980件中 51 - 60件表示
  • 毒

    から見た生物生物

    毒(どく)、毒物(どくぶつ)は、生物の生命活動にとって不都合を起こす物質の総称である。 フレッシュアイペディアより)

  • 微生物

    微生物から見た生物生物

    微生物(びせいぶつ)とは、肉眼でその存在が判別できず、顕微鏡などによって観察できる程度以下の大きさの生物を指す。微生物を研究する学問分野を微生物学と言う。微生物 フレッシュアイペディアより)

  • 熱帯雨林

    熱帯雨林から見た生物生物

    地域としては東南アジア、中部アフリカ、中南米などに見られる。特徴としては生息する生物の多さ、種の多様さ(生物多様性)が挙げられ、複雑な生態系を形成している。全世界の生物種の半数以上が熱帯雨林に生息しているとも言われる。また、大気中に含まれる酸素の40%は熱帯雨林によって供給されたものと見られている。熱帯雨林 フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果

    温室効果から見た生物生物

    温室効果ガスは、単体で増加するのみではなく、他の温室効果ガスの増減を誘発すると考えられている。例えば、温室効果ガスのどれかが増加して気温が上昇すれば、腐敗の促進や海水温上昇に伴うメタンハイドレート融解によってメタンが増加、蒸発促進によって水蒸気が増加、生物活動が活発化して呼吸により排出される二酸化炭素が増加するといった効果をもたらす。しかし、この場合、同じ気温上昇に伴い、植物の活動が活発化することによってメタンや二酸化炭素(炭素)の固定が促進されたり、対流の活発化によって水蒸気の働きで熱が潜熱という形に保存するのが促進されるなど、増加を抑える現象も発生する。これらフィードバック機構がうまく働くことで、地球は過度の温暖化や寒冷化から守られているといえる。しかし、フィードバック機構がいつどのようにどの程度働くかということは、詳しく分かっていない点が多い。温室効果 フレッシュアイペディアより)

  • ネオダーウィニズム

    ネオダーウィニズムから見た生物生物

    ダーウィニズムは生物の形質の違い(変異)が生存・繁殖上の有利と不利を生みだし、自然選択が加わった結果、進化を引き起こすと説明していた。チャールズ・ダーウィンは『種の起源』でこの概念を科学界に受け入れさせたが、その最大の弱点は「変異はどこから来るか」を十分に説明していないことであった。彼はそれ以前の科学者たちと同じように、発生と進化を区別しておらず、発生過程の刺激や食物によって変異が生み出されるのではないかと考えたが、変異が存在しそれが非融合的に遺伝することを確認しただけで、深く追求しなかった。そのためダーウィンの没後、ラマルク説、定向進化説、跳躍説などが代替理論として提案された。自然選択だけで種分化が説明できるかどうかの議論の一環として提案されたアルフレッド・ウォレスとアウグスト・ヴァイスマンの新たなバージョンの進化論(ダーウィンの見解から、ラマルク的進化を認めていたパンゲン説を取り除いたもの)を、ダーウィンの教え子でもあったジョージ・ロマネスはネオ・ダーウィニズムと名付けた。ネオダーウィニズム フレッシュアイペディアより)

  • 生物圏

    生物圏から見た生物生物

    生物圏(せいぶつけん、)とは生物が存在する領域のこと。一般的には、生物が存在するその領域全体および含まれる構成要素(生物・非生物)の相互作用の総体を指す。より狭義の意味に用いて、その空間に含まれる生物(生物相・生物量・生物群集)のみを指すこともある。生物圏 フレッシュアイペディアより)

  • 地球

    地球から見た生物生物

    地球(ちきゅう)とは、我々人類が住んでいる天体のことである。太陽系にある惑星の1つ。太陽から3番目に近く、惑星表面に液体の水を大量に湛え、多様な生物が生存することを特徴とする星である。ラテン語ではTerra テラと呼ぶ。地球 フレッシュアイペディアより)

  • 自然科学

    自然科学から見た生物生物

    自然科学と言う時の「自然」とは、基本的には人為的ではないもののことである。大きくは宇宙から小さくは素粒子の世界まで含まれ、生物やその生息環境も対象となっており、そこには生物としてのヒトも含んでいる。だが人間が作り出した文化や社会(芸術、文学、法律、規範、倫理 等々)に関しては自然科学は基本的に扱っておらず、それらの領域は主に人文科学・社会科学のほうが扱っている。自然科学 フレッシュアイペディアより)

  • 土壌

    土壌から見た生物生物

    土壌(どじょう、)とは、地球上の陸地の表面を覆っている生物活動の影響を受けた物質層のことである。通俗的には土(つち)とも呼ばれる。土壌 フレッシュアイペディアより)

  • 越冬

    越冬から見た生物生物

    越冬(えっとう)とは、季節の変化がある地域において、生物が気温の低下する冬を乗り切ることである。越冬 フレッシュアイペディアより)

980件中 51 - 60件表示

「生きもの」のニューストピックワード