1126件中 21 - 30件表示
  • 移動

    移動から見た生物生物

    生物の移動は、渡り鳥のような回期移動と過密した集団の緩和のための移動があり、更にその中には気流や水流に乗っての消極的なものと、運動器官を用いての移動運動がある。また後者についてはさらに栄養を使い尽くしてしまい、新たな栄養を求めて位置を変えざるをえないという本性にかかわっている移動と行動圏自体の位置が変わるために起こる移動の2つの移動がある。また、行動圏自体の位置が変わるために起こる移動にはまた2種類に分類され、一生のある時期に定住地を変える移動であり、もう1つは新生個体の出生地から定住地までの分散と呼ばれる移動である。移動 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥山英雄

    鳥山英雄から見た生物生物

    鳥山英雄(とりやま ひでお、1924年6月 - )は日本の物理学者、理学博士、植物生理学、生体電位と地震前兆学の国際権威学者。日本現役活動している最長老の生物生理学者の一人、生物理学評論家、東京女子大学名誉教授。鳥山英雄 フレッシュアイペディアより)

  • ミズカビ

    ミズカビから見た生物生物

    ミズカビとは、水中生活をするカビ的な生物である卵菌類のミズカビ属 (Saprolegnia) の生物、あるいはそれに似た姿を持つものをまとめてこう呼ぶ。しかし、水中性のカビ状の生物、という把握もあり得るので、まずこの区別から始める。その後に卵菌類のミズカビ科のものについて説明する。ミズカビ フレッシュアイペディアより)

  • パンドラウイルス属

    パンドラウイルス属から見た生物生物

    パンドラウイルス属 (Pandoravirus) とは、ウイルスの1属である。単にパンドラウイルスとも呼ばれる。2013年時点で2種が発見されているが、いずれもカプシド径が長さ1μm、幅0.5μm、ゲノムが約200万塩基対と、共に既知のウイルスの中で最大である。(一般的なウイルスは0.05μmから0.1μm程度である。)そのため、新しいドメインを構成する生物ではないかとする説もある。パンドラウイルス属 フレッシュアイペディアより)

  • 自己組織化

    自己組織化から見た生物生物

    自己組織化は、幾何学的な形状を持つ雪の結晶の成長や、孔雀の羽に浮かび上がるフォトニック結晶構造に由来する模様や、シマウマのゼブラ模様、心臓の鼓動など、様々な自然現象の中にも見出すことができる。生物の細胞がDNAを設計図として機能を持った組織を作り出す現象も、極めて高度な自己組織化の結果と考えられている。自己組織化 フレッシュアイペディアより)

  • 越冬

    越冬から見た生物生物

    越冬(えっとう)とは、季節の変化がある地域において、生物が気温の低下する冬を乗り切ることである。越冬 フレッシュアイペディアより)

  • 転写 (生物学)

    転写 (生物学)から見た生物生物

    転写は膨大な種類のタンパク質とRNAを必要な時期に必要な量を正確に合成するための重要な代謝過程である。この重要で難解な作業を成功させるために、生物は遺伝子を活用する。遺伝子は安定なDNAの塩基配列で記録され、生物はそれと同じ配列のRNAを合成することができる。これが転写であり、例えばtRNAなどが転写される。また遺伝子(とそれを写し取ったRNA)の中には特定のタンパク質に対応するものもある。遺伝情報に基づいてタンパク質を作ることを、その遺伝子を発現 expression するというが、その前段階として特に転写は重要である。転写 (生物学) フレッシュアイペディアより)

  • 安生健

    安生健から見た生物生物

    1992年:巣鴨中学校・高等学校専任教諭(生物/地学)。安生健 フレッシュアイペディアより)

  • 滝野すずらん丘陵公園

    滝野すずらん丘陵公園から見た生物生物

    豊かな森の中では多くの山野草や生物を観察したり、開拓の歴史の跡を見ながらトレッキングを楽しむことができる。未舗装園路、急な坂道や階段がある。冬季閉鎖。滝野すずらん丘陵公園 フレッシュアイペディアより)

  • 土壌

    土壌から見た生物生物

    土壌(どじょう)とは、地球上の陸地の表面を覆っている生物活動の影響を受けた物質層のことである。一般には土(つち)とも呼ばれる。土壌 フレッシュアイペディアより)

1126件中 21 - 30件表示

「生きもの」のニューストピックワード