1126件中 91 - 100件表示
  • ジヒュメ

    ジヒュメから見た生命体生物

    ジヒュメ()は、クトゥルフ神話において、旧支配者の一体イホウンデーの親とされる架空の生命体。クラーク・アシュトン・スミスが、1934年9月10日付でロバート・バーロウに宛てた書簡の中で、イホウンデーの生みの親とした生物。スミスの『七つの呪い』に登場したヒューペルボリアの地下世界に棲息する動物たちの両性具有のアルケタイプの一体。幾分楕円形で朧な大鹿の姿をしている。ジヒュメ フレッシュアイペディアより)

  • 松岡恕庵

    松岡恕庵から見た動植物生物

    恕庵は寛文8年(1668年)京都に生まれた。18歳の時、浅井周伯の私塾・養志堂に入り東洋医学を学びながら、儒学を山崎闇斎、伊藤仁斎に学んだ。しかし中国の詩編「詩経」に出てくる動植物の名の理解に苦しみ本草学者稲生若水の門に入り本草学を学んだ。この時から本草学に傾倒していき、のちに自身も本草学を講じるようになった。松岡恕庵 フレッシュアイペディアより)

  • 洞穴生物

    洞穴生物から見た生物生物

    洞穴生物(どうけつせいぶつ)とは、洞穴に生息する生物、主に動物のことである。さまざまな特殊な生物が知られている。洞穴への依存の程度は生物によって異なり、地上の暗いところに生育するものとさほど変わらないものもあれば、洞窟内でしか見られないような特殊なものもある。地下水に生きる生物との関連も考えられる。洞穴生物 フレッシュアイペディアより)

  • 理科I

    理科Iから見た生物生物

    理科I (りかいち)は、1982年から施行された学習指導要領において、物理・化学・生物・地学の4領域の総合基礎科目として設置された高等学校理科の科目である。標準単位数は4単位。理科I フレッシュアイペディアより)

  • 皮

    から見た生物生物

    皮(かわ)は生物の表面部分を覆っている組織である。外部の環境から内部を保護する役割を立たす。 フレッシュアイペディアより)

  • 随意運動

    随意運動から見た生物生物

    随意運動(voluntary movement、ずいいうんどう)とは、生物の行う運動の中でも、自己の意思あるいは意図に基づく運動のことをいう。自己の意思によらない、あるいは無関係な運動は不随意運動あるいは反射運動と呼ばれる。随意運動 フレッシュアイペディアより)

  • 生殖

    生殖から見た生物生物

    生殖(せいしょく、)とは、生物が自らと同じ種に属する個体をつくることを言う。作り出した生物は親、作られた個体は子という関係となり、この単位は世代という種の継続状態を形成する。生殖には、大きく分けて無性生殖 (Asexual reproduction) と有性生殖 (Sexual reproduction) がある。生殖 フレッシュアイペディアより)

  • エクソン

    エクソンから見た生物生物

    エクソンの組み合わせの変化によって新たな遺伝子が作られることが、生物の進化に重要な役割を担っているという学説があり「エクソンシャッフリング仮説」と呼ばれる。これはタンパク質の機能単位である「モジュール」がエクソンと対応していることが多いことを根拠としている。エクソン フレッシュアイペディアより)

  • ヤブワラビー属

    ヤブワラビー属から見た生物生物

    ヤブワラビー属(ヤブワラビーぞく、)は、哺乳綱有袋目カンガルー科の生物分類階層のひとつ。ヤブワラビー属 フレッシュアイペディアより)

  • ローリングサークル

    ローリングサークルから見た生物生物

    ローリングサークルとは通常の転写とは異なる様式でRNAを合成する反応のこと。この転写様式はウイロイドなどで確認されている。通常の生物の転写は、DNAを鋳型として、RNAを合成する。このとき、一般的にプロモーター領域といわれる特殊な塩基配列が存在している。ローリングサークル フレッシュアイペディアより)

1126件中 91 - 100件表示