131件中 61 - 70件表示
  • 甘利明

    甘利明から見た福田康夫内閣

    自由民主党政務調査会長(第54代)、労働大臣(第67代)、経済産業大臣(第7・8代)、内閣府特命担当大臣(規制改革)等を歴任した。甘利明 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利明

    甘利明から見た重複立候補

    1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制の導入に伴い神奈川県第13区から自民党公認で出馬。選挙区では新進党新人の冨沢篤紘に1,751票の僅差で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活した。1998年、小渕内閣で労働大臣に任命され、初入閣を果たした。同年、それまで所属していた旧渡辺派を退会し、近未来政治研究会の結成に参加。以後は同派閥の領袖である山崎拓への忠誠心を示した。甘利明 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利明

    甘利明から見た経済産業大臣

    自由民主党政務調査会長(第54代)、労働大臣(第67代)、経済産業大臣(第7・8代)、内閣府特命担当大臣(規制改革)等を歴任した。甘利明 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利明

    甘利明から見た内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)

    甘利 明(あまり あきら、1949年8月27日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(10期)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、さいこう日本代表甘利明 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利明

    甘利明から見た国務大臣

    2008年の自由民主党総裁選挙では、自由民主党幹事長であった麻生を支持し、麻生の推薦人に名を連ねる(麻生は与謝野馨ら4候補を破り、当選)。同年9月に発足した麻生内閣で内閣府特命担当大臣(規制改革)に任命され、また行政改革、公務員制度改革を担当する国務大臣も兼務した。在任中、麻生内閣が推進する公務員制度改革に対し、谷公士人事院総裁(当時)から強い反発を受け、2009年1月30日には、麻生首相が本部長を務める国家公務員制度改革推進本部の第3回目の会合が予定されていたが、流会。同日の記者会見において、甘利は流会の理由を、谷人事院総裁が欠席したためと説明。同年2月の山崎派総会においてこの一連の騒動に言及し、谷について「内閣に指名された役人が、テレビで政権交代にまで言及した。極めて傲岸不遜で信じられない」と強い不快感を示した。同年の第45回衆議院議員総選挙では、神奈川13区で民主党公認の橘秀徳に1,960票の僅差で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで9回目の当選を果たした。甘利明 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利明

    甘利明から見た内閣官房長官

    2006年の自由民主党総裁選挙では、出馬に意欲を示していた山崎派会長の山崎拓の出馬に一貫して反対。安倍晋三内閣官房長官への支持をいち早く表明し、安倍の選挙対策本部の事務局長を務める(安倍は麻生太郎外務大臣、谷垣禎一財務大臣を破り当選)。同年9月、第1次安倍内閣で経済産業大臣に任命され、2度目の入閣を果たした。組閣後の記者会見において、ロシア連邦が先月8月30日に石油・天然ガス開発計画である 「サハリン2」の一部事業の中止を命じたことについて「日本側に過剰反応の面がある。ロシア側が指摘する環境破壊にどう対処するのか精査してから、反論を組み立てるべきだ」と冷静に対応する姿勢を示した。また、日本と中華人民共和国が対立している東シナ海のガス田開発の件に関しては「日本と中国は共同で(開発に)取り組む方向で一致しており、粛々と取り組みたい」と発言した。甘利明 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利明

    甘利明から見た神奈川県

    神奈川県厚木市生まれ。神奈川県立厚木高等学校、慶應義塾大学法学部卒業。1972年、ソニーに入社したが1974年に退社し、父・甘利正の秘書に転じる。当時、正は神奈川県議会議員を辞職して1972年の第33回衆議院議員総選挙に無所属で出馬するも落選し、浪人中であった。1976年、正は新自由クラブ結党に参加し、第34回衆議院議員総選挙で初当選を果たした。甘利明 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利明

    甘利明から見た人事院総裁

    2008年の自由民主党総裁選挙では、自由民主党幹事長であった麻生を支持し、麻生の推薦人に名を連ねる(麻生は与謝野馨ら4候補を破り、当選)。同年9月に発足した麻生内閣で内閣府特命担当大臣(規制改革)に任命され、また行政改革、公務員制度改革を担当する国務大臣も兼務した。在任中、麻生内閣が推進する公務員制度改革に対し、谷公士人事院総裁(当時)から強い反発を受け、2009年1月30日には、麻生首相が本部長を務める国家公務員制度改革推進本部の第3回目の会合が予定されていたが、流会。同日の記者会見において、甘利は流会の理由を、谷人事院総裁が欠席したためと説明。同年2月の山崎派総会においてこの一連の騒動に言及し、谷について「内閣に指名された役人が、テレビで政権交代にまで言及した。極めて傲岸不遜で信じられない」と強い不快感を示した。同年の第45回衆議院議員総選挙では、神奈川13区で民主党公認の橘秀徳に1,960票の僅差で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで9回目の当選を果たした。甘利明 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利明

    甘利明から見た神奈川県立厚木高等学校

    神奈川県厚木市生まれ。神奈川県立厚木高等学校、慶應義塾大学法学部卒業。1972年、ソニーに入社したが1974年に退社し、父・甘利正の秘書に転じる。当時、正は神奈川県議会議員を辞職して1972年の第33回衆議院議員総選挙に無所属で出馬するも落選し、浪人中であった。1976年、正は新自由クラブ結党に参加し、第34回衆議院議員総選挙で初当選を果たした。甘利明 フレッシュアイペディアより)

  • 甘利明

    甘利明から見た中華人民共和国

    2006年の自由民主党総裁選挙では、出馬に意欲を示していた山崎派会長の山崎拓の出馬に一貫して反対。安倍晋三内閣官房長官への支持をいち早く表明し、安倍の選挙対策本部の事務局長を務める(安倍は麻生太郎外務大臣、谷垣禎一財務大臣を破り当選)。同年9月、第1次安倍内閣で経済産業大臣に任命され、2度目の入閣を果たした。組閣後の記者会見において、ロシア連邦が先月8月30日に石油・天然ガス開発計画である 「サハリン2」の一部事業の中止を命じたことについて「日本側に過剰反応の面がある。ロシア側が指摘する環境破壊にどう対処するのか精査してから、反論を組み立てるべきだ」と冷静に対応する姿勢を示した。また、日本と中華人民共和国が対立している東シナ海のガス田開発の件に関しては「日本と中国は共同で(開発に)取り組む方向で一致しており、粛々と取り組みたい」と発言した。甘利明 フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示

「甘利明」のニューストピックワード