1126件中 51 - 60件表示
  • 生命

    生命から見た生物生物

    生命とは、文脈によってさまざまな定義がある語であるが、基本的には「生きているもの」と「死んでいるもの」、あるいは物質と生物を区別する特徴・属性などを指す語、あるいは抽象概念である。伝統的に、「生き物が生きた状態」そのものを生命と呼んだり、生きた状態は目に見えない何かが宿っている状態であるとして、その宿っているものを「生命」「命」「魂」などと呼んでおり、現在でも広く日常的にそのような用法で使われている。現代の生物学では、代謝に代表される、自己の維持、増殖、自己と外界との隔離など、さまざまな現象の連続性をもって「生命」とする場合が多い。生命 フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス

    ウイルスから見た生物生物

    ウイルス()は、他の生物の細胞を利用して、自己を複製させることのできる微小な構造体で、タンパク質の殻とその内部に入っている核酸からなる。生命の最小単位である細胞をもたないので、非生物とされることもある。ウイルス フレッシュアイペディアより)

  • 微生物

    微生物から見た生物生物

    微生物(びせいぶつ)とは、肉眼でその存在が判別できず、顕微鏡などによって観察できる程度以下の大きさの生物を指す。微生物を研究する学問分野を微生物学と言う。微生物 フレッシュアイペディアより)

  • 生物学

    生物学から見た生物生物

    日本の『生化学辞典』によると、生物学は生物やその存在様式を研究対象としている、ということになっており、生物学 フレッシュアイペディアより)

  • 地球化学

    地球化学から見た生物生物

    地球上の化学過程における生物の役割を研究する分野。地球化学 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た生物生物

    タンパク質(タンパクしつ、蛋白質、 、 )とは、20種類存在するL-アミノ酸が鎖状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • 必須脂肪酸

    必須脂肪酸から見た生物生物

    必須脂肪酸(ひっすしぼうさん、essential fatty acid)は、体内で他の脂肪酸から合成できないために摂取する必要がある脂肪酸である。ヒトを含めた後生動物には自身の生理代謝過程に必須であっても、自身では合成できない脂肪酸の分子種がいくつもあることが多い。それらを合成する他の生物を食物として摂取する必要がある。必須脂肪酸 フレッシュアイペディアより)

  • 地球

    地球から見た生物生物

    地球(ちきゅう、、)とは、人類など多くの生命体が生存する天体である。太陽系にある惑星の1つ。太陽から3番目に近く、表面に水、空気中に酸素を大量に蓄え、多様な生物が生存することを特徴とする惑星である。地球 フレッシュアイペディアより)

  • 有機化合物

    有機化合物から見た生物生物

    18世紀には、生物すなわち有機体 (organisms) に由来する化合物には生命力が宿っているため特別な性質を持つとみなされており、イェンス・ベルセリウスは物質を生物から得られるものと鉱物から得られるものとに分け、それぞれ「有機化合物」「無機化合物」と定義した。その後、フリードリヒ・ヴェーラーが無機物から有機物を人工的に作り出すことに成功すると、この定義は意義を失ったが、以降有機化合物を扱う有機化学は飛躍的な発展を遂げることになった。有機化合物 フレッシュアイペディアより)

  • ドメイン (分類学)

    ドメイン (分類学)から見た生物生物

    身体を構成する細胞の中に細胞核と呼ばれる細胞小器官を有する生物である。動物、植物、菌類、原生生物などを含む。ドメイン (分類学) フレッシュアイペディアより)

1126件中 51 - 60件表示

「生きもの」のニューストピックワード