103件中 81 - 90件表示
  • 次の内閣

    次の内閣から見た甘利明甘利明

    『次の閣僚』は、民主党が単独で政権交代を実現した場合にそのまま内閣を構成する閣僚名簿になるか明確にされてこなかった。2009年8月の総選挙で民主党が大勝したが、翌月の鳩山由紀夫内閣発足時に当時の『次の内閣』のメンバーで入閣したのは、20人中6人だけであった。この点は自由民主党シャドウ・キャビネットにおいても同様で、実際の第2次安倍内閣で入閣したのは、「安倍晋三シャドウ・キャビネット」の17人のうち甘利明と稲田朋美と新藤義孝の3人のみで、いずれも担当職が異なった。次の内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅雪子

    三宅雪子から見た甘利明甘利明

    5月12日、衆議院内閣委員会において採決が行われようとする中、与野党議員のもみあいとなり、委員長席付近で転倒した。この件について、民主党は甘利明に突き飛ばされたことが原因であるとして、甘利に謝罪を求めた。しかし馳浩によって三宅が「自分で転んだ」と国会のエレベーター内で発言していたことが伝えられ、またその場に居合わせた日本共産党の宮本岳志も馳の言っていることはほぼ事実だと追認したが、三宅は馳の勘違いだろうと主張した。三宅雪子 フレッシュアイペディアより)

  • 第190回国会

    第190回国会から見た甘利明甘利明

    建設業者からの金銭授受疑惑が報じられていた甘利経済再生・TPP担当大臣が辞任。第190回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野内閣

    宇野内閣から見た甘利明甘利明

    通商産業政務次官 - 出口広光(留任)・甘利明宇野内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 林幹雄

    林幹雄から見た甘利明甘利明

    2011年、同じ近未来政治研究会に所属していた甘利明が立ち上げたさいこう日本に参加。2012年の第46回衆議院議員総選挙では千葉10区で民主党の谷田川を破り、7選。選挙後、結成以来所属していた近未来政治研究会での石原伸晃の会長就任を受けて退会し、志帥会へ移籍。二階俊博会長の下で、志帥会副会長を務める。2013年1月、自民党治安・テロ対策調査会長に就任。林幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊文春

    週刊文春から見た甘利明甘利明

    2016年1月21日号では、経済再生担当大臣甘利明サイドが、2013年(平成25年)から2015年(平成27年)にかけて、独立行政法人都市再生機構の入札に関わる千葉県白井市の建設会社Sから、口利きの見返りとして、現金などを受け取っていたとする記事を報じた。甘利明は疑惑の責任を取り、経済再生担当大臣を辞任した。更に辞任会見翌日から「睡眠障害」を理由に第190回国会を欠席した。週刊文春 フレッシュアイペディアより)

  • 田中秀征

    田中秀征から見た甘利明甘利明

    1983年の第37回衆議院議員総選挙では自民党の公認を受け、旧長野1区でトップ当選を果たした(当選同期に田中直紀・熊谷弘・二階俊博・額賀福志郎・野呂田芳成・衛藤征士郎・金子原二郎・尾身幸次・北川正恭・町村信孝・伊吹文明・自見庄三郎・大島理森・野呂昭彦・中川昭一・鈴木宗男・甘利明らがいる)。なお、この選挙において自民党は旧長野1区の3議席の独占を目論み、ベテランの小坂善太郎に加え新人の若林正俊、田中の3候補を擁立したが、新人の田中、若林がそれぞれ得票数1位、2位で当選した一方で最も得票数の少なかったベテランの小坂が日本社会党の清水勇の後塵を拝し、得票数4位で落選した。当選後、宏池会に入会、宮沢喜一に師事し、宮沢が執筆した「国連常設軍の創設と全面軍縮」の論文を手伝うなど側近としてて行動する。1986年の第38回衆議院議員総選挙では、前回2位の若林がトップ当選し、約1千票差で社会党の清水が続いたが、3位に捲土重来を期した小坂善太郎が滑り込み、小坂の得票を約2千票下回った田中が落選した。田中秀征 フレッシュアイペディアより)

  • 枝野幸男

    枝野幸男から見た甘利明甘利明

    グレーゾーン金利を復活させようとする甘利明、西川公也ら金融サービス制度を検討する会の動きを警戒し、超党派の議員連盟を結成して後藤田正純と共同代表を務めている。枝野幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島勲

    飯島勲から見た甘利明甘利明

    第二次訪朝の際には、裏の交渉ルートである朝鮮総連・許宗萬(許は北朝鮮の最高人民会議代議員というもう一つの肩書きも有する)とのパイプを重視する飯島と、正規の外交ルートである田中均を中心とした日朝両外務省を重視する福田との間で対立が再燃。小泉が飯島の主張を重視したことにより、福田は官房長官を辞任した。一方で、この訪朝劇は自民党幹事長だった安倍との間でも軋轢を生む結果になり、小泉と安倍の関係が一時険悪化する(同年末頃には修復)。訪朝後、小泉は甘利明副幹事長代読の形で朝鮮総連に祝電を送っている。なお、飯島が内閣官房参与になった2013年に増元照明は飯島の第二次訪朝での態度について、「なぜ、被害者をまだ幽閉し返さない国家の、まだ国家ではなく集団ですね、頭目となぜ笑いながら握手できるのか」と批判し、「官邸の体制を締めるという意味ではあの方は適任なのかもしれませんが、朝鮮半島問題には関与していただきたくないというのが正直な気持です」と述べた。飯島勲 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生包囲網

    麻生包囲網から見た甘利明甘利明

    甘利明(8)、石原伸晃(6)、原田義昭(5)、武田良太(2)、山際大志郎(2)、亀井善太郎(1)麻生包囲網 フレッシュアイペディアより)

103件中 81 - 90件表示

「甘利明」のニューストピックワード