1126件中 31 - 40件表示
  • 温室効果

    温室効果から見た生物生物

    温室効果ガスは、単体で増加するのみではなく、他の温室効果ガスの増減を誘発すると考えられている。例えば、温室効果ガスのどれかが増加して気温が上昇すれば、腐敗の促進や海水温上昇に伴うメタンハイドレート融解によってメタンが増加、蒸発促進によって水蒸気が増加、生物活動が活発化して呼吸により排出される二酸化炭素が増加するといった効果をもたらす。しかし、この場合、同じ気温上昇に伴い、植物の活動が活発化することによってメタンや二酸化炭素(炭素)の固定が促進されたり、対流の活発化によって水蒸気の働きで熱が潜熱という形に保存するのが促進されるなど、増加を抑える現象も発生する。これらフィードバック機構がうまく働くことで、地球は過度の温暖化や寒冷化から守られているといえる。しかし、フィードバック機構がいつどのようにどの程度働くかということは、詳しく分かっていない点が多い。温室効果 フレッシュアイペディアより)

  • 免疫系

    免疫系から見た生物生物

    補体系をもつ種は数多く、哺乳類に限らず、植物、魚類、無脊椎動物の一部など、ある程度原始的な生物でも持ち合わせている。免疫系 フレッシュアイペディアより)

  • モデル生物

    モデル生物から見た生物生物

    モデル生物(モデルせいぶつ)とは生物学、特に分子生物学とその周辺分野において、普遍的な生命現象の研究に用いられる生物のこと。モデル生物 フレッシュアイペディアより)

  • 分類

    分類から見た生物生物

    他方で、地球上のあらゆる生物は、たったひとつの共通の祖先(原始生命体)から進化してきたと考えられていることから、DNAの変化を基本とする系統関係に基づく正しい分類のあり方が存在するものとみなされており、これが分類学と呼ばれる学問分野の現在の存立基盤となっている。分類 フレッシュアイペディアより)

  • パラサイト・イヴ

    パラサイト・イヴから見た生物生物

    生物の進化について学校では、チャールズ・ダーウィンの自然選択説 (自然淘汰説。適者生存説。survival of the fittest)が主に教えられるが、現代のネオダーウィニズムでは、自然選択説と並立して、木村資生が唱えた「生物の生存にとって有利でも不利でもない中立的な突然変異が偶然的に集団に広まり固定化する」という分子進化の中立説(survival of the luckiest)も基本理論の1つになっている。パラサイト・イヴ フレッシュアイペディアより)

  • 退化

    退化から見た生物生物

    退化(たいか)とは、生物の個体発生もしくは系統発生の過程において、特定の器官、組織、細胞、あるいは個体全体が次第に縮小、単純化、時には消失することである。一般語としての退化は進化の対義語と位置づけられ得るが、生物学において退化は進化の一側面であり、対義語ではない。退化 フレッシュアイペディアより)

  • 化学的防除

    化学的防除から見た生物生物

    化学的防除(かがくてきぼうじょ)は、生物の害を防ぐため、化学薬剤を使用して防除を行うことである。殺虫剤・殺鼠剤などの駆除剤、忌避剤、誘引剤を組み合わせて使用する。化学的防除 フレッシュアイペディアより)

  • 食物連鎖

    食物連鎖から見た生物生物

    食物連鎖(しょくもつれんさ、)とは、生物群集内での生物の捕食(食べる)・被食(食べられる)という点に着目し、それぞれの生物群集における生物種間の関係を表す概念である。食物連鎖 フレッシュアイペディアより)

  • はてなをさがそう

    はてなをさがそうから見た生物生物

    4年生の例としては、化学分野「水溶液」の溶解実験や地学分野の天文学単元「太陽と月」の観察などが5年生に移行された。水溶液の溶質を扱わなくなった関係で長らく計量に用いられてきた上皿天秤の操作も返上されている。植物の成長観察も長らく親しまれたジャガイモを中心とする栄養生殖植物のくくりがなくなり、3年生でよく採用されていたヘチマなど種子生殖の植物も許容されるようになった。この措置は植物から澱粉の析出観察を困難にしたことから、顕微鏡の操作技能を5年生に先送りする結果となっている。逆に、6年生の単元であった物理分野の「温度と物体の体積・質量」の関係が4年生に降りてきて、指導要領には明示されていないが、アルコールランプの操作技能は4年生に据え置かれた。また、3年生が中心に観察してきた生物分野の日間・年間の生態が4年生に上がり、対象も哺乳類・鳥類・ヒトに拡大された。また、新たに電源装置の一つに光電池が採用された。さらに、6年生で一括していた生物分野の人体単元が全学年に分散配置されることとなり、4年生では循環器と恒常性を分担することになった。はてなをさがそう フレッシュアイペディアより)

  • 野口博司

    野口博司から見た生物生物

    野口 博司(のぐち ひろし)は、日本の薬学者(生薬学・生物分子科学)。学位は薬学博士(東京大学・1981年)。野口博司 フレッシュアイペディアより)

1126件中 31 - 40件表示