103件中 41 - 50件表示
  • 田中直紀

    田中直紀から見た甘利明甘利明

    1983年、菅波茂の地盤を引き継ぎ、第37回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で父・鈴木直人と同じ旧福島3区から出馬し、初当選(当選同期に熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・額賀福志郎・衛藤征士郎・金子原二郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・大島理森・野呂昭彦・中川昭一・鈴木宗男・甘利明など)。田中直紀 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利正

    甘利正から見た甘利明甘利明

    甘利 正(あまり ただし、1916年10月11日 - 1992年10月12日)は、日本の政治家。衆議院議員(2期)、神奈川県議会議員(5期)、同議長を歴任した。甘利明衆議院議員の父。甘利正 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の政治

    2016年の政治から見た甘利明甘利明

    28日 - 週刊誌に建設業者からの金銭授受疑惑を報じられた甘利明経済再生・TPP担当大臣が、金銭授受を認め閣僚を辞任した。後任には元環境大臣の石原伸晃が就任した。2016年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 電源開発

    電源開発から見た甘利明甘利明

    そこでTCIは1月15日、電源開発の株式の保有率を20%まで引き上げるため、外為法による事前届出を行った。しかし関税・外国為替等審議会外国為替等分科会外資特別部会は4月15日、この株式取得は日本の「公の秩序の維持が妨げられるおそれがあるもの」とする意見を出した。この意見を受けて、額賀財務大臣と甘利経済産業大臣は、TCIによる株式の取得の中止の勧告を出すと同時に、「日本政府の対日直接投資促進は不変」という談話を発表し、電源開発もこの勧告と談話を許容する内容のコメントを発表した。電源開発 フレッシュアイペディアより)

  • 町村信孝

    町村信孝から見た甘利明甘利明

    政界入りを父・金五に大反対され、夫人には3回落選するまで付き合ってほしいと懇願する中で1983年(昭和58年)の第37回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選。以降10期連続当選(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・野呂田芳成・額賀福志郎・衛藤征士郎・田中秀征・尾身幸次・北川正恭・伊吹文明・自見庄三郎・中川昭一・大島理森・野呂昭彦・鈴木宗男・甘利明など)。1991年北海道知事選挙では現職横路孝弘の圧倒的な強さの前に鳩山由紀夫・舛添要一と共に当時の選挙区でのライバルで落選中の中曽根派の佐藤静雄を支援したが惨敗。町村信孝 フレッシュアイペディアより)

  • 決算行政監視委員会

    決算行政監視委員会から見た甘利明甘利明

    甘利明、安藤高夫、岩田和親、江崎鐵磨、加藤寛治、木村哲也、国光文乃、左藤章、繁本護、白須賀貴樹、鈴木馨祐、園田博之、武村展英、棚橋泰文、長尾敬、船橋利実、松本文明、三ッ林裕巳、宮澤博行(自由民主党・無所属の会)決算行政監視委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 新谷学

    新谷学から見た甘利明甘利明

    週刊文春編集長として安倍政権に「親」でも「反」でもなく書くべき事は書くで「メディアはファクト(真実)で戦え」と主張している。甘利大臣のスクープも官邸中枢から「TPP調印へ出席させるまで待ってほしい」と言われてたが突っぱねた。そのことについて報じるべきファクトがあるのに「書かない」と言う選択肢は無いと述べている。朝日新聞への寄稿において安倍晋三首相は理念型政治家なのでメディア側の親安倍と反安倍が分かれていて産経の愛読者と朝日の愛読者では互いに見聞きしたい情報で批判し合うだけで建設的な議論が無いと述べている。マスコミはファクトで闘うべきだが朝日新聞は「ファクトより論」の傾向があり、靖国神社や沖縄問題で安倍首相の批判の仕方が旧態依然であり、好きな人は来るが嫌いな人は来ないので安倍首相にも「またか」として聞き流されているとしている。朝日新聞が安倍政権を批判するなら反論出来ないスクープを出すべきで、それが朝日新聞が特報した森友学園問題だったと評価している。新谷学 フレッシュアイペディアより)

  • 経済新人会

    経済新人会から見た甘利明甘利明

    2013年 - 甘利明(自由民主党 経済再生担当大臣)『2020年までの日本経済』〜アベノミクスの未来〜経済新人会 フレッシュアイペディアより)

  • 大野功統

    大野功統から見た甘利明甘利明

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では、自民党に全国的に猛烈な逆風が吹き荒れる中、香川3区で8回目の当選。2011年6月、同じ近未来政治研究会(山崎派)に所属する甘利明元経済産業大臣が立ち上げた政策グループ「さいこう日本」に参加。2012年8月、次期衆議院議員総選挙に出馬せず、政界を引退する意向を表明した。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、香川3区からは大野の政策秘書である長男・敬太郎が自民党公認で出馬し、初当選した。大野功統 フレッシュアイペディアより)

  • 立川キウイ

    立川キウイから見た甘利明甘利明

    2009年3月23日付の産経新聞の紙上の署名記事にて、ある大臣が挨拶で使ったギャグを安易に流用する姿勢について、「さらに面白くして使うなら許せるが、政治家のほうが面白かったら仕方がないじゃないか、という言葉がノド元まで出かかった」と批判される。キウイは公式ブログにてある大臣が甘利明であることを明らかにした上で、反論を掲載している。立川キウイ フレッシュアイペディアより)

103件中 41 - 50件表示

「甘利明」のニューストピックワード