内閣府金融担当政務官が金融庁案は貸金業界への妥協の産物であると反発し、政務官を辞任した。グレーゾーン金利 フレッシュアイペディアより)

  • 尾身幸次

    尾身幸次から見た甘利明甘利明

    83年衆院選当選同期には田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・額賀福志郎・衛藤征士郎・田中秀征・北川正恭・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・野呂昭彦・鈴木宗男・甘利明などがいる。尾身幸次 フレッシュアイペディアより)

  • 田中秀征

    田中秀征から見た甘利明甘利明

    1983年の第37回衆議院議員総選挙では、自民党のベテラン・小坂善太郎(小坂憲次の父)を破り、最初の立候補から11年目にして当選を果たした(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・額賀福志郎・野呂田芳成・衛藤征士郎・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・鈴木宗男・甘利明など)。当選後自由民主党に入党し、鈴木→宮澤派に所属。派内では同じ東大卒の宮澤喜一から厚い信任を得ていたが、リクルート事件で政治改革が叫ばれるようになると元滋賀県知事の武村正義らと共にユートピア政治研究会を結成する。田中秀征 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県中越沖地震

    新潟県中越沖地震から見た甘利明甘利明

    19時22分 - 首相、自衛隊のヘリで同広場を発つ。甘利明経済産業大臣、溝手災害担当大臣同行新潟県中越沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 大野功統

    大野功統から見た甘利明甘利明

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では、自民党に全国的に猛烈な逆風が吹き荒れる中、香川3区で8回目の当選を果たした。2011年6月、同じ近未来政治研究会(山崎派)に所属する甘利明元経済産業大臣が立ち上げた政策グループ「さいこう日本」に参加。2012年8月、次期衆議院議員総選挙に出馬せず、政界を引退する意向を表明した。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、香川3区からは大野の政策秘書である長男・敬太郎が自民党公認で出馬し、初当選を果たした。大野功統 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田幹雄

    藤田幹雄から見た甘利明甘利明

    同年に行われた総選挙で初当選を果たした議員による83会の一員であるが、義理の叔父である武部勤(藤田の妹が武部の長男・武部新に嫁いでいる)が設立したグループ・新しい風にも属しており、人脈的には武部の所属派閥であり藤田と同様、慶應義塾大学からソニーに就職した甘利明も所属している山崎派に近いと見られている。藤田幹雄 フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示

「甘利明」のニューストピックワード